MakeShopの評判・レビュー!メリット・デメリットも解説!

makeshopの評判は? サービス内容から詳しく紹介

「Makeshopってどんなサービス?」「Makeshopって儲かるの?」このような疑問をお持ちではないでしょうか。

ここでは、Makeshopの概要について詳しく解説します。

これからネットショップを始めようと思っている方、儲かる副業を知りたい方には、参考になる記事となっています。

この記事を読んでわかること

  • Makeshopのサービス内容
  • Makeshopのメリット
  • Makeshopのデメリット
  • Makeshop以外の儲け方

結論方言うとMakeshopは気軽に始めることはできますが、月額料金がやや高いので稼げるかどうかはわかりません。

そこで副業で確実に稼ぎたい方におすすめなのがスマホdeマネーです。

スマホdeマネーの作業内容は指示通りにスマホを操作するだけなので誰でも確実に稼ぐことが出来ます。

興味を持った方はまずは無料で会員登録をしてみましょう。

\今話題の副業!/

スマホdeマネーに
今すぐ登録する!

Makeshopとは?

makeshop

Makeshopとは、東証一部上場企業のGMOインターネットのグループ会社であるGMOメイクショップ株式会社が提供するショッピングカートサービスです。

ショッピングカートサービスは、特別な知識がなくても、誰でも簡単にネットショップを作成できるサービスです。

「ネットショップを始めるのにそんなに大変なの?」

って思う方もいると思うのでちょっとネットショップの始め方について解説します。

ネットショップはをいちから始めるには、WEBサイトが必要ですが、WEBサイト作成だけでも下記の手順が必要です。

WEBサイトの作成手順

  1. 企画
  2. デザイン・制作
  3. コーディング

このような手順でWEBサイトを作成していきます。

どのようなコンセプトで始めるのか?といった企画を練ってから作成していかなければなりません。

次にどのようなデザインにするのか?といった細かなサイト設計をしていき、最後にHTMLという言語で作成していきます。

HTMLという言語は、比較的簡単な言語ですが、慣れていない初心者であれば思うようなデザインが作れずに苦労してしまうでしょう。

きっちり取得してから作成を行うのであれば、それ相応の時間も必要になってきます。

そして、WEBサイトの作成を行ってからもさらに決済機能であったり、使いやすい機能を導入していく必要があるでしょう。

このように、ネットショップを作成するとなると、とても面倒だったりします。

しかし、Makeshopのサービスはこの面倒な工程を不要にしてくれるサービスなのです!

WEBサイトの作成も、173種類あるなかから選ぶだけで作成できます!

さらに自分好みに自由にカスタマイズもできるので、テンプレートが気に入らなければ、HTMLをいじって変更したりしてもOKです!

初めから、決済機能もついているので、立ち上げてからすぐに販売することも可能。

自分の商品をネットショップで販売したい!ネットショップを始めたいけど、やり方がわからない!

という方にはおすすめのサービスです。

Makeshopの利用料金

利用料金

Makeshopには利用料金がかかります。

3種類のプランが用意されており、それぞれ月額料金と初期費用がかかります。

 

プラン名 月額 初期費用
ビジネスショッププラン 3000円 10000円
プレミアムショッププラン 10000円(長期7000円) 10000円
Makeshopエンタープライズ 50000円 100000円

表に記載されている料金は、すべて税抜きの料金なのでもう少し高くなります。

プレミアムショッププランの長期契約というのは、60か月契約を結んだ方が対象です。

主なプラン別の違いは、商品の登録数とサポートに差があります。

なので、副業レベルでの利用を考えている方であれば、ビジネスショッププランで十分。

「本気でネットショップをやりたい!」「どんどん規模を大きくしていきたい!」

という方には、月額利用金が高めのプランを選択するとよさそうです。

月額料金がかかるので、敬遠される方も多いかもしれませんが、Makeshopは販売手数料は0円というメリットがあります!

たくさん商品を売れるショップであれば、非常にお得なので利用しやすいサービスといえますね。

Makeshopは、利用料金こそかかりますが、月額だけしかかかりません。

販売手数料によって利益が少なくなることもないので、長くネットショップを経営していきたい方にとってはメリットといえます。

Makeshopの良い評判・口コミ

いい評判

月額料金が高めのMakeshopですが、他のショッピングカートサービスとどのようなメリットがあるのでしょうか。

Makeshopの良い点について解説していきます。

機能面が優れている

Makeshopは、ネットショップを運営するうえでの機能はとても充実しています。

ざっくりあげると、

Makeshopの機能

  • 173種類のWEBサイトデザイン
  • デザインを自由に編集可能
  • スマホ用にデザインを変更可能
  • 独自のURLを取得
  • 自動配信メール
  • ステップメール機能
  • SNS連動
  • 0円決済機能
  • あと〇円で送料無料!機能

といった数多くの機能が備わっています。(まだまだたくさんの機能がある)

このほかにも「人気ランキング機能」といったものまであり、売れている商品を自動でランキングに変換して、表示することができます。

ランキングが表示されていると、サイトを訪れたお客さんの目に触れやすくなるので、さらなる売り上げアップにつながる機能です。

販売側のツールだけでも、これだけの高機能が使用できますが、管理者側でもツールが充実しています。

「副管理者ID機能」を使用すると、5人まで管理者のID権限を与えることが可能になり、複数の人で同じショップを管理できるようになります。

一人で管理しなくてもよくなるので、さらなる売り上げアップにもつながっていきそうな機能ですね。

Makeshopを利用すると、これだけの機能が使用できます。

まだまだ使用できる機能がありますが、ここでは解説しきれませんので、割愛させてくださいね。

サポートが万全

Makeshopのサポートは万全です!

ただし、プレミアムショッププラン以上の加入条件が必要となります。

サポートの種類

  • 電話
  • メール
  • 掲示板

上記の3つのサポートに対応しています。

「どうやって設定するの?」「配送方法は?」

といった本当に基本的な設定でわからなくなっても安心!

電話などですぐにわかりやすくサポートしてくれます。

多くのサービスは、ネットに記載されている説明通りでしかサポートをうけられないものです。

途中でマニュアルがわからない場合でも、手厚くサービスをうけることはできません。

これだけ丁寧なサポートを受けられるのはMakeshopだけといっても過言ではないでしょう。

インターネットに関しては、とくに詳しくなくても安心してネットショップを始められますね。

運営で行き詰まった場合にも、運営のアドバイスや販売を効率化できるサービスの提案までもしてくれます。

そして、Makeshopエンタープライズのプランの場合だと専属の運営コンサルティングサービスも可能となっていきます。

こちらは、運営のプロなので、本当に行き詰った場合に利用するとよさそうです。

このように、Makeshopはとてもサポートがとても充実しています。

Makeshopの悪い評判・口コミ

悪い

メリットをみると完璧!と思えるMakeshopですが、悪い点もあります。

サイトが使いにくい

Makeshopのメリットでもある高機能ですが、あまりに高機能すぎて管理画面で使いにくいというデメリットもあります。

たしかに、どこでこの機能を利用したらいいのか?どうやったら利用できるのかがわかりにくいです。

サポートを受けながら機能を使っていくことになりますが、慣れないうちは面倒で使いにくいと感じてしまうでしょう。

まあ、慣れていけば問題ない点ではありますが、初心者用のネットショップとは違うといえますね。

どちらかというとMakeshopは上級者向けのショッピングカートサービスです。

商品が売れない

これはMakeshopが悪いというよりも、ネットショップは集客が難しくて結果売れなくなる可能性があるということです。

Makeshopでネットショップはすぐにスタートできますが、集客までは完全にサポートしてくれません。

一応、アドバイスは受けれますが、自分で集客の工夫や努力をしていかなければならないです。

集客ができなければ、当然物は売れなくなるので厳しい状況になります。

楽天やyahooショッピングであれば、ショップの存在が知られてなくても、楽天に来たお客さんが偶然立ち寄ってくれる可能性があるので、集客はそこまで頑張らなくても売れる可能性はあります。

しかし、Makeshopは広告なども積極的にだしていかなければ長期間にわたって集客していくのは厳しいといえます。

気軽に始められますが、集客ができなければ、商品が売れなくなってしまう可能性は十分にあります。

このようなデメリットが気になる方はすスマホdeマネーを始めると良いですよ。

Makeshopを使って販売しても儲かるのか

儲かるのか

Makeshopを使って販売する方法は儲かるのでしょうか?

在庫を抱えると苦労する

さきほどの項目で解説したように、集客ができなければ、商品は売れなくなります。

その結果、大量の在庫を抱えてしまうことになります。

在庫を抱えるとどうなるか?

資金効率が悪くなり、新しい商品の仕入れも難しくなります。

また、倉庫を借りて経営している場合は、管理費用のコストも気になってきます。

在庫は少なすぎても、商機を失ってしまいます。

多すぎても当然ダメです。

適正な在庫にするのは、かなり難しいので初心者のうちはかなり苦労するでしょう。

とくに過剰在庫に頭を抱えるはずで、心理的にも不安になってくるものです。

ネットショップは、在庫を抱えるととても苦労するので、副業で行うのであれば厳しいともいえます。

儲けたいなら在庫を抱えない副業がおすすめ

副業で儲けたいのであれば、できるだけ在庫を抱えないビジネスを選ぶのがおすすめです。

在庫を抱えないビジネスであれば、利益率が高く、損失も少ないというメリットがあります。

また、仕入れの資金といった初期費用も少なくすみます。

在庫を管理するスペースもなくてもできるというメリットもあります。

というわけで、副業であれば在庫を抱えなくてすむビジネスがおすすめです。

【厳選】Makeshopで販売するより稼げるアプリ副業5選

おすすめ副業

それでは、Makeshopよりも稼げる可能性がある副業を紹介します!

副業アプリの記事と合わせてご参考ください。

スマホdeマネー

スマホdeマネー

1つ目にご紹介する副業は、株式会社ディールクラッカーが提供する「スマホdeマネー」です。

内容はスマホにアプリをインストールして作業をするだけで収入を得られるビジネスモデルとなっています。

スマホで作業できるので、スキマ時間に作業をすることも可能ですね。

通勤時間や休憩時間、ちょっとした待ち合わせの時間なんかも有効に活用することで、稼ぐこともできます。

「参加資格ってあるの?」

大丈夫です!

参加資格の基準は優しく、

スマホdeマネーの参加資格

  • スマホを持っている
  • 20歳以上
  • LINEアプリをインストールしている

という方であればOKです!

そもそもアプリをインストールして行う作業なので、LINEアプリをインストールできる知識がない方には難しいかもしれません。

気になる参加方法は、公式サイトの「今すぐLINE登録をする」をクリックすることで登録できます。

登録は完全無料なので、まずは公式サイトから登録だけでもしてみましょう!

\今話題の副業!/

スマホdeマネーに
今すぐ登録する!

セレクト

セレクト

株式会社CUBEが提供するセレクト(WORK RELEASE)というビジネスも、スマホdeマネーと同じスマートフォンで行います。

セレクトは、登録してからスマホで作業を行うことで収入を得ます。

スマートフォンで行うビジネスモデルは、在庫を抱える心配がないので安心して作業できる点が魅力ですね。

公式サイトをみると、なんでも月に100万円稼ぐことも可能だとか…。

しかし、稼ぐのはそれなりの労力は必要になるはずなので、はじめは5万円ぐらいを目指してみましょう。

簡単な作業なので、5万円くらいは頑張れば達成できなくないはずです。

ただし、公式サイトをみるとキャンペーン中で「9800円」と記載しています。

キャッシュバックキャンペーンを行っているので、実質0円で参加できそうですが、初期費用が掛かってしまう点はマイナスといえますね。

しかし簡単な作業なのですぐに元が取れます。

興味を持った方は会員登録をして、役立つ情報を入手しましょう。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

金活プロジェクト

金活プロジェクト

株式会社ライブが提供する「金活プロジェクト」がおすすめです!

こちらもスマホを活用して稼げるので、スキマ時間を活用して稼ぐことができるのがメリットです。

具体的な手順は下記の通り。

金活プロジェクトの手順

  1. 特別コードをスマホで受け取る
  2. 特別コードを活用する
  3. 反響を確認する
  4. 反響された情報を確認

これだけの手順で作業を行えば、収入を得ることができます。

詳しい情報を得るには公式サイトの「LINE情報をタダで受け取る」から行わなければなりません。

情報はタダと書いてあるので、気軽に登録してみましょう!

\月300万円も目指せる!/

金活プロジェクトに
今すぐ登録する!

minne

minne

こちらもGMOペパボ株式会社が運営するハンドメイド専門のマーケットです。

自分で作成したものを出品し、気に入ってくれた人が購入することで売り上げとして代金を受け取ることができます。

メルカリといったサービスのハンドメイド版といったところでしょうか。

モノづくりが得意な人であれば、やればやるだけ稼げると思います。

デメリットとしては、販売手数料が約10%かかるという点がネックなことぐらいでしょうか。

自分で作った商品のテストマーケティングにも利用できるので、モノづくりができる人にはおすすめです。

詳しくはminneの記事をご一読ください。

モッピー

特定のアクションを起こすとポイントがもらえて、そのポイントを現金に換えて儲ける、という方法です。

アクション一例として、モッピー経由で楽天で購入した商品の1%分のポイントがもらえる、といったような感じです。

他にも、「資料請求で100ポイント!」だとか、「クレジットカード作成で5000ポイント」といったような案件でポイントをもらえます。

ポイントは現金やギフト券に交換できるので、やればやるほどお金を稼ぐことができます。

デメリットとしては、ポイント還元が少ないという点と、稼げる金額に限度があるという点です。

リスクがなく始めることができるので、確実にお金が欲しい場合には利用してみるといいでしょう。

【まとめ】Makeshopの評判・口コミ

まとめ

Makeshopは、気軽に作成できますが、月額料金が高めなので副業として行うには不向きです。

どちらかというと、大規模のネットショップ向けのサービスといえます。

副業で行うのであれば、在庫を抱えるリスクがない「スマホdeマネー」などがおすすめです。

こちらのビジネスであれば、スマートフォン1台あれば稼げるので、副業にはピッタリといえます。

会員登録は無料なので気になった方はまずは登録してみましょう。

\今話題の副業!/

スマホdeマネーに
今すぐ登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*