起業に必要な費用はどれくらい?資金はどうやって集める?

誰もが新しい事業を始められる時代になってきました。

会社に通って働くのも一つの働き方ではありますが、自由な働き方を考えると、「起業」を視野に入れたくなることもあるでしょう。

起業というと難しそうなイメージを持っている人も多いですが、実際にはそこまでハードルが高いものではありません。

起業をするためにはある程度の費用は必要ですが、どんな資金が必要なのでしょうか。

今回は、起業に必要になる費用について紹介するとともに、資金の集め方などについても触れていきます。

この記事を読むとわかること

  • 起業資金一覧
  • 一円企業の場合はどうなる?
  • 起業資金の集め方

資金を集めるなら「当サイトのおすすめ副業サービス」を使うのが一番おすすめ。

まだ登録していない方は今のうちにしておきましょう!

簡単スマホ副業   →副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\登録者のほとんどが稼げてる!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

起業するのにはお金がかかる?

起業するのにはお金がかかる?

起業をすること自体は、役所に届け出を出すだけなので手続きはさほど難しいものではありません。

しかし起業をするとなると、資本金などが必要になるので、そちらをきちんと頭に入れた上で事業を始めるようにしましょう。

起業をするためには、数万円の資金ではなく、ある程度まとまった額のお金が必要になります。

それは事業を進める上で必要になるものなので、不足して後から困ってしまわないように、あらかじめきちんとためて用意しておきましょう。

【種類別】起業資金一覧

起業資金一覧

起業をする際に必要になる資金には、いろいろなものがあります。

では、どのような資金が必要なのでしょうか。

個人事業主として独立開業する場合

個人事業主として事業を始める場合には、基本的に守らなければならないのは自分自身です。

事業が軌道に乗るまでは収入面の期待はできないので、数ヶ月先までの生活費をまとめて用意しておく必要があります。

また、事業を行うにあたって事務所などを借りる場合には、そこの権利金や家賃などもしっかりと用意しておかなければなりません。

会社から独立して開業する場合には、退職金や自分の貯金を使ってこのような資金を捻出すると良いでしょう。

そのため、開業をするためにはある程度貯金ができてから行うことが大切です。

個人事業主になる場合

個人事業主になる場合には、事業によってはさほど資金は必要になりません。

自分でデザイナーやライターなどの仕事を請け負うという場合には、自宅で作業をする分には事務所などは必要ありません。

基本的にパソコンなどのツールがあれば仕事ができるので、そのような必要なもの意外にお金をかける必要はないのです。

まずは個人事業主から始めてみると良いでしょう。

会社を設立する場合

会社を作る場合には、基本的に資本金というのが必要になります。

また、定款認証費用や登録免許税というのも必要になり、株式会社の場合は20万円程度、合同会社の場合には6万円ほどかかります。

しかしこれだけで会社が設立できるかというとそうではありません。

これは単に役所に納めるためのお金であって、他にも資本金や仕事で使う雑費なども用意しなければなりません。

こちらもある程度まとまった額が必要になるので、あらかじめ用意しておき、準備ができてから行うことが大切です。

事務所のみを借りたい場合

事務所のみを借りるという場合には、基本的に事務所の賃貸費用くらいです。

または仕事に使う機械の費用が必要になるくらいなので、さほど大きな出費にはなりません。

とはいえ毎月コンスタントに必要になるので、事業を始めるにあたっては数ヶ月分をあらかじめ用意しておいた方が後で苦労せずに済みます。

個人事務所を立ち上げるという場合には、事業が決まったらすぐに物件を探し、スムーズに事業に取り掛かれるようにする必要があります。

資金を集めるなら「当サイトのおすすめ副業サービス」を使うのが一番おすすめ。

まだ登録していない方は今のうちにしておきましょう!

簡単スマホ副業   →副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\登録者のほとんどが稼げてる!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

1円起業の場合はどうなるの?

1円起業の場合は?

会社の設立のためには、莫大な資金が必要になると考える人も多いでしょう。

しかし最近では、1円起業と呼ばれる起業の方法もあります。

1円起業というのはその名の通り資本金を1円のみで起業することを指します。

資本金は少なく済みますが、本当に1円だけで企業ができるかというとそういうものでもないので、注意が必要です。

1円起業の場合も資本金のほかに、事業設立のための費用が25〜30万円ほどかかります。

また、1円で起業をする場合には新規事業の取引がうまくいかなくなってしまう可能性もあるので、十分に注意してください。

起業後の資金はどのくらいかかる?

起業後の資金は?

起業をしたからといって、すぐに事業がうまくいくというわけではありません。

むしろ事業は最初からうまくはいかないということを頭に入れておく必要があるので注意しましょう。

起業をしてもすぐに利益につながるということはないので、少なくとも1年分の生活費300〜400万円ほどは事前に貯金をするなどして用意しておきましょう。

ぶっつけ本番で貯金もない状態で起業をするとなるとリスクが大きいので、あまりおすすめはできません。

起業を始める場合には、あらかじめきちんと準備をしてから行うことが大切です。

起業のための資金の集め方

資金の集め方

起業をするためには、事前にきちんとお金を集めておく必要があります。

では、この資金集めはどのように行えばいいのでしょうか。

副業で稼いで自己資金で始める

起業のための資金は、本業で働いているだけでは貯蓄できないことも多いです。

収入を増やさないことには資金を貯めることもできないので、起業資金を貯めるためには副業を行うのも一つの手段といえます。

副業といっても別の会社に勤めるということではなく、自宅で手軽にできるものも多いので、利用してみると良いでしょう。

誰でも手軽に始められるものが多いので、初心者でも簡単に利用できます。

金融機関から融資を受ける

すぐにでも起業をしたいという場合には、金融機関から融資を受けるのも一つの方法です。

融資には審査が必要にはなりますが、審査さえ通ってしまえば、ある程度まとまった額の融資を受けることができます。

会社を立ち上げるなどの場合には、まとまった額の資金が必要になる場合があります。

自分でコツコツと働いてお金を貯めるというのでもいいのですが、そうなるとどうしても時間がかかってしまいます。

融資を受けて少しづつ事業を始めていくというのも、賢い選択の一つです。

日本政策金融金庫から借りる

日本政策金融金庫というのは、業をしようと考えている人に資金を援助してくれる団体のことです。

銀行だと融資のために審査などが必要になり、審査も厳しめなので条件次第ではなかなか通りにくいこともあります。

日本政策金融公庫にも融資のための審査は必要ではありますが、銀行から借りるよりも融資の審査が通りやすいのが特徴です。

そのため、初めて融資を受けるという人でも始めやすいのが大きな魅力といえます。

資金を集めるなら「当サイトのおすすめ副業サービス」を使うのが一番おすすめ。

まだ登録していない方は今のうちにしておきましょう!

簡単スマホ副業   →副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\登録者のほとんどが稼げてる!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

副業で稼いで自己資金で始めるのがおすすめ

自己資金で始めるのがおすすめ

融資を受けて起業をするのも良いですが、融資を受けても結局は借金なので、あとで返す義務が発生します。

リスクなしで起業をするなら、融資よりも自己資金をためて行う方が良いでしょう。

理由①借金をしなくて済むから

副業は自分の仕事で資金を増やすので、誰かから借りるということではありません。

そのため、融資などとは違ってお金を返すという義務がないので、精神的な面でも安心してお金を貯めることができるでしょう。

副業をしても稼げないと感じる人もいるかもしれませんが、今はネットでできる簡単な副業でまとまった額の報酬を得ることも不可能ではありません。

自宅にいながら隙間時間でできるので、本業にも支障が出にくいのがメリットです。

理由②経営権を確保できるから

株式会社の場合は、株をたくさん持っている投資家が経営権を握る形になります。

そのため自己資金がないままに起業をしても、自分の思うように会社の運営ができなくなってしまうことが多いのです。

しかし自己資金をある程度確保した上で会社を運営していけば、自分がずっと株主であることができるので、経営権を手放さずに確保することができます。

起業のための資金を稼ぐのにおすすめの副業【5選】

副業5選

会社を興して自分で資金調達をしていく場合には、副業がおすすめであると紹介しました。

では、どんな副業をするのが良いのでしょうか。

おすすめのサービスを紹介するので、チェックしてみてください。

プチ起業

プチ起業

プチ起業は、自分だけの市場を作って資金を運営していく副業のことです。

今なら無料で市場を作る仕組みをレクチャーしてもらうことができるので、初心者でもお得にサービスを始めることができます。

LINEに登録するだけで簡単にできるので、スマホが利用できれば誰でも行うことができるのが大きな魅力です。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

スマホdeマネー

スマホdeマネー

スマホが1台あれば簡単に始めることができるのが、スマホdeマネーです。

月収100万円を目指すことも可能と言われているので、手間をかけずに起業のための資金を効率的に貯めていくことができます。

こちらもLINE登録で無料で行うことができるので、手間もかかりません。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

アフィリエイト

アフィリエイト

アフィリエイトは広告をブログに貼ることで、収益を得ることができるものです。

おすすめなのはWordPlusで、難しいWordPressの設定などを代行してもらうことができるので、気軽にブログの運営を始めることができます。

ブログを始めたいけれどどうしたらいいのかわからないという人は、こちらのサービスを利用してみると良いでしょう。

\簡単にサイトを作れる!/

WordPlusを
今すぐ確認する!

仮想通貨

仮想通貨

仮想通貨は、現金の通貨ではない仮想上の通貨でトレードを行い、利益を得ていくものです。

近年では注目度も高まっており、銀行を通さないので送金やトレードも24時間、いつでも行うことができるのが大きなメリットです。

銀行倒産で資金が戻ってこないというようなトラブルも少ないので、精神的な心配も少ないです。

どこでもビジネス

どこでもビジネス

どこでもビジネスはその名の通り、いつでもどこでも仕事をすることができます。

利用するコンテンツは全て無料で、10分程度の作業で済むので本業の邪魔にならずにお金を増やすことができるのが大きな魅力です。

面倒な時はいつでもやめることができるので、とりあえずやってみたいという時にも便利です。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

【まとめ】起業のための資金は副業で稼ぐべき

まとめ

今回は、起業のための資金集めについて紹介してきました。

起業をするためには資金集めをする必要がありますが、融資などを受ける場合にはあとで返さなければならないので注意が必要です。

副業としてネットのサービスを利用することで、時間をかけずに収入を増やすことができるので、起業のための資金を無理なく集めることができます。

ぜひ一度、副業を始めて起業に向けてのスタートダッシュを図りましょう。

資金を集めるなら「当サイトのおすすめ副業サービス」を使うのが一番おすすめ。

まだ登録していない方は今のうちにしておきましょう!

簡単スマホ副業   →副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\登録者のほとんどが稼げてる!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*