会社員が司法書士を副業で始める方法!仕事の受注方法・注意点を解説!

副業としての司法書士の始め方 処方書士の始め方・注意点を紹介

副業が解禁されたことにより、すでに副業をしている人も多いのではないでしょうか。

サラリーマンの間では副業が解禁されてから、様々な副業を取り組む人が増えています

また、簡単にできる副業が流行っており、サラリーマンだけでなく主婦に広がっています。

様々な副業が流行っており、どのような副業を始めるか悩んでいる人も多いはずです。

今回ご紹介するのは、司法書士を副業として始める方法です。

副業として、司法書士を始めることが可能なのか、司法書士を始める方法についてご紹介します。

この記事を読んでわかること

・副業として司法書士をすることはできる?

・副業として司法書士をする方法

・副業として司法書士の仕事を受注する方法

・副業として司法書士の仕事を受注できるクラウドソーシングサイト

・副業として司法書士をする際の注意点

結論から言うと司法書士は非常に難しい資格なので誰でも簡単に取得することはできません。

そこでおすすめな副業がプチ副業です。

プチ副業はスマホで自分に合った案件を選びながら作業をする副業です。

そのため誰でも楽しく気軽に稼ぐことが出来ます。

興味を持った方は一度公式ホームページを確認してみましょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

-18歳以上限定-

副業として司法書士をすることはできる?

副業として司法書士はできる?

サラリーマンとして会社に属しながら司法書士との兼業をしていきたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

司法書士を目指している人の中には、法律事務所へ就職することを考えている人も多いはずです。

現在のところ、司法書士を副業として行うことは禁止されていません。

そのため、本業を行いながら副業として司法書士を行うことができます。

しかし、司法書士の仕事や業務について、会社員として勤務を続けながら、司法書士としての活動をすることは難しいです。

仕事の時間が限られていることや、本業と司法書士の仕事が全く異なる場合、なかなか仕事をすることができません。

本業を行いながら、副業として司法書士を行う場合、時間の調整や分量のバランスを把握しながら行うようにしましょう。

副業として司法書士をする方法

副業として司法書士をする方法

それでは、副業として司法書士を行う場合、どのような方法をとればいいのでしょうか。

司法書士として活躍する場合、まずは司法書士の資格を取得しなければなりません

資格を取得したあとは、資格を活用するために仕事を探し必要があります。

本業を行いながら司法書士を副業として行うための方法について、しっかりと学びましょう。

①資格を取得する

副業として司法書士を始める場合、まずは司法書士そのものの資格を取得しなければなりません。

司法書士の資格は、日本の資格のなかでも難しく、しっかりと勉強をしなければなりません

本業を行いながら、資格の勉強をする人が多いため、両立できるように日々勉強を続ける必要があります。

司法書士を副業とするためにも、まずは勉強をして資格を取得しましょう。

②仕事を受注する

司法書士の資格を取得したあとは、仕事を受注しなければなりません。

仕事の受注の仕方は、求人を細かく調べることです。

人不足もあり、司法書士の仕事も応募が多く、資格を持っていれば仕事を受注できる機会も多くあります。

とくに司法書士は、資格も大事ですが、実務経験も重要となるため、仕事を受注して経験を付けなければなりません

副業として司法書士の仕事を受注する方法

副業として司法書士の仕事を受注する方法

司法書士の資格を取得したあと、どのような方法で仕事を受注すれば良いのでしょうか。

司法書士の受注の仕事の受注の仕方は、主に2つの方法があります

1つ目は、クラウドソーシングを利用した方法です。

インターネット上で探すことができ、比較的楽に仕事を見つけることができます。

2つ目は、知人の紹介です。

知人が事務所に在籍をしていたり、資格を取得している人を必要としている場合、活躍できる場合があります。

それでは、2つの方法についてご紹介します。

クラウドソーシングを活用

司法書士が資格を取得後に仕事を探す方法の2つ目として、クラウドソーシングの利用が挙がります。

クラウドソーシング上には、司法書士が行う仕事のみをアウトソーシングする団体や個人が多く、様々な仕事があります。

クラウドソーシングであれば、在宅型で仕事が行えることもあり、本業を行いながらでも可能です。

また、クラウドソーシングのメリットとして、自由に働けることは本業をしていてもバランス良く働くことができます。

司法書士の資格を取得したら、クラウドソーシングのサイトに登録をしてみましょう。

知人から仕事を紹介してもらう

2つ目の方法は、友人などからの紹介です。

友人が弁護士などをしている場合、書類作成などの仕事を依頼される場合があります。

友人からの依頼であれば、仕事の内容としても明白で、疑いなく仕事もできます。

また、本業とのバランスを維持するために融通を利かせてもらえることもあるため、友人に頼ってみることもおすすめです。

【おすすめ】副業として司法書士の仕事を受注できるクラウドソーシングサイト

司法書士が副業として仕事を行う場合、クラウドソーシングや友人の紹介で仕事を行うことが多いです。

それでは、具体的にどのようなクラウドソーシングのサイトで、仕事を受注すれば良いのでしょうか。

司法書士が仕事を受注するために、おすすめなサイトを3つご紹介します。

クラウドワークス

クラウドワークス2

クラウドソーシングのサイトとして定番なのが、クラウドワークスです。

クラウドワークスは、日本のクラウドソーシングのサイトの中でも最も有名です。

特徴としては、案件が多く、司法省氏の仕事を始めたばかりの人でも仕事を見つけられます。

仕事の数が多いため、事務所などで働いてみるまえに、チャレンジ感覚やスキルアップの場として利用可能です。

また、クラウドワークスは、スキルや経験が身に付けば報酬も多くもらえるようになるため、収入面でも期待できます。

本業を行いながら司法書士のスキルアップをしたいのであれば、クラウドワークスがおすすめです。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

ランサーズ

ランサーズ

次にご紹介するのが、ランサーズです。

ランサーズとは、クラウドワークスと同等レベルの大きなサイトとして知られています。

会員数も多く、案件数も多いため、クラウドワークスと同時進行で行うことも可能です。

ランサーズの特徴としては、仕事内容が明確になっていることです。

クラウドソーシングのサイトの中には、抽象的な内容しか書いていないことがあります

ランサーズは、丁寧に仕事内容が記載されていることから、安心して仕事に取り組めるサイトです。

ココナラ

ココナラ

最後に挙げるのが、ココナラです。

ココナラは、上記で挙げたクラウドワークスやランサーズと異なり、自分のスキルを販売するためのサイトです。

クラウドワークスやランサーズは仕事を与える場ですが、ココナラは自分からスキルを販売して、仕事を獲得します。

ココナラのメリットとしては、自分のスキルに金額を付けることができることです。

一般的なクラウドソーシングサイトは、案件ごとに金額が決まっているため、それ以上の報酬を稼げません。

しかし、ココナラであれば、自分のスキルに金額を付けて販売することで、利益が計算しやすいことがメリットとされています。

もちろん、ココナラで活躍するためにはスキルだけでなく、経験も必要となるため、注意が必要です。

自分のスキルで稼ぐ

ココナラに
今すぐ登録する!

副業として司法書士をする際の注意点

副業として司法書士を行う場合、3つのサイトを利用することで仕事を行いやすくなります

しかし、司法書士の大変さは、仕事ではなく資格を得るための試験勉強です。

司法書士は、日本の資格の中でもトップレベルの難易度で、受かることが難しいとされています。

そのため、副業のつもりで試験勉強を始めても長続きしないため、注意が必要です。

実は試験勉強が大変

副業として司法書士を始める際に最も大変なのが、試験勉強です。

というのも、司法書士は日本の資格の中でもトップレベルに難しく、受かる人が少ない資格とされています。

また、1年に1回しか試験が行われないため、チャンスが非常に少ないです。

そのため、1年勉強したとしても受からないことも十分考えられます。

司法書士を目指すことは、人生のスキルアップとしておすすめですが、受かるのは相当ハードと言えます。

まずはプチ起業のような簡単な副業サービスから始めてみるのもおすすめです。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

-18歳以上限定-

副業を探しているだけならおすすめしない

司法書士は資格を取得すること自体が難しく、試験も1年に1回であるため、チャンスが少ないです。

仕事よりも資格を獲得するまでの道のりが長く、屠龍で諦めてしまう人も少なくありません。

そのため、司法書士という仕事を副業として行うために、試験を受けることはおすすめしません。

司法書士の試験自体が難しいことと、仕事もはハードとなるため、副業のために司法書士を目指すことはおすすめしません

公務員は司法書士登録だけでも副業になる?

公務員は司法書士登録だけでも副業になる?

公務員が司法書士の仕事をしたら、当然兼業になります。

しかし、資格に合格して登録するだけでも兼業になるのか、という点が気になる人は多いでしょう。

ここでは、そのルールについて説明します。

事務所設置義務・依頼応諾義務があるので副業になる

司法書士の登録は「名前を登録するだけ」ではできません。

  • 事務所を設置するか、入所する義務がある
  • 依頼があったら応える義務がある

ということで、登録の時点から形だけは司法書士としての仕事がスタートすることになります。

形だけとはいえ「仕事がスタート」しているわけですから、兼業になります。

司法書士出典:公務員が司法書士試験に合格した場合、登録することまでは可能でしょうか?|知恵袋
 
このルールについては、上の知恵袋でのやり取りが、特にわかりやすく参考になります。

なお、依頼応諾義務というのは当然ながら「絶対にすべて引き受けなければいけない」ということではありません。

当然ながら、本職の司法書士でもスケジュールがいっぱいであれば、仕事は受けられません。しかし、

  • 電話・メールを受け付ける
  • 一般的な早さで返信する
  • 料金表やサービス内容などを示す

といった「依頼を受け付ける姿勢」が必要になります。

そして、実際に依頼を受けなくても、これらの姿勢を見せている時点で「兼業」になるわけです。

資格に合格した後は生涯いつでも登録できる

司法書士の資格に合格した後「登録だけしない」ということは可能です。

  • 公務員である
  • 企業の法務部に勤務している

などの理由で「登録していない」という人は多くいます。

(企業の法務部については「会社からいわれて取得した」だけで、資格自体は不要であるため、登録料がもったいないので登録しないということです)

そして、この資格がいつまで有効かですが、何か問題を起こさない限りは生涯有効です。

たとえば登録までの間に前科がついてしまうなど「欠格要件」に該当すると登録できなくなります。

(ただ、それは登録後でも資格剥奪の対象となる内容です)

登録していないと「何となく不安」でしょうが、合格の事実は生涯消えないため、この点は安心してください。

以上のとおり、公務員では「司法書士の副業はもちろん、登録すらできない」というルールです。

ただ、たとえば家族と一緒に暮らしていて世帯の収入を増やしたいというのであれば、家族の方が副業をするというのも1つの選択肢です。

その場合「おすすめの在宅ワーク」のページで、自宅でできるおすすめの副業を紹介しているので、こちらをぜひ参考にしてみてください。

また、中でも最も稼ぎやすい副業は下のサイトで紹介しているので、こちらも合わせてチェックしていただけたらと思います。

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

司法書士補助者の副業について

司法書士補助者の副業について

司法書士の副業の中でも「補助者の副業」について気になる人も多いでしょう。

ここでは、司法書士補助者の副業のポイントをまとめます。

補助者は副業をしていいのか

司法書士補助者が副業をすることは、法律的にはまったく問題ありません。

これは、会社員が副業をすることが、法律的にはOKということと同じです。

会社の就業規則によってできないことはありますが、法律的には会社員の副業はOKなのです。

それと同様に、司法書士補助者の副業も事務所の規定上問題なければ問題なしとなります。

補助者が行政書士などに登録することは可能か

普通の副業が問題ないことは知っていても「行政書士などの士業に登録できるのか」という点が気になる人は多いでしょう。

結論からいうと、士業であっても法律的な制限はないため、事務所の規定次第です。

事務所が副業不可であれば不可、そうでなければ可能となります。

行政書士などの資格を取って登録してもすぐ独立できる人は少ないため、司法書士補助者の副業を続けている人は多くいます。

司法書士は副業可能?兼業は不可?

司法書士は副業可能?兼業は不可?

司法書士は副業をできます。

別の仕事と兼業してかまいません。

まず「司法書士法」に、副業・兼業に関する制限の規定はありません。

ただ、下のような義務はあります。

  • 依頼応諾義務
  • 秘密保持義務

つまり、副業をしつつも、利用者の依頼に答えられること、秘密を保持することが求められます。

逆にいえば、それさえできれば司法書士の副業は可能ということです。

そうした条件下で司法書士が行うのにおすすめの副業は「安全な副業」のページで紹介しています。

特に安全で稼ぎやすい副業は下のサイトで紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

司法書士よりおすすめの副業3選

司法書士をするよりおすすめの副業

副業をするのであれば、司法書士よりも稼げるおすすめのビジネスが多数あります。

ここでは、それらのビジネスの中でも特におすすめできる副業を3つ紹介します。

ここで紹介している以外の副業については「おすすめの副業」のページを参考にしていただけたらと思います。

スマホdeマネー

つみたて副業公式サイトのキャプチャ画像

スマホdeマネーは、即日20万円を稼げるという、非常に即金性の高い副業です。

実践者の中には毎月300万円の月収を叩き出しているという人もいます。

スマホ1台で隙間時間に取り組めるため、どれだけ忙しい人でも簡単に始められます。

ノウハウの無料提供は期間限定なので、ぜひ早めにチェックしてみてください。

\20万円をあなたにプレゼント!/

スマホdeマネーに
今すぐ登録する!

-18歳以上限定-

plus

plusの公式サイトのキャプチャ画像  

plusはアプリ広告を見るなどの簡単な作業だけで稼げるビジネスです。

それも月収50万円などの高額を稼げるということで、非常に収益性の高い副業として人気があります。

ノウハウは完全無料で学べるため、初期費用などの心配も不要です。

スマートフォンと銀行口座さえあれば誰でも稼げるので、ぜひ詳しい仕事内容をリンク先で確認していただければと思います。
plusが少しでも気になった場合「plusとは?」の記事や、下の公式ページを確認して無料登録を試してみてください。

\即日稼げる!/

副業研究所おすすめ副業を
今すぐ始める!

-18歳以上限定-

TECH

TECH公式サイトのキャプチャ画像  

TECHは初日から10万円、その後も10万円を毎日継続して稼げるという副業です。

特に「急ぎでお金が必要」という人におすすめできます。

20歳以上でスマホを持っていれば誰でもすぐにスタートできます。

運転免許証程度の難易度で、社会人であれば誰でも稼げるので、ぜひお気軽に試してみてください。

\今すぐ10万円を稼げる!/

TECHに
今すぐ登録する!

-18歳以上限定-

【まとめ】副業として司法書士をすることはできる?

司法書士は本業を行いながら、副業として行える仕事です。

しかし、司法書士は試験が難しいことや仕事自体もハードであるため、副業として目指すことはおすすめしません

そこで、司法書士よりおすすめな副業としてプチ起業が挙がります。

LINEに登録して自分の好きな案件を行るため、副業の初心者でも簡単にできるのがメリットです。

また仕事の内容も自分で選ぶことが出来るので、楽しく稼ぐことが出来ます。

\10万円分の副業プレゼント付き/

今すぐ簡単副業を
無料でスタート!

-18歳以上限定-

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*