起業のメリット・デメリットを詳しく解説!知っておけば危険を回避できる!

起業のメリット・デメリットを詳しく解説!知っておけば危険を回避できる!

この記事では、起業のメリットやデメリット、最悪のケースを回避するための方法について徹底解説していきます。

「起業のメリットとデメリットが知りたい!」
「起業して失敗しないためにはどうすればいいの?」

このように思っている方にとっては非常に役立つ内容なので、是非最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • 起業のメリット
  • 起業のデメリット
  • 起業のデメリットを回避する方法
  • 起業のメリットを受けるのにおすすめの副業

先に結論から言うと、起業の主なメリットは「節税対策になる」ことや「経済力を得られる」こと、「稼ぐ力が身につくこと」などです。

一方で、起業のデメリットとしては「借金を背負う可能性がある」ことや「休日がなくなる」などが挙げられます。

起業に失敗して借金を背負うことを回避するためには、副業から始めるのがおすすめです。

なぜなら、副業を行うことで起業する際の資金を集めることができるからです。

では、どんな副業がおすすめなのか?というと、起業の勉強をしながら稼いでいける「プチ起業」です。

「プチ起業」に登録すると、起業する際に役立つ情報を無料で受け取ることができます。

後ほど詳しく解説しますが、既に興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

起業のメリット

起業のメリット

まずは、起業することのメリットについて解説していきます。

起業のメリットは様々ありますが、特に大きなメリットとしては以下の4つになります。

起業のメリット

  • 自分の好きなことができる
  • 節税対策になる
  • 稼ぐ力が身に付く
  • 経済力を得られる

成功したら自分の好きなことを仕事にできる

起業をすると自分の好きな事業を行うことができます。

会社員の場合は、上司からの指示で嫌な仕事もしなければいけませんが、起業した場合は全て自分の自由です。

好きなことに専念できるため、仕事に没頭することが可能になります。

起業で成功したいあなたはこちらの記事もご一読ください。

節税対策になる

会社を設立すると役員報酬を受け取ることができます。

個人事業主とは違って「給与所得」として税金を納めることになるわけです。

事業所得の 65 万円青色申告特別控除ではなく、給与所得控除が適用されるため、個人事業主よりも節税することができます。

稼ぐ力が身に付く

起業することで「稼ぐ力」を身につけることが可能です。

自分のビジネスで稼げるようになれば、人や会社に依存した生活から解放されます。

万が一の時でもゼロからお金を生み出せるようになるので、精神的にもタフになります。

経済力を得られる

起業して成功すれば、経済力を得ることができます。

会社勤めだともらえる給料に限界がありますが、起業した場合だと売り上げに限界はありません。

事業が上手くいけばいくほど、経済的に豊かになっていきます。

また、従業員を雇えば時間的自由を手に入れることも可能です。

起業のデメリット

起業のデメリット

次に、起業をすることのデメリットについて解説します。

以下のデメリットを許容できない場合は、起業をしない方が良いでしょう。

起業のデメリット

  • 失敗する可能性は高い
  • 借金を背負う可能性がある
  • 休日がなくなる

失敗する可能性は高い

起業は1度で成功する可能性は非常に低いです。

起業経験者に聞いてみれば分かりますが、彼らも最初は何度も失敗しています。

起業は失敗する可能性が高いため、今期度よく何度もチャレンジしていく必要があるのです。

1度失敗して心が折れるようでは、この先会社を経営していくことは難しいと言えます。

借金を背負う可能性がある

多額な資金が必要なビジネスを手掛けた場合、借金を背負ってしまう可能性があります。

起業したての頃は資金が必要になる時期と同時に、失敗しやすい時期でもあるからです。

借金を恐れるのであれば、できるだけローリスクで始められるビジネスを選ぶべきです。

休日がなくなる

事業が軌道に乗るまでの間は、基本的に休日はありません。

自分が休みたい場合は自由に休めますが、その分売り上げにもろ影響が出てきます。

利益を上げるのが難しい初期の頃はとにかく働くしかなく、会社員時代のような休日はなくなってしまいます。

他にもある起業のメリット

他にもある起業のメリット

先程、起業することのメリットを紹介しましたが、他にも得られるメリットは存在します。

ここでは、起業で得られるメリットを状況別に解説していきます。

若者の場合

若者とは、主に大学生などですね。

大学生が起業するメリットは、学生ならではのサービスを展開できることです。

例えば、同じ学生に向けたイベントを行ったり、企画を進めたりすることです。

その他にも、若い間は思う存分失敗できるといったメリットもあります。

障害者の場合

障碍者の方が個人事業主として起業すると、個人事業税が減免されることがあります。

減免の条件としては以下の通りです。

  • 合計所得金額が370万円以下の場合
  • 納税者、または扶養親族等が障害者である場合

上記の2つを満たしている場合は、個人事業税を節税することができます。

税金はわりと負担になりますので、節税したい方にとっては嬉しいですね。

女性の場合

女性が起業すると、女性向けの商品やサービスで成功しやすくなるといったメリットがあります。

なぜなら、女性が考えた商品・サービスの方が、男性起業家が考えたアイデアよりも顧客ニーズを満たせるからです。

主婦層をターゲットにした会社で活躍できる可能性がアップします。

起業のデメリットを回避する方法

起業のデメリットを回避する方法

先程、起業することのデメリットは主に3つあると解説しました。

起業のデメリット

  • 失敗する可能性は高い
  • 借金を背負う可能性がある
  • 休日がなくなる

では、上記のデメリットを回避するためにはどうすれば良いのでしょうか?

結論から言うと、いきなり起業する前にまずは副業から始めることです。

副業はビジネスの練習になりますし、起業に必要な資金を集めることができるからです。

先程も解説した通り、起業したからといって1度で成功できる保証はありません。

むしろ最初は失敗してしまう可能性の方が高いです。

起業する際に銀行から融資を受けていた場合は、借金を抱えることになるでしょう。

しかし、副業であればローリスクで始められますし、万が一失敗したとしても本業の収入が支えになります。

副業ですので、平日に作業すれば休日がなくなることはありません。

もちろん週末起業のようなやり方もあるので、気になるあなたはこちらの記事もご一読ください。

起業の練習としてはもってこいなので、まずは「プチ起業」のような副業から始めるようにしましょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

起業のメリットを受けるのにおすすめの副業

起業のメリットを受けるのにおすすめの副業

「いきなり起業する前に、まずは副業から始めるべき」と言いましたが、どんな副業を選べば良いのか分からないかもしれません。

そこで、ここからは、起業と同じようなメリットを得られる副業を5つに厳選して紹介していきます。

どれも無料、もしくはローリスクで始められる副業ばかりなので、是非参考にされてください。

起業のメリットを受けるのにおすすめの副業

  • プチ起業
  • アフィリエイト
  • スマホdeマネー
  • どこでもビジネス
  • YouTuber

プチ起業

プチ起業

「プチ起業」とは、会社勤めをしながら隙間時間に小さく起業していく為の講座です。

このプログラムでは、ちょっとした空き時間を有効活用して、本業とは別の収益源を作っていきます。

登録が済むと無料で情報を受け取ることもできますが、本編が語られる有料講座も用意されています。

将来、本格的に起業するつもりの方は、有料講座の方も受けてみた方が良いでしょう。

とはいえ、無料の情報だけでも十分役立つノウハウを知れるので、とりあえず登録してみるのもありです。

今の内から起業の練習をしていきたい方は、「プチ起業」の公式ページをチェックしてみてください。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

アフィリエイト

アフィリエイト

アフィリエイトとは、商品を広めていきたい企業と消費者をつなげるビジネスです。

稼いでいく仕組みはいたってシンプル。

自分のメディアに企業の商品広告を掲載し、そこから商品を購入されると報酬が発生する仕組みです。

結果が出るまで時間がかかりやすいですが、初期費用が少ないため多くの副業初心者が参入しています。

ただ、最初にサイトを立ち上げる際、初期設定などに手間取ってしまうのがアフィリエイトの難点です。

スムーズにアフィリエイトを開始したい方は、「WordPlus」などの代行サービスを利用した方が良いでしょう。

「WordPlus」はサイト作成の面倒な作業を代行してくれるので、初心者でもすぐにアフィリエイトを始めることができます。

\簡単にサイトを作れる!/

WordPlusを
今すぐ確認する!

スマホdeマネー

スマホdeマネー

「スマホdeマネー」は、LINEアプリを使って簡単に取り組むことのできるネットビジネスです。

基本的に作業は10分程度でできる簡単なものしかありません。

なので、サラリーマンやOLの方でも、空いた時間を有効活用しながら企業の資金を増やすことができます。

また、「スマホdeマネー」は稼ぐのに必要なスキルはほとんどないため、副業初心者だったとしても取り組みやすいでしょう。

登録費はいっさいかかりませんので、興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

どこでもビジネス

どこでもビジネス

「どこでもビジネス」とは、名称通りどこでもビジネスができる副業アプリです。

必要なものはスマホだけなので、時間や場所を選ばずに作業をすることができます。

また、「どこでもビジネス」は辞めたくなった際にいつでも辞めることが可能です。

なので、会社のように嫌な思いをしながら続けなくても大丈夫。

まずは、「お試し感覚」で始めてみるのも良いかもしれません。

こちらも会員登録は完全無料なので、少しでも気になった方は公式ページを覗いてみてください。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

YouTuber

youtuber

「YouTuber」は今人気の職業ですね。

YouTube上に動画をアップしていき、再生回数やチャンネル登録者数に応じて報酬が発生します。

いきなり起業するよりもリスクが低いため、初めに手を付けるビジネスとしてはもってこいです。

ただ、動画に広告を掲載する為には、基準とされる動画再生回数やチャンネル登録者数を満たしていないといけません。

なので、その基準を満たすまではYouTubeでただ働きすることになります。

できるだけノーリスクで副業を始めたい方は、YouTubeも検討してみると良いでしょう。

【まとめ】起業のメリットとは?

【まとめ】起業のメリットとは?

この記事では、起業のメリットやデメリット、最悪のケースを回避するための方法について解説してきました。

起業の主なメリットは、「節税対策になる」ことや「経済力を得られる」などがありましたね。

逆に、起業のデメリットとしては「借金を背負う可能性がある」ことや「休日がなくなる」などがあったと思います。

また、起業で起こり得る最悪のケースを回避する方法は、まず副業から始めることでした。

そこで、起業の良い練習となるお手軽な副業として、先ほども紹介した「プチ起業」をおすすめしたいです。

「プチ起業」に登録すると、隙間時間を使って起業する為の方法を学ぶことができます。

将来的に起業したいと考えている方は、「プチ起業」に無料登録してみてはいかがでしょうか?

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*