また仕事で失敗したの?そんな人のために対処法と解決策を紹介!

また仕事で失敗したの?そんな人のために対処法と解決策を紹介!

 仕事で失敗をしてしまった時、多くの人が「次からは失敗をしないようにしよう」と考えます。

その上で「次からどうすれば失敗せずに業務をこなせるか」を考える人もいれば、「失敗しないように行動すること自体をやめてしまう」人もいます。

ただ、大前提として仕事で失敗するのは当たり前のことです。ここで知らなければならないのは、失敗しないことが重要なのではなく、失敗をどう反省して次に繋げるか、という方が重要ということです。

この記事では仕事で失敗しがちな人の特徴や、失敗した時の考え方、また失敗するのは能力の問題なのかということについて解説していきます。

この記事を読むとわかること

  • 失敗しがちな人の特徴
  • 失敗した時にすべきこと
  • 失敗は能力の問題ではない?
  • おすすめ副業5選

仕事で失敗しがちな人の特徴や対処法は下で触れています。

ですが、やはりそれでも仕事の失敗はなくなりません。失敗は本当に人間に付き物なのです。

私達は機械ではありません。人間です。なので、まずミスをすることはしょうがないということを認識しましょう。

それでも、何度気をつけても仕事での失敗が多いという方は「その仕事が自分に向いていない」という事を考えましょう。決して自分を責め立てることはしないでください。

ですが、向いていないからと言って簡単にやめられるものでもありません。そこでおすすめしたいのは副業。

中でもセレクトはおすすめです。登録するだけで手軽に副業情報を得ることができますし、それをただスマホ一台でこなすだけで月100万円の収入すら見込めます。

是非一度公式サイトをチェックし、登録してみてください!

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

仕事に失敗しがちな人の特徴

仕事に失敗しがちな人の特徴

仕事で失敗しがちな人には特徴があります。もちろん前述したように、失敗しないようにするということは重要ではなく、失敗してそこからどう改善していくかが重要です。

ただ、あまりにも失敗を多発してしまうと、自分自身のモチベーションはもちろん、周囲の印象にも悪影響を与えてしまいます。

そこでここからはケアレスミスを多発する人の特徴を見て、どうすればいいのかを解説していきます。

ポイント

  • 集中力がすぐ切れる
  • メモを取らない
  • 事前確認を十分にしない
  • 仕事を俯瞰できていない
  • コミュニケーションが曖昧
  • 好きなことを仕事にできていない

集中力がすぐ切れる

人は集中力が切れてしまうと思わぬミスを引き起こしてしまったりします。これはどんなに優れた人であっても当てはまります。

そのため、集中力がすぐに切れてしまうという人は「どうすれば集中力を切らさずに仕事をできるか」ということを考える必要があります。

実は仕事で成果を出している人は適度に休憩を取っていることが多く、仕事で成果を出せない人ほどダラダラと長時間仕事をしているという統計データがあります。

人間が集中できる時間は限られており、これは誰しも一緒です。だからこそ適度に休憩を取るなどして、「集中力が切れている状態で仕事をしない」ことが重要です。

自分でビジネスをして、いつも考えていると集中力が増すと言われています。

「セレクト」のような簡単なビジネスから、始めてみるのもいいかもしれませんね。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

メモを取らない

人間の記憶ほど当てにならないものはありません。エビングハウスの忘却曲線では、人が何かを学んだ時、20分後には42%忘れてしまうとしています。1日後では何と内容の67%が忘れ去られてしまうということです。

つまり、たとえば上司に教えてもらった内容を頭で覚えようとしても、忘れてしまう可能性が低くないということです。

その結果、一度教わったことをもう一度聞くわけにもいかずに放置して、後で失敗してしまうというわけです。

教わったことや気付いたことはメモに取る習慣をつけることで、ケアレスミスを防ぐことが可能になります。

事前確認を十分にしない

人と人とのコミュニケーションには齟齬が生じることがよくあります。ここを明確にしておかないとお互いの時間を無駄にしてしまうどころか、場合によっては重大な失敗につながることもありえます。

たった一手間ですが、例えば誰かとの打ち合わせが合った場合は事前に「◯時◯分にお伺いします」と一報入れるなどすることで、相手も安心しますし、こちらも再確認をすることが可能になります。

仕事を俯瞰できていない

目の前の業務のことしか考えられない人がいます。実はこれは自分の業務に責任感がある人が陥りやすいのですが、他を省みずに自らの業務に没頭してしまうというわけですね。

その結果、他部署から来ている要請を見逃してしまったり、クレームを受けた際に自分の部署とは関係ないとしてお客さまをたらい回しにしてしまったりということが起きてしまいます。

まずは全体の中で自分の業務はどの位置づけにあるのかを把握して、優先順位をつけることができるようになると失敗を防ぐことができるようになります。

コミュニケーションが曖昧

最近ではコミュニケーションが曖昧な人が多いようです。たとえば飲み会の約束をする際でも「行けたら行く」のような表現です。

ただ、プライベートはまだしも仕事においては曖昧な表現は思わぬ誤解を生むことに繋がります。特に上司への報告をする際は、数字を使って定量的な表現で伝えることが重要になります。

たとえば「今月の予算は達成出来そうです」というのと「今月の予算◯◯円に対して現状◯◯円で、達成率が◯%なので達成出来そうです」では納得感も全く違うものになるでしょう。

また、たとえば営業の場合は曖昧な表現は取引先にとって不利益しか生まず、「出来るか出来ないか」を明確にすることが必要です。

そもそも、コミュニケーションが苦手ない人は、人と関わらない「セレクト」のような仕事を始めることをおすすめします。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

好きなことを仕事にできていない

好きなことを仕事にすると、毎日仕事に対する意欲がわいて、楽しく毎日を過ごせるようになります。

おのずとミスも減り、毎日を楽しく過ごすことができると言われており、逆に嫌いな仕事をしている人は、適当に仕事をしてしまい、ミスも増えると言われてしまいます。

好きなことを仕事にしたいと考えているあなたはこちらの記事もご一読ください。

仕事に失敗・大失敗した時にすべきこと

仕事に失敗・大失敗した時にすべきこと

失敗しないことが重要なわけではなく、失敗してそこからどう改善するのかが重要、ということを前述しました。では実際に仕事で失敗してしまった際はどのように考え、行動していけばいいのでしょうか?

ここからは仕事で失敗をしてしまった時にすべきことについて解説していきます。

ポイント

  • 失敗を受け入れる
  • なぜ失敗してしまったのかを考え、仮説を複数立てる
  • 次からの業務に活かしてみて仮説の答え合わせをする

失敗を受け入れる

まず重要なことは「失敗を受け入れる」ということです。失敗を失敗と思わなければ改善することはできません。

そのため、仕事でミスをしてしまった場合はまず受け入れて、そこからどう改善していけばいいのかを考えていくことが重要となってきます。

管理職などの上位職になればなるほどプライドが邪魔をしてしまうため、こういった方は意識的に自分を見つめ直していくことが必要です。

なぜ失敗してしまったのかを考え、仮説を複数立てる

「PDCAサイクル」という言葉があります。これは物事を改善していく際に「計画」「実行」「評価」「改善」を繰り返していくことで成果が出るという考え方です。

仮説は「計画」の部分に当たります。たとえば、会社に3回連続で遅刻をしてしまったとします。

その場合、「そもそも目覚まし時計の設定時間が遅すぎるのではないか?」「会社に到着予定の時間がギリギリすぎて、電車が少しでも遅延すると遅刻してしまう」「会社に着いてから喫煙所にいって、ついつい始業に遅れてしまう」などの問題点が出てきます。

それに対して、「だったら目覚まし時計の設定時間を30分早めてみてはどうか?」など複数の仮説を立てていきます。

「スマホdeマネー」のような副業をして、その中でPDCAを回せば、自業務におとしこめたりもするので、副業を始めてみるのもおすすめでしょう。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

次からの業務に活かしてみて仮説の答え合わせをする

そして仮説を実際に次の業務で実行してみることによって、変化したことを自分なりに評価し、改善をしていきます。この工程を繰り返していくことによってどんどん成長できるようになっていきます。

仕事の失敗は能力の問題ではない?

仕事の失敗は能力の問題ではない?

「自分は能力が低いから仕事で失敗してしまう」と考えやる気を失っている人がいますが、実は仕事の失敗は能力の問題ではありません。

失敗は経験値で埋めることが可能です。もっと単純にいうと、「人は同じ失敗を2度しない、だから経験を積めば積む程失敗しないようになる」ということです。

つまり、逆説的にはなりますが、失敗しながら多くの経験を積むことによって、失敗しないようになっていくということです。

そうすると課題に直面した際に、「あの時はこう解決したな」というように、その時するべき行動が見えてくるようになります。

是非、失敗の重要性を踏まえてたくさんのトライ&エラーを繰り返して頂きたいと思います。

よく仕事で失敗する人におすすめ楽な仕事5選

よく仕事で失敗する人におすすめ楽な仕事5選

これまで様々なトライ&エラーを繰り返すことで経験を積んでいくことが重要と述べてきました。

そこでここからは経験を積みながらお金を稼ぐことができる一石二鳥の副業について紹介していきます。

他にもおすすめの楽な仕事を知りたいあなたはこちらの記事もご一読ください。

セレクト

セレクト

セレクトは、LINEアプリだけで利用することができる副業アプリです。登録をした後、様々な副業が紹介されるので気に入った案件を選ぶことができます。

副業の内容としては短期間でこなせるものの方が多いため、スキマ時間などで効率的に取り組むことが可能です。副業初心者にも最適ですね。

登録するのはすぐにできますので、興味のある方は登録だけでも済ませてみてはいかがでしょうか?

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

金活プロジェクト

金活プロジェクト

こちらのプロジェクトは一定数の人数に達した場合、募集が打ち切りになるという点に特徴があります。また、稼げたお金は最短翌日に入金されるため即金性の高い副業と言えるでしょう。

詳しくは公式サイトを見て頂きたいのですが、4ステップの作業をこなすことでお金を貯めることができるというシステムとなっています。

\月300万円も目指せる!/

金活プロジェクトに
今すぐ登録する!

アフィリエイト

アフィリエイト

アフィリエイトとはどういったものかというと、サイトからの広告収入を得ていくというビジネスモデルになります。

具体的にいうと、サイトに訪れた人が広告を経由して商品を購入した場合に、売上の一部が報酬として支払われるという仕組みです。

アフィリエイトをするためにはまずサイトを立ち上げる必要がありますが、「WordPlus」を利用することですぐに完了することができます。

リーズナブルな価格で利用出来るので、アフィリエイトに興味がある方は公式ページを確認してみて下さい。

\簡単にサイトを作れる!/

WordPlusを
今すぐ確認する!

マネーバンク

マネーバンク

マネーバンクでは、「入手したマネーバンクをチェック」「マネーバンクを基に携帯(パソコン)を操作」することで口座にお金が入金されるというシステムを取っています。

スマホ1台で完結出来るので興味のある方は公式サイトをチェックしてみて下さい。

\幅広い世代に対応!/

マネーバンクに
今すぐ登録する!

FX

FX

FXとはどういったものかというと、他の国の通過を売ったり買ったりして、その差益を狙っていくことです。

例えば、1ドル100円の時に購入して、1ドル130円の時に売った場合、30円の利益が出ることになります。この仕組みを利用して利益を出していくわけですね。

また、レバレッジで自分の貯金より大きい額で取引することも可能です。

リスクは大きいですが、大きく稼げるのが魅力です。

\FXを始めるなら!/

DMM FXに
今すぐ登録する!

【まとめ】仕事の失敗・大失敗について

【まとめ】仕事の失敗・大失敗について

この記事では、失敗しないことが大事なのではなく、失敗してそこからどうするかが大事ということを解説してきました。

そして、トライ&エラーを繰り返して様々な経験を積むことによって、失敗の数も減っていくということも併せてお伝えしました。

そこで、様々な経験を積みながら収入も得られる方法として、先ほども紹介した「セレクト」をおすすめしたいと思います。

「セレクト」はスマホ1台で完結できるため、体力がないという方でも安心して取り組むことができます。

だれでも気軽に始めることができるので、気になる方は公式ページをチェックしてみて下さい。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*