あなたの仕事の目標の立て方間違ってる?正しい8つのメソッドを紹介!

仕事目標

何を達成するときも、最初に必要なのは目標です。

しかし、この目標の立て方がわかっていない人が意外に多いといえます。

あなたは「いつも目標を達成できない…」と悩んでいるかもしれません。

それは、あなたの能力の問題ではなく、目標設定のやり方が間違っていたという可能性があります。

ここでは、そのような状態を解消するために目標設定の正しいやり方を解説していきます。

読んでいただくことで、より適切に目標を設定できるようになり、高いレベルに到達しやすくなるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • 目標設定で仕事の効率が上がる理由
  • 仕事の目標を設定する8つのメソッド
  • 仕事の目標を立てる際の注意点

なお、どんな目標でも達成するには時間とお金が必要ということが多くあるものです。

そのとき「短時間で効率よく稼げるビジネス」を持っていると有利になるでしょう。

そのようなビジネスとして、当サイト・副業研究所が最もおすすめしているのがスマホdeマネーです。

スマホ1台で最大月収100万円以上も目指せる稼ぎやすいビジネスなので、ぜひ詳細を下のリンク先で確認してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

目標を決めると仕事の効率が良くなる理由

目標を決めると仕事の効率が良くなる理由

目標があると仕事の効率が良くなるということは、経験的に知っている人が多いでしょう。

ここでは、目標設定で仕事が効率的になる理由を3つ説明します。

やるべきことが明確になる

やるべきことが明確でないと、モチベーションは湧かないものです。

脳科学的にもイメージが湧いた作業は行いやすいということがわかっています。

やるべきことが明確な状態は、そのイメージトレーニングがしやすいのです。

脳が活性化した状態を作りやすくするために、まず目標設定が必要なのです。

外部からの強制力がかかる

目標の中には、設定とともに外部からの強制力がかかるものがあります。

たとえばマラソン大会へのエントリーがそうです。

当日欠席することもできなくはありません。

しかし、お金をロスしたり、抽選が厳しい大会では次回申し込めなくなるなどのデメリットがあります。

こうしたデメリットが強制力となり「マラソン大会に、その日出ざるを得ない」という状態になります。

そして、その日のために練習をするしかなくなるのです。

このように、外部と関わる目標を設定することで、物理的にも目標を達成しやすくなります。

関連記事:やりたいことを見つける方法

達成すればモチベーションが上がる

これは諸刃の剣ですが、目標を設定し無事に達成するとモチベーションが高まります。

逆に失敗すると下がるため、目標設定のバランスが重要です。

つまり「達成可能性が低い目標は立てない方がいい」のです。

簡単すぎず、適度に難しい目標を立てる必要があります。

目標はあくまで「モチベーションを高めるための道具」と考え、達成することを最優先しましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

仕事の目標を設定するための8つのメソッド

上手に仕事の目標を設定するための方法

目標設定の方法は、コーチングや心理学の世界で古くから研究されています。

ここでは、それらの研究で生み出された効果的な方法を紹介していきます。

ベーシック法

ベーシック法は、名前通り一番基本的な目標設定のやり方です。

わかりやすいのは2つ目のステップである「達成基準の具体化」です。

このステップでは、自分の目標が下の3つの基準のどれに当たるかを考えます。

数値の基準 毎日5km走るなど
状態の基準 中国人と問題なく中国語で会話できるなど
スケジュールの基準 今月中に○○の資格を取得するなど

誰もが無意識に行っている目標設定ではあるでしょう。

しかし、自分の目標が「数値・状態・スケジュール」のどれなのかを考えることで、計画がより具体的になっていきます。

ベンチマーキング法

ベンチマーキング法は「ベンチマーク法」とも呼ばれます。

ベンチマークとは水準点のことです。

この方法では、ライバルや競合他社などを到達すべき点として設定します。

ベンチマーキング法は、誰でも無意識のうちにやっている、というよりやってしまう方法です。

子供でも幼稚園や保育園で競争したり、兄弟間で競争したりすることがあるでしょう。

他者との比較は人間の葛藤の特に大きな原因の一つです。

過剰にやることは望ましくありませんが、適度に取り入れるのはいいことです。

ベンチマーキング法で重要なのはKFSを明確にすることといえます。

KFSは「Key For Success」の略です。

これは、ライバルが自分より優れている「成功のカギ」のことです。

つまり「あの人は私より上だ」「それはなぜか」と考えるわけです。

その「なぜか」の部分で追いつくようにするわけですね。

三点セット法

三点セット法は、下の3つで目標をより具体的にするものです。

  • テーマ
  • 達成レベル
  • 達成時期

テーマの見つけ方は3つありますが、わかりやすいのはプロセスチェックです。

これは、たとえば「お酒を飲む量を減らしたい」という目標の場合、自分が飲酒に至るまでのプロセスを洗い出します。

  • コンビニに立ち寄って、ついでにお酒を買った
  • お酒好きの友達から呑みに誘われた
  • 駅前を通ったら、居酒屋が楽しそうでつい入ってしまった

これだけだと「きっかけ(トリガー)」ですが、そのトリガーに至る前のステップもあります。

その前、前の前とステップを連続でみていくと、一連のプロセスになるのです。

そのプロセスでここをなくせばいい、これに代用すればいいということが見えてきます。

それで「なくす・代用する」という目標が設定されるので、あとは実行あるのみです。

ランクアップ法

ランクアップ法は、文字どおり自分の伸ばしたい分野をランクアップさせるものです。

特徴はランクアップの切り口が6つあることです。

  • 改善
  • 代行
  • 研究
  • 多能化
  • ノウハウの普及
  • プロ化

改善は、現状のネガティブな部分を解消するものです。

具体的には、部屋が汚いから片付けるなどです。

「今よりマシな状態を目指す」と考えるといいでしょう。

代行は「自分よりレベルの高い人の仕事を代わりにできるようになる」ことを目指すものです。

具体的には、先輩や上司の仕事を引き継ぐことを目指します。

研究は、本来目的達成の手段である研究自体を目標にするというものです。

たとえば、経営で成功したいなら、成功した会社の研究が欠かせません。

しかし、この研究自体を目標としている経営学者もいるわけです。

そのように、あえて前向きに「手段を目的化させる」というやり方です。

多能化は「分野を広げる」ものです。

企業でいうと「多角経営に乗り出す」ステップといえます。

たとえば税理士が飲食系や土木系の資格を取得するなども、この目標設定に入ります。

まったく無関係の分野の能力を習得することで、その業界の人にアピールできるということです。

ノウハウの普及は、自分の持っているノウハウを人に伝えることです。

「教えると自分がうまくなる」というのはよくある話ですが、それを目指して「教える」目標を設定します。

最後のプロ化は趣味でやっていることで資格をとるなどして、実際のプロに近づくというものです。

たとえばスポーツが趣味の場合、国家資格のフィットネスクラブ・マネジメント技能検定(FCM検定)の取得などを目指します。

いずれの多くの人が無意識にやっていることですが、こうした分類を知ることで、目標を強く意識しやすくなるでしょう。

期中設定法

対象期間中に目標を随時設定していく方法です。

これは、始めの段階で具体的な目標を立てにくいときに有効な方法といえます。

たとえば新技術が誕生したばかりの時期など「それを使って何ができるか」がまだわかりません。

そのような状態で実際に取り組みながら見えてきた目標を設定するという場面で有効なやり方です。

SMART

SMARTは下の5つの項目の精度を上げるものです。

Specific 明確である
Measurable 測定できる
Achievable 達成できる
Result-based 成果に基づいている
Time-line 期限がある

まず、目標の数値化などで明確化します。

次にその目標を正確に測定する方法考えます。

また、その目標について「達成可能性」をある程度残します。

無理な目標は立てないということです。

「成果に基づく」とは、過程ではなく結果を重視するということです。

わかりやすくいうと、いい意味で「手段は問わない」といえるでしょう。

最後の期限ですが「期限がなければ目標は意味がない」ということです。

KGI×KPI×KDI法

KGI・KPI・KDIとは、それぞれ下のような意味です。

KGI 最終目標
KPI 中間目標
KDI 行動目標

それぞれ英語の全文も知っておくと覚えやすいでしょう。

KGI Key Goal Indicator
KPI Key Performance Indicator
KDI Key Do Indicator

KeyとIndicatorの部分は同じで、真ん中の単語だけが違うということですね。

KGIとKPIは、古くからビジネスの世界で使われてきた用語です。

KDIは株式会社ZUUの代表である冨田和成さんが、著書の『鬼速PDCA』で提唱された考えです。

  • まず最終目標を立てる(KGI)
  • そのために必要な中間目標を立てる(KPI)

というのが基本で、こうして見ると「ごく普通」の考え方です。

そして、KDIはKPIを達成するために「何をすべきか=DO」をまとめ、それを目標としたものです。

つまり、KDIを達成できれば自然とKPIも達成できるようにするという仕組みになります。

NLP式目標設定法

NLPとは神経言語プログラミングのことです。

1970年代にアメリカで生まれた心理学で、英語でいうとNeuro Linguistic Programmingとなります。

このメソッドでは、下の8つのステップが説かれています。

  • 目標を肯定的な言葉で表現する
  • 目標の主語を自分に設定する
  • 目標を具体化する(5W1Hなど)
  • 目標を達成したときの自分の感覚をイメージする(五感で)
  • 目標達成で、自分の周囲や社会が同変化するかをイメージする
  • 目標達成のためのリソースをチェックする
  • 目標達成の障害になるものを特定する
  • より高次元の目標につなげる

特徴的なのは最初の2つでしょう。

特に主語が自分という部分は、私が子供を東大合格に導くのようにします。

「タケシが東大に合格する」ではなく、あくまで自分がやるべきことをメインにするわけです。

このNLP式はドリルのようにやることが具体的であり、実践的といえます。

仕事の目標を立てる上で注意すべきこと

仕事の目標を立てる上で注意すべきこと

仕事で目標設定をする際は、注意すべき点がいくつかあります。

ここでは、仕事の目標設定の注意点を3つ解説します。

具体的に目標を設定する

当然ながら目標は具体的でなくてはなりません。

たとえば美人になるという目標でも、具体的にすることはできます。

わかりやすいのはモデル事務所への所属でしょう。

それも、個人経営のような事務所なら所属は比較的簡単です。

そのため、たとえば資本金300万円以上のモデル事務所に所属するなどの数値目標を立てます。

あるいは、特定の雑誌への読者モデルとしての出演などを目標にしてもいいでしょう。

とにかく、目標は必ず具体性を持ったものでなくてはなりません。

実現可能な目標を設定する

目標は「達成できること」が重要です。

達成できない目標は自信喪失の原因になるので、立てるべきではありません。

大きな目標に挑むことは大事ですが、その途中のスモールステップは、実現可能なレベルに落とし込む必要があります。

また、最終目標にしても、期限までに達成できるレベルでなくてはなりません。

何にしても「実際に達成できる」という見込みがあることで、モチベーションも持続します。

実現したいことで目標を立てる

やりたくないことで目標を立てても意味がありません。

学校の勉強に関する中高生の目標は、少々かわいそうですがその典型といえます。

ある程度勉強が好きであれば、もちろん学校の勉強も「やりたいこと」になるでしょう。

しかし、たとえば大人が「運動嫌いなのに運動で目標を立てる」ということをしても意味がないのです。

「でも、運動しないと痩せないし」と思うかもしれません。

しかし、たとえばカラオケやショッピングでも、カロリーを消費しさえすればいいのです。

一日中ウィンドーショッピングをすることはかなりの距離を歩くことにつながります。

マラソンの高橋尚子選手にも、亡くなった小出監督が「練習」として指示を出していたほどです(専門用語で積極的休養といいます)。

つまり、痩せるという事自体は「好きなこと」なわけですから、その手段も「好きなこと」にできるだけするべきなんですね。

もちろん「好きなこと」が多いほど選択肢が広くなり有利になります。

人によっては「何でもいいのでお金持ちになることを実現したい」と思うケースもあるでしょう。

その場合は、スマホ1台で稼げるスマホビジネスに取り組むのがいいでしょう。

当サイトが特に推奨しているスマホdeマネーなら、誰でもスキル不要で稼げます。

隙間時間を有効利用して稼げるので、忙しい人でもすぐに始められる副業です。

詳しいやり方や稼いでいる人の口コミなどは、下の公式サイトからご覧ください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】仕事をするなら目標を立てよう

【まとめ】仕事をするなら目標を立てよう

仕事をするなら、やはりその仕事でしっかりした目標を立てるべきです。

ただ今の職場や会社ではそれが見えないという人もいるでしょう。

その場合は、稼げる副業をして会社から独立し、自分の好きな仕事をするなども重要です。

そして、そのように稼ぎやすい副業として、当サイトでは特にスマホdeマネーをおすすめしています。

スマホdeマネーなら、特別な資格や知識は一切不要で稼げます。

タブレットやPCなど、スマートフォン以外のガジェットでも取り組めるビジネスです。

始めるのも継続するのも完全無料なので、リスクやデメリットはまったくありません。

人生の目標設定の中でお金が必要と感じている人は、ぜひスマホdeマネーの公式ページで詳細をチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*