ライフワークとは?意味・ライスワークとの違いと見つけ方を解説!

ライフワーク

生き方に関するコラムやエッセイを読んでいると、しばしば「ライフワーク」という言葉が登場します。

また、対義語である「ライスワーク」も多く目にします。

これらの言葉の意味を知らない場合、それぞれの言葉の意味や違いを知りたいと思うでしょう。

また、意味をすでに知っている人は「どうすればライフワークを見つけられるか」などの人生論的な部分に興味があるかと思います。

この記事では、ライフワークの意味やライスワークとの違い、ライフワークの見つけ方などを解説します。

特に「ライフワークを見つけたい」と思っている人には、ヒントにしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • ライフワークとは何か
  • ライフワークとライスワークの違い
  • ライフワークの見つけ方
  • ライフワークを仕事にするメリット・デメリット

記事中でも書いていきますが、お金が発生するお仕事には必ず何らかの意味があります。

その意味が何かを見つけるためにも、実際に「稼げるお仕事」をすることは大事です。

ライフワークを財政的に支えるためにも、別の安定した収入の柱を持っておくことは重要といえるでしょう。

そのような収入の柱として、当サイトでは下記のスマホdeマネーというビジネスをおすすめしています。

スマホだけでできる簡単な作業で誰でも取り組めるビジネスなので、ぜひ気軽に下の公式サイトをチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ライフワークとは

ライフワークとは

ライフワークとは「一生をかける仕事」のことです。

クリエイターが一つの作品に生涯をかけて取り組む場合は「代表作」と表現されます。

たとえば建築家のガウディが一生かけて建設しても未完で終わった、サグラダ・ファミリア大聖堂は典型的な例でしょう。

その他、定年退職をした人などが「今後は死ぬまでこの趣味に打ち込もう」と決めた趣味なども、ライフワークといえます。

ライフワークとライスワークの違い

ライフワークとライスワークの違いは、簡単にいうと下の通りです。

ライフワーク 生きがいのためにやる仕事
ライスワーク 生活のためにやる仕事

元はライフワークという言葉が先にあり、それを文字ったものがライスワークです。

「ライス=ご飯」を食べるための仕事ということです。

人間の世界では両者は区別されます。

しかし、動物の世界ではライスワークこそがライフワークです。

たとえばミミズは土中のあらゆる物質をたべて糞をします。

それによって土を豊かにするのが、彼らのライフワークです。

しかし、彼らはライフワークを意識しているわけではなく「ただ食べているだけ」なのです。

他の生き物も、彼らはただ毎日「ライスワークをしているだけ」です。

私たちは、映像で江戸時代の人の生活などを見て「美しい」とか「心があたたまる」と感じます。

しかし、彼らは別に特別なことをしていたわけではなく、毎日生きていただけです。

人間や動物が「ただ生きている」ということは、違う時代・違う国・違う生き物など、遠くの立場から見れば、それだけで十分にきれいなものなのです。

そう考えると、私達が普通にライスワークをしていれば、どこかの誰かには、それがライフワークに見える可能性があります。

「あなたの仕事はライフワークじゃないよ」などと言ってくる人がいたら、放っておけばいいでしょう。

わざわざそのような口出しをするのは、その人自身が自分に自信を持っていないだけなのです。

そのような前提に立ち、生活の糧を得るためのライスワークに、きっぱりとした意思を持って取り組むというのは、とてもいいことです。

そして、そうした意思がきっぱり用意できたのであれば、稼ぎやすい仕事として当サイトはスマホdeマネーというビジネスをおすすめします。

スマホだけでできるシンプルな作業で、月収100万円以上も狙えるという効率的なビジネスです。

詳しい仕事内容や始め方は、下のリンク先で確認していただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ライフワークの見つけ方

ライフワークとライスワークの違い

ライフワークの見つけ方は、明確に決まっているものではありません。

しかし、ある程度の参考になる可能性がある見つけ方を3つ紹介します。

今のライスワークにやりがいを見出だす

これは一番現実的で、かつ人としても正しい部分が多いやり方ではないかと考えます。

2012年に国民的ベストセラーとなった『置かれた場所で咲きなさい』という書籍のタイトルに似た発想です。

もちろん、この書籍が批判されたとおり、この発想は一歩間違うと「ブラック企業を礼賛するもの」になってしまいます。

このため、今のライスワークが本当に「打ち込むに値するものかどうか」は考える必要があります。

この判断をどうするかは難しいところですが、とりあえず健康を害するような労働でなければOKというのが一つの基準になるでしょう。

(健康を害したらいけないというわけではありませんが、体が壊れたらその仕事自体を続けられなくなってしまうためです)

たとえ個人的な趣味ではなくとも、間違った労働ではなく、ライフワークに昇華させる価値がある仕事だと感じたら、思い切って全力投球するのもいいでしょう。

おそらく、そういった「自分の義務に全力を尽くす生き方」というのは、義務を嫌々こなす生活よりは充実して楽しいものになるといえます。

もともと好きでない仕事で期待していなかった分、徐々に楽しくなってライフワークになったときの喜びは、一段と大きくなるでしょう。

正しい人を尊敬する

世の中には「信者を集めるのが妙に上手い人」がいます。

自分に自信がない人に付け込む方法を熟知していて、自信のない人たちを次々と信者にし、巨大なコミュニティを作るのです。

正しいライフワークを見つけたいと思うなら、このような人を尊敬してはなりません。

たとえば、以下のような例を想像してみてください。

  • イチローが「大リーガーになるためのサロン」を開く
  • 尾田栄一郎が「漫画の描き方の高額塾」を販売する

どちらも「あり得ない」と誰もが思うでしょう。

このお二人だけでなく、ほとんどのまともなプロは「○○を教えます」などということを本業にはしないのです。

そのため、オンラインサロンのようなものでライフワークが見つかるなどとは、夢にも思ってはいけません。

たとえばイチローや尾田先生が「たまにイベントで技術の指導をする」という機会はあるでしょう。

そういう時に彼らと直接対面し手ほどきを受けることは、人生を変えることもあります。

このように「まともな人が、たまに少しだけ教える」のは良いのです。

セミナーの類に参加するのであれば、そのようなものに留めましょう。

「セミナー屋」というべき人の講義は、基本的に信用しないようにすべきです。

「拷問にかけられても守るもの」を信じる

あなたが今ライフワークにしようとしていることは、おそらく拷問にかけられたらあっさり捨てるでしょう。

かけられなくても「かけられそうな恐れがある」と感じただけで、すぐに捨てるはずです。

これは悪いことではなく、生き物として正しい姿なのです。

社会問題を解決するために命を捨ててでも活動する方々は、本当に立派です。

しかし、人間がみんな動物のように「普通に」生きていたら、あらゆる社会問題は起きなかったのです。

というのが、老子や荘子の無為自然という発想(老荘思想)です。

「生き物として、命を守ることが何よりも正しい」という考え方は、有名な坂口安吾の『堕落論』のメッセージでもあります。

この本では「国のために命を捨てる」と言っていた人たちが、敗戦とともに「毎日生きることだけ考えている存在に『堕落』した」ことを評価しています。

生きるだけで必死な状態まで「堕落」することで、「彼らは本当に大切なものが見えたはずだ」という主張です。

これを現代の普通の人の生活に置き換えると、生活のための労働=ライスワークに本当のライフワークの種があるはずだということです。

あなたが拷問にかけられたときに確実に守るものは、おそらく自分の命と体の各パーツでしょう。

そして、日常生活でそれらを守ってくれるものは「ライスワーク」なのです。

ライスワークは、あなたが子供の頃にあなたを養ってくれていた父親や母親のようなものです(親がいなかった人もいますが)。

ありがたみに気づかないことが多いですし、ともすれば「ストレスの種」などと言ってしまうこともあります。

しかし、あなたが「拷問にかけられても守るもの」は健康であり、その健康に直結するのは「安定したライスワーク」なのです。

どこか遠くにあるライフワークよりも、目の前のライスワークの方が、よほど「人として大切なもの」を含んでいるということです。

繰り返しますが、ブラックな労働に耐えることはNGです。

一番大切なものは命と健康であり、仕事はあくまで「命と健康を確保するためのものに過ぎない」ためです。

この主張が間違いだという人は「拷問にかけられても、仕事が大事だという主張を貫けるか」ということです。

作家の遠藤周作が「ノーベル文学賞を逃した原因」とされる代表作『沈黙』も同じことを言っています。

キリスト教徒が拷問に屈する描写を「人として正しい」と描いたことで、世界的に物議を醸したのです。

遠藤の主張も坂口の主張も「拷問にかけられて消えるようなライフワークは捨ててしまえ」ということです。

もちろん、この考え方に反発する人もいるでしょう。

何しろ、遠藤周作がこの主張のせいでノーベル賞を逃したほどです(宗教が絡んでいたとは言え)。

ただ、あなたがライフワークだと思っているものが「本当に自分にとって大切なものだろうか」と考えるとき、彼らの主張をヒントにするといいかと思います。

ということで、まず大事なのは生活費を稼ぐライスワークです。

しかし、そのライスワークが明らかにブラックなものであり「辞めるしかない」ということもあるでしょう。

そして、辞めたらお金がなくて生きていけないということもあるかと思います。

その場合は、命や健康を守るために「稼ぎやすいお仕事」をするべきです。

稼ぎやすいお仕事として、当サイト・副業研究所がもっともオススメしているのは、スマホdeマネーです。

スマホ1台でできる簡単な作業で、誰でも月収100万円以上を目指すことができます。

生活費を稼ぐためのライスワークとして、この上なく効率的なビジネスなので、ぜひ下の公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

関連記事:やりたいことの見つけ方

ライフワークを仕事にするメリット

ライフワークを仕事をするメリット

ライフワークを仕事にすることには、いくつかのメリットがあります。

ここでは、それらのメリットを3つ解説していきます。

仕事に生きがい・やりがいを持てる

幸運にもライフワークを仕事にできれば、仕事に毎日生きがいややりがいを感じられるでしょう。

近年の大学生や20代の若者は、農業やNGOなどの仕事を志望する人が多いとされます。

また、安定している公務員の仕事が不人気になっているとも言われます。

生活費のための仕事でも、お金よりやりがいを重視したいという人が増えている証拠の一つといえるでしょう。

それが良いか悪いかは置いておき、そうした価値観を持つ人にとって「やりたいことを仕事にできる」というのは、非常にいいことでしょう。

趣味のお金を経費で落とせる

ライフワークと言っても「命をかける」ような仕事ばかりではありません。

「死ぬまでずっとやりたい趣味」のようなものもあるでしょう。

その場合、仕事にすることでその趣味にかかるお金を経費で落とすことができます。

少々小さいメリットではありますが、この節税効果はそれなりに大きいものです。

健康なライフワークなら仕事をするほど健康になる

健康と仕事はしばしば相反するものです。

しかし、健康のプラスになるライフワークで、それを仕事にできたとしたら、働くほど健康になります。

たとえばジョギング指導の仕事が仕事になったら、確実に健康になるでしょう。

ハイレベルなマラソンの指導と違い、無理な運動をすることもないためです。

このように、ライフワークを仕事にするメリットは多くあります。

ただ、現実にはそう簡単に仕事にはできません。

そのため、ライフワークを仕事にする努力と並行して、効率的に稼げるライスワークに取り組むのがいいでしょう。

当サイトが推奨しているスマホdeマネーなら、スマートフォンさえあれば誰でも簡単に稼ぐことが可能です。

1日5分などの隙間時間を有効利用し、月収で50万円程度稼いでいる人も多くいます。

月10万円程度までなら、かなり多くの人が稼いでいます。

スマホをタップするだけの簡単な作業で誰でもできるため、ぜひ詳細を下の公式サイトでチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ライフワークを仕事にするデメリット

ライフワークを仕事にするデメリット

ライフワークを仕事にすることにはデメリットもあります。

ここでは、その3つのデメリットを解説します。

自分の本当の良さを、自分でわかっていないことがある

実は、自分のことは自分が一番よくわかっていないものです。

そして、自分の本当の良さを知ってくれている他人が任せてくれる仕事の中に、本当の自分がいるということがしばしばあります。

これは、90年代に一斉を風靡したあるロック歌手の方を見て、多くのファンが思うことでしょう。

その男性歌手は当時もっとも売れていたレコード会社で、人気アニメとタイアップするなどして、ミリオンセラーを多数出しました。

彼と彼のバンドの歌は、日本人だけでなくそのバスケのアニメを知っている世界の人も歌えるほどです。

しかし、彼はその生活を嫌っていました。

そして、徐々にレコード会社と衝突するようになり、「本当にやりたい音楽」をやるために、個人で活動を始めたのです。

ファンの人数はバンドを辞める前の5%程度に減り、一般人が彼の歌を耳にすることはなくなってしまいました。

彼は確かに、新しい音楽で「自分のやりたいこと」をやれたのだと思います。

それは非常にいいことです。

しかし、辞める前の彼の音楽がダメなものだったとは、とても思えないのです。

彼のファンでなくてもそのアニメの主題歌を知っている人なら「あれは不滅の名作と名曲だった」と思うでしょう。

日本人だけでなく、世界中のファンがそう思っているのです。

彼がライスワークとして嫌々やっていた仕事は、実はその後何十年も海外の人にまで届くライフワークだったのです。

もちろん、嫌々やっていたことで、苦渋がにじみ出て味になっていたという部分もあるかもしれません。

そう考えると、嫌々やっていたことも、辞めたことも全て良かったといえます。

確かなことは「ライフワークはすでに目の前にある可能性もある」ということです。

生活が苦しくなることが多い

多くの人がライフワークにするような内容は、お金が稼ぎにくいものです。

具体例を挙げると下のようなものになります。

  • 芸術・創作活動
  • ボランティア活動
  • 学術・研究活動
  • スポーツ・アウトドア

もちろん、上記の中でやり方によっては稼げるというものもあります。

しかし、たとえばあなたが上記の項目で「月収100万円を超えなさい」と言われたら、かなり厳しいと感じるでしょう。

弁護士や税理士になって月収100万円を超えることは不可能ではありません。

また、外資系コンサル会社や大手商社などに勤務すれば、やはり年収1000万円は高確率で越えられるでしょう。

そうした職業と比較すると、明らかに上記のやりがい系の仕事は稼げないといえます。

そのため、こうしたライフワークを職業にするのであれば、経済的に苦しくなることは覚悟しなければなりません。

それに耐えてこその芸術やボランティア、という部分もあります。

そもそも仕事にできない(求人がない)

多くの人がライフワークにしようとすることは、そもそも仕事にできないということが多いものです。

たとえば音楽でいうと、ピアノはまだしも、マイナーな民族楽器の演奏を仕事にするのは極めて難しいといえます。

マイナーだからこそ希少価値があるというのは確かにそうです。

しかし、一般的な需要がないからマイナーになったということも忘れてはいけません。

マイナーであるという時点で、最初から「金銭的な需要はないことを覚悟しなければならない」のです。

上の段落で書いた「生活が苦しくなる」というのは、一応仕事にできています。

しかし、この段落で書いていることは「そもそも、仕事にすらできない」ということです。

マイナーな分野では求人がないので、自分で起業するしかありません。

会社設立にしても個人事業にしても、フリーランスとして活動していくということです。

「その方がやりがいがある」という人は、ライフワークを仕事にすることが向いている人です。

しかし、大抵の日本人はフリーランスや個人事業主という生き方に不安を感じるでしょう。

そのため、ライフワークを仕事にすることは、かなりハードルが高いといえます。

それでもライフワークに打ち込みたいのであれば、効率的なライスワークを別に確保しておくのがいいでしょう。

当サイト・副業研究所がおすすめするスマホdeマネーなら、隙間時間で効率よく稼ぐことが可能です。

特別なスキルや経験一切不要で、老若男女誰でもスマートフォンさえあれば稼げます。

始めるのにも継続するのにも費用はかからず、デメリットは一切ありません。

詳しい内容や実際に稼いでいる人の体験談などは、下のリンク先からご覧いただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

ライフワークに関するQ&A

ライフワークに関するQ&A

ライフワークに関して知りたいことや、悩みがある人は多いでしょう。

その人たちを集めれば一大カルト教団を作れてしまうほどです。

ここでは、そのように多くの人が抱えるライフワークに関する悩みについて、わかる範囲で答えていきます。

ライフワークが見つからないときはどうすればいいですか?

ライフワークを無理に見つける必要はありません。

たとえば、キリンの首の長さは美しいものです。

しかし、キリンは首を長くしようと思って長くしたわけではありません。

「敵が来たときにすぐ見えるようにするため」に首を伸ばし続けたのです。

つまり、キリンはいつも「何かに追われていた」のです。

ライオンなどに狙われる生活は当然ストレスフルだったでしょう。

しかし、その生活で生き残るためにキリンがした工夫が、自然の造形美になったのです。

あなたのライスワークで今お給料が発生しているということは、その仕事には何か意味があるのです。

その収入が増えるように努力を続けることは、その「意味」をさらに深く追求することになります。

その先に見えるものが、多分何かあるでしょう。

「多分」と言葉濁しているのは、孔子が「仁者は口が重い」と論語で言っているためです。

ブッダも「私を疑え」という内容を説いていました(スッタニパータなどの経典に書かれています)。

ライフワークや人生について語るとき、自分の答えも他人の答えも絶対ではないと考えておくといいでしょう。

そして、自然現象はある程度「絶対」なので、自然現象を分析しながら考えることは、それなりに良い方法ではないかと思います。

楽しく稼げるライスワークはありますか?

当サイトがおすすめしているスマホdeマネーなら、誰でも楽しく気軽に稼げます。

電車での移動時間、友達との待ち合わせ時間、レジの順番待ちの時間など、いつでもどこでも稼ぐことが可能です。

1日5分などの短い時間から取り組めるので、無理に時間を確保する必要もありません。

好きなときに好きなだけ働き、高い報酬を得ることができます。

始め方は簡単で、LINEからスマホdeマネーのアカウントを友だち追加するだけです。

老若男女どなたでも取り組める内容なので、ぜひ気軽に下の公式サイトを確認してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】ライフワークとは

【まとめ】ライフワークとは

ライフワークとは、文字どおり命をかけた仕事のことです。

あなたは今、命の一部を使ってライスワークや家事や歯磨きをしているわけです。

ある意味「すでに命がけの仕事をしている」といえます。

ブラック企業のような非人道的な労働を除けば、ライフワークとはライスワークのことと言ってもいいでしょう。

哲学者のヘーゲルは「存在するものは合理的である」といいました。

あなたのライスワークで報酬が存在するのは、そこに合理的な理由があるということです。

それはスマホビジネスのような「本当にこれで稼げるのか?」と疑問に思う人がいる新種のビジネスでも同じです。

どんなビジネスも必ず「何か意味があって存在している」のです。

そして、何か意味があるのでスマホ1台の作業でも高額の報酬が発生するのです。

それがどんなものなのか、試しにスマホdeマネーの公式サイトを見ていただくといいでしょう。

スマホdeマネーは始めるのも続けるのも無料でできるので、ぜひ気軽にLINEで試してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*