【高額当選】宝くじの買い方10選!当選確率が上がる秘密の方法!

【高額当選】宝くじがの買い方10選!当選確率が上がる秘密の方法!

「宝くじを買おうと思っているけど、どうやって番号を選べばいいのかわからない…」という人は多いでしょう。

同時に当たりやすい宝くじの買い方も知りたいという人が多いかと思います。

この記事では、こうした疑問を解消できるよう、宝くじが当たりやすくなる10種類の買い方を解説します。

宝くじを出来るだけ高確率で当てたいという人には、きっと参考にしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • 宝くじの概要
  • 宝くじが当たる買い方
  • 宝くじの当選確率
  • 宝くじの買い方でよくある質問と答え

先に結論を書くと、宝くじの買い方を買えても、当たりやすさはほぼ変わりません。

「宝くじは当たらない」というのは有名な話ですが、このようなことにお金を捨てるくらいなら、副業に取り組む方がいいでしょう。

副業の中で当サイトがもっともオススメするのはスマホdeマネーです。

スマホ1台でできる簡単な作業でも月収100万円を目指せる効率的なビジネスです。

詳しい情報や稼いでいる人の体験談などは、下のリンク先からご覧いただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

宝くじとは

宝くじとは

宝くじは「当せん金付証票法」という法律によって発行される富くじです。

年末ジャンボ宝くじなどいくつかの種類があります。

各地に設置された売り場だけでなく、大手銀行のATMなどでも買えます。

また、禁煙ではインターネットでの購入も可能となっています。

宝くじの当たる買い方

宝くじの当たる買い方

多くの人が知りたいのはやはり「宝くじが当たる買い方」でしょう。

ここでは、当選確率が上がるとされる10種類の買い方を解説します。

連番(10枚1セット)

連番は、番号が連続する10枚を1セットで買います。

宝くじは「54組 20200315番」という風に、組・番号が表示されています。

この後半の「○○番」の部分が連続になっているものを買うわけです。

宝くじの売場の方で、すでに「0~9」の10枚1セットを用意しています。

たとえば「56組 000000000番」~「56組00000009番」という具合です。

0~9までキリよく10枚がセットになっているわけですね。

バラ(全枚違う組で買う)

バラは組も番号もすべて違います。

  • 38組 10532247番
  • 41組 52550006番
  • 57組 31778002番

といった具合です(数字は完全に例として出したものです)。

こうして組も番号も異なりますが、最後の下1桁の番号は法則があります。

必ず「0~9」が1枚ずつ入るわけです。

上の例でいうと「7・6・2」はあるので、残りの7枚の末尾は「0・1・3・4・5・8・9」のどれかとなります。

下1桁で全部の番号があるので、必ず6等の300円は当たるようになっています。

縦バラ

縦バラは、まず「バラを3セット」買います。

それぞれのセットは、単体で見るとただのバラ10枚です。

しかし、それを3セット買います。

そして、下記のように「縦にすると3連番になる」ように買うのです。

1セット目 24組524571 37組828042 79組324063 続く…
2セット目 24組524572 37組828043 79組324064 続く…
3セット目 24組524573 37組828044 79組324065 続く…

末尾の数字を見てください。

「1・2・3」「2・3・4」と、縦で見ると「3つの連番になっている」ことに気づくでしょう。

たとえば、1等が2セット目の「24組524572」だったとします。

この場合、普通のバラ買いだと2セット目を「横に持っているだけ」です。

そのため、1等の「24組524572」の前後の番号を持っていません。

よって、1等は取れても前後賞は取れないのです。

しかし、1セット目と3セット目で「前後の番号を確保」しておくことで、前後賞も狙えます。

もちろん、全部外れることもあります(その方が当然多いものです)。

ただ「1等+前後賞」という、宝くじで一番稼げるパターンについて、チャンスが生まれるということです。

要は、そのような一発大ホームランの可能性を残すやり方です。

連番といっても3連番であり、通常の連番のように10連番ではありません。

そのため、単純計算で大ホームラン(一等賞+前後賞)の確率は3分の1になります(10対3なので)。

そう考えると「トータルではさほど意味がない」のですが、あくまで楽しみを残すためのやり方です。

3セットをあえてバラで買うメリットは、バラであちこちの前後賞・一等賞に当たる可能性を残すことです。

また当日に番号をチェックする楽しみも生まれます。

縦連(30枚通し)

縦連は連番の3倍バージョンです。

普通の連番 10枚
縦連 30枚

このように、連続する番号が10から30に増えます。

その範囲内で「1等+前後賞」の確率がさらに上がるわけです。

もちろん、3倍買うわけなので3倍の費用がかかります。

負担を大きくして確率を挙げるという点で、ハイリスクハイリターンのやり方といえます。

普通に連番を3セット買うだけだと、組が異なったり、番号がずれたもの(桁が違うもの)を渡されます。

そのため、30枚連続で買いたいときは「縦連」と注文するのです。

30枚とは決まっていませんが、メジャーなのが30枚なので、縦連は「30枚通し」とも呼ばれます。

100枚ぶっ通し

100枚ぶっ通しは文字どおり連番で100枚全部買うということです。

「10000」から「10099」まで100枚を全部買うというイメージですね。

これだと、購入金額の20%に当たる6000円は必ず戻ってきます。

理由は、6等300円が10枚で3,000円と、5等3,000円が1枚で、合計6,000円になるためです。

「宝くじが20%オフで買える」ということで、まとめ買い割引のような感覚でこの方法を選ぶ人もいます。

特バラ

特バラは文字どおり「特別なバラ」です。

具体的な内容は下のとおりです。

  • 下1桁が00~99まで全部違う
  • 組も全部違う

下1桁も組番号も全部違うというのは、普通のバラでも同じです。

特バラはそれを「100枚分買う」ので、00~99までの番号を完全制覇できるのです。

もちろん100枚買うため3万円の費用がかかります。

これもやはり「全番号をチェックする楽しみを残す」というためにあるものです。

特連

特連は「特別な連番」です。

何が特別かというと「10組買う」ということです。

通常の連番は、連続する10枚がすべて「同じ組」です。

そのため発表日に「当選組」を見るだけで「ハズレ」というのがわかってしまうわけです。

組番号を見るだけで「全滅」とわかるわけですね。

これでは楽しみがないので、楽しみを増やすために10組分連番で買うのです。

費用は10倍かかりますが、チェックする楽しみも10倍になります。

当たる確率も上がりますが、その分お金もかかっているので、どちらかというと楽しみのためのやり方です。

特連スペシャル

特連スペシャルは、特連をさらに豪華にしたものです。

簡単にいうと特連は100枚なのに対し、特連スペシャルは1000枚を購入します。

これにより「000~999」の番号をすべて網羅するのです。

また、番号だけでなく組についても、01組~100組まですべての組を揃えます。

このため、どのくじでも高額当選の可能性が生まれます。

同じ売場で買い続ける

同じ売場でずっと外れ続けることは、数学的に考えると確率が低くなります。

あくまで数学の確率ですが、同じ場所で買い続けるほど当たる確率は上がります。

もっとも上がると言っても本来の宝くじが当たる確率自体が低いので、あくまで気休め程度です。

しかし、売り場を変えるのと変えないのとでは、変えない方がいいということは理解しておきましょう。

10年以上買い続ける

宝くじの公式サイトがリリースしている「宝くじ長者白書」という資料があります。

この資料によれば、高額当選者の66%が10年以上購入しているということです。

逆に「今回が初めて」という人は4%で、10年以上の継続組が圧倒的に有利というのが数字でわかります。

もちろん、続けるほど当選確率が上がっていくのは数学的に当然のことです。

宝くじ公式の資料ということは、要するに「宝くじを買わせたい」わけです。

そのため「10年以上継続して買わせるためのデータ」(データ自体は事実でしょうが)を公表していると考えるべきでしょう。

宝くじが当たる確率は、北海道の上空から落とされた1円玉が自分の頭上に当たる確率とされます(年末ジャンボの1等の場合)。

完全に天文学的な確率であり、当たることはまずないといってもいいでしょう。

このように不確かな稼ぎ方に頼るよりも、高い確率で月収100万円や300万円を稼げる仕事を選ぶべきです。

そのような仕事として当サイト・副業研究所がおすすめするのがスマホdeマネーです。

スマホ1台でスキマ時間を有効利用して稼げるので、興味がある方はぜひ下の公式サイトを確認してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

宝くじが当選する確率

宝くじが当選する確率

宝くじを買おうとするとき、誰もが知りたいのは当選する確率でしょう。

ここでは、連番・バラの両方で、宝くじが当たる確率を解説していきます。

(宝くじ全体での当選確率は最後に説明します)

連番の場合

連番だと1等プラス前後賞を全部ゲットできる確率が上がります。

上がるというより、バラだと3枚当選はできないのです。

当然ながら、3枚当選するには最低でも3連番で買っている必要があるためです。

このため、縦バラという方法で「3連番のバラをたくさん用意する」という手法もあります。

バラの場合

バラの場合、特に前後賞だけ当たる確率が高まります。

あちこちに番号をばらまいている分、そのどれかが前後賞に引っかかる可能性があるためです。

もちろん、前後賞だけでなく一等賞の引っかかる確率もあります。

このため「バラの方が若干全体の当選確率が上がる」という説もあります。

しかし、専門家の間でも意見が割れており、おそらく違いがあったとしても小さなものといえます。

ちなみに、連番でもバラでも年末ジャンボ宝くじの1等が当選する確率はほぼゼロです。

東京ドーム363個を満員にした状態で、その中から1人が選ばれる確率とされます。

東京ドームは5万5,000人収容なので、全体で2000万人の中から1人が選ばれるということです。

「何度生まれ変わっても当たらない」と言っても、過言ではないでしょう。

このようなものでお金をドブに捨てるよりも、高い確率で稼げるスマホ副業をするべきです。

スマホ副業の中でも、当サイトが最もおすすめするのはスマホdeマネーです。

スマホdeマネーの詳しいやり方や始め方などは、下のリンク先をご覧ください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

宝くじの買い方に関するQ&A

宝くじの買い方に関するQ&A

宝くじの買い方に関して、多くの人が疑問に思うことは共通しています。

ここではそうした宝くじの買い方でよくある質問をまとめていきます。

連番とバラどっちが良いの?

連番とバラの当たる確率の違いについては、専門家の間でも意見が分かれています。

両方同じという意見もあれば、バラの方が当たりやすいという意見もあります。

違いを挙げると、たとえば連番の場合抽選の日に「組」を見るだけで自分が当選かハズレかわかってしまいます。

時間がムダにならなくていいとも言えますが、当たったかどうかチェックする楽しみというのも減ってしまいます。

そのため1枚ずつチェックする楽しみを持ちたいという人はあえてバラを選ぶこともあります。

高額当選にもさまざまなパターンがあり、パターン別にどちらが良いかを書くと、下のとおりです。

1等+前後賞 連番がいい
1等だけ どちらでも同じ
1等または前後賞 バラがいい

最初の「1等+前後賞」と「1等または前後賞」の違いがわからないという人もいるでしょう。

「1等+前後賞」は、1等と前後を合わせて3枚一気の当選を狙うというものです。

もし当たったら一攫千金が可能となります。

続いて「1等または前後賞」の場合、3枚セットはありえません(バラなので)。

しかし、1等だけ当たる、前後賞だけ当たるという確率は高くなります。

あちこちに数字をばらまいているので、特に前後賞にヒットする確率が上がるのです。

このように微妙な違いはありますが、一番の違いはやはり発表日に楽しめるかどうかでしょう。

楽しみを重視するのであればバラを買うべきです。

宝くじは必ず少しは当たるって本当?

これは本当です。

10枚に1枚は必ず6等の300円が当たるようになっています。

10枚購入すると3,000円なので、10%は必ず戻って来るということです。

ただ、もともと宝くじはタダの紙なので値段などあってないようなものです。

そう考えると戻ってきたと言っても、特に意味はありません。

高額当選者がよく出る売り場で買うべき?

あれは交通費と時間が無駄なので、達人はやりません。

高額当選者がよく出るのは、単純に売っている枚数が多いだけです。

枚数が多ければ当選者も多く出るのは当然です。

そして、全国から人が来るのでさらに販売枚数が増え、さらに当選者が増えるということです。

売り場の違いがあるとしたら、せいぜい「同じ売り場でずっと買う」ことくらいになります。

宝くじはもともと「ほぼ完全に当たらないもの」なので、このように買い方を考えることはあまり意味がありません。

お金を稼ぎたいのであれば、実際に働くのが一番なのです。

そして、やみくもに働いてもワーキングプアになるだけなので、効率的に稼げる仕事をするべきです。

当サイトがそのような仕事として特におすすめしているのが、スマホdeマネーです。

スマホ1台で、特別なスキルなどがなくても稼げる仕事なので、ぜひ下記公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】宝くじの当選しやすい買い方

【まとめ】宝くじの当選しやすい買い方

宝くじの当たりやすい買い方というのは、あくまで気休めに過ぎません。

もともと宝くじ自体が当たらないものなので、効率的なスマホ副業などに取り組む方がいいでしょう。

お金を稼ぐ方法についてはこちらの記事でまとめているので合わせてご一読ください。

宝くじ以外にも多くお金を稼ぐ方法は存在しますよ。

当サイトが推奨するスマホdeマネーなら、1日5分などのスキマ時間でもコツコツと稼ぐことができます。

月収100万円以上も狙えるビジネスなので、興味がある方はぜひ下のリンク先を確認してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*