医師におすすめの副業!医師は絶対副業を始めるべき!

医師 副業

「医師におすすめの副業は?」

「医師は副業を始めるべき?」

このように思っていませんか?

副業を始める医者が増加している理由や医者にお勧めの副業について解説します。

今後、副業を始めようと思っている医者の方に向けた内容です。

医者が副業をするメリットについても解説していますので、ぜひ参考にされてください。

この記事を読んで分かること

  • 【厳選】医者におすすめの副業
  • 現在副業を始める医者が増加している理由
  • 医者が副業をするメリット
  • 医者が副業を始める上で注意すべきこと
  • 節税のためにおすすめの副業は?
  • 副業選びに迷った時の対処法

先に結論から言うと、副業を始める医者が増えている理由は主に以下の2つです。

  1. 医者の給料が良くないから
  2. 将来が安泰なわけではないから

こうした理由で副業を始めれば、自分の資産を増やすことができ、万が一医者を続けられなくなっても安心です。

そこで、副業として稼いでいきたい方におすすめなのがスマホdeマネーです。

スマホdeマネーはスマホだけで簡単に稼ぐことができます。

興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

スマホdeマネーの
概要を見てみる!

現在副業を始める医者が増加している理由

現在副業を始める医者が増加している理由

現在は、先で紹介したような副業を行う医者が増えています。

では、なぜ副業を行う医者が増加しているのでしょうか?

ここでは、副業を始める医者が増加している理由を解説します。

現在副業を始める医者が増加している理由

  1. 医者の給料が良くないから
  2. 医者とは言え将来が安泰なわけでもないから

理由①医者の給料が良くない

1番大きな理由としては、医者の給料があまり良くないからです。

非常に責任が思い業務のわりに、満足いく給料を受け取れない医者が多いようですね。

そういった収入の面で不満を抱えた医者が、続々と副業を始め出しているということです。

今は「医者の給料だけで生活していく」というつもりの人の方が少ないかもしれません。

理由②医者とは言え将来が安泰なわけでもない

2つ目の理由は、医者としての将来に不安を抱えているからです。

今はAIの急速な発展によって、様々なサービスが大きな変化を見せています。

医療の分野でも、「数年後にはAIが手術を行うようになる」などと言われていますね。

テクノロジーによって自分の仕事がなくなってしまう可能性があるわけです。

こうした時代の流れに危機感を覚えた医者が、次々と副業を始めているということです。

あなたも同じようなことで悩んでいるのなら、より一層副業について真剣に考えた方が良いかもしれません。

医者が副業をするメリット

医者が副業をするメリット

医者の副業について一通り把握したしたところで、まずは医者が副業をするメリットを解説します。

医者が副業をするメリットとしては以下の通りです。

医者が副業をするメリット

  • 資産を増やす事ができる
  • 医師として働けなくなっても安心

資産を増やす事ができる

これは、ブログビジネスやアフィリエイトを行った場合に得られるメリットです。

ネット上に自分の資産を作り、また増やし続けることができます。

ブログは自分が眠っている間でもずっと表示され続けますよね?

24時間フル稼働のブログにキャッシュポイントを設置すれば、立派な資産になります。

自分がゆっくりしている間にも、せっせとお金を運び込んでくれるでしょう。

投資での副業の記事も合わせてご参考ください。

医師として働けなくなっても安心

副業をする上で1番大きなメリットです。

副業をすれば、必ず自分が取り組んでいる分野でスキルが向上していきます。

医者とは違うスキルや知識が身につけば、他の分野を本業にできる可能性も広がるでしょう。

仮に医者を続けられない状況になったとしても安心ですね。

将来への不安を極限まで減らすことができます。

医者が副業をするデメリット

docter_sidejob_demerit

医者が副業をするデメリットを詳しく解説します。

メリットだけではなく、デメリットも把握しておきましょう。

医者が副業をするデメリット

  • 自分の時間が無くなる
  • モチベーションを保ちにくい

自分の時間が無くなる

医者が副業をする最大のデメリットは自分の時間が無くなることです。

そもそも業務が忙しい医者が副業に手を出すと自分の時間が無くなってしまいます。

特に、時間がかかる副業をする際には注意しましょう。

副業で稼いだ際の税金周りの手間も負担になります。

医者が副業をする場合には、自分の時間を確保することが大切です。

モチベーションを保ちにくい

医者が副業をするデメリットにはモチベーションを保ちにくいというものがあります。

高時給で働いている状態で時給1,000円程度の副業をすると達成感が出にくいです。

そのため、副業を継続し辛く、稼ぐのが難しくなります。

モチベーションを維持しやすい稼げる副業を行うようにしてください。

以下で医者におすすめの副業を解説していきます。

【厳選】医者におすすめの副業

【厳選】医者におすすめの副業

それでは、さっそく医者にお勧めの副業を3つに厳選して紹介していきます。

副業を検討している医者の方は、以下のような副業から取り組んでみると良いでしょう。

医者におすすめの副業

  • ブログ
  • アフィリエイト
  • 起業

アフィリエイト

アフィリエイト

アフィリエイトとは、ブログと同じようなものです。

自分が運営するメディア(サイトやメルマガ)に人を集め、案件を紹介することで収益化していきます。

例えば、自分のサイトでダイエットサプリを紹介したとしましょう。

サイト訪問者がサイト内の広告を経由して商品を購入すれば、自分のもとへ報酬が入ってくる仕組みです。

初期費用をほとんどかけずに始められるののが大きなメリット。

結果が出るまでに時間がかかりやすいですが、1度軌道に乗せればかなりの額を稼ぐことが可能です。

ブログ

ライブドアブログ

ブログを運営して収益を得る副業です。

自分が執筆したブログに読者を集め、広告や独自商品(サービス)によって稼いでいきます。

ブログで重要になってくるのが「個性」と「独自の視点」です。

今は情報が溢れかえっているので、ありきたりなことを書いても目に留めてもらえません。

専門性があり、個性的なブログだけが稼いでいける時代です。

そう考えると、医者としてブログを書くのは有利だと思いませんか?

医療に関する専門的な情報や独自の見解を綴れば、読者は次第に増えていくはずです。

アクセスさえ集まれば収益化できますので、この機会にチャレンジしてみると良いでしょう。

医療関係の方はぜひ参考にしてみてください。

起業

医者をやりながら、副業として小さく起業するのもありです。

医者としての経験を活かせば、色んな形で企業することができるでしょう。

とはいえ、リアルビジネスで起業する場合はどうしても初期費用がかかってしまいます。

それに経営難に陥ってしまえば、借金を抱えてしまうリスクすらあるのです。

なので、医者が起業する場合はオンライン上で行えるものが良いでしょう。

そこでネットで起業する際におすすめなのが、冒頭でも紹介した「プチ起業」です。

「プチ起業」は、ネットを活用して起業し、自分の独占市場を作っていくことができます。

会員登録は無料でできますので、気になる方は公式ページをチェックしてみてください。

医者は副業禁止?

ここでは医者が副業禁止かどうかを詳しく解説します。

医者として働いていて副業をしたい人はぜひ一読してください。

公務員として勤めている場合は禁止

公立の病院に公務員として雇われている場合は副業は禁止です。

病院が所属している自治体によって変わってきますが営利目的の業務が禁止されているので基本的にはできません。

しかし、公立の病院でも副業の内容によっては自治体が許可を出してい場合があるので、勤めている地域ごとに確認する必要があります。

バレないように副業をするのは非常に難しいので、公務員として働いているのであれば副業を行うことはおすすめしません。

バレてしまうと懲戒処分の対象になるので注意してください。

副業を行いたいのであれば民間の病院に勤めるか開業する必要があります。

勤務先の病院によって変わる

医者が副業をしても大丈夫かどうかは勤務先の病院によって変わります

公務員でない場合、医者は副業をしても問題ないですが、勤務先の病院の就業規則で禁止されている場合があるので確認するようにしてください。

特に記載がない場合は業務に影響が出ない副業であれば問題ありません。

もし、医者として働きながら副業をしたい人には、医者としての業務に影響が出にくいスマホdeマネーがおすすめです。

スマホdeマネーはスマホで手軽に稼げるので負担になりにくいです。

また、作業が簡単なので開いている少しの時間を利用して稼ぐことができます。

医者として働きつつ副業をしたい人はスマホdeマネーをチェックしてみてください。

スマホdeマネーの
概要を見てみる!

節税のために医師におすすめの副業は?

節税のためにおすすめの副業は?

稼ぐことを目的にして副業を始めても、収益が発生すると税金がかかってしまいます。

できるなら、税金を安く抑えられる方法で副業に取り組みたいですよね。

ここでは、節税をするためにおすすめの副業を紹介します。

なお、これから解説する内容は勤務医として給与を受け取っている人が対象です。

不動産投資は節税しやすい

不動産投資は場合によって節税できることもあります。

一般的に「節税投資」などと呼ばれていますね。

不動産投資が節税になると言われている仕組みは少し複雑です。

まず、不動産投資で節税するためには、本業で給与所得を受け取っていることが前提です。

給与を受け取っている人は、所得税を勤務先によって天引きされて納税しています。

不動産投資は「総合課税」の対象となる為、赤字になった場合に確定申告をすれば、赤字の分だけ給与から納税した所得税が戻ってきます。

不動産投資は、特に始めたての頃に費用が多くかかりやすいです。

また、物件の価格に対しての減価償却費が高額になる為、不動産の家賃収入よりも経費が上回ってしまうことがあります。

この時に「不動産投資で赤字になりました」と言って確定申告すれば、給与から納めた税金が返ってくるんですね。

これを「損益通算」といいます。

この仕組みを利用することで所得税を圧縮し、結果として絶税することができるのです。

他にも、所得によって税額が変動する住民税も、確定申告することによって軽減させることができます。

詳しくは副業としての不動産投資の記事をご参考ください。

節税だけを目的にするのはNG

とはいえ、節税目的で不動産投資をするのはリスクが高いと言えるでしょう。

そもそも黒字化できれば通用しない方法ですし、焦る気持ちから手当たり次第に物件を購入すれば、コストがかかるだけです。

本気で節税したいのであれば、賃貸需要をリサーチした上で不動産投資に取り組むべきでしょう。

書籍などを購入して知識を付けることから始めてみると良いかもしれません。

医師は副業で起業できる?

医師は副業で起業できる?

医師で起業する人は増えています。

起業は医師におすすめの副業の1つです。

しかし、起業できるかどうかは医師によって変わってきます

ここでは、医師が起業できるのかどうかを詳しく解説していきます。

スキル・経験があれば可能

医師が副業で起業できるかどうかは、スキル・経験があるかどうかで変わってきます。

会社員としての勤務経験などがあれば、計画を立てて起業することができます。

しかし、経験がない状態で0から起業をするとなると、かなりのエネルギーが必要です。

未経験だと行いたい事業に対して、どのくらいの予算・労働力がいるのかを検討しにくいです。

もし、0から起業したい場合には、あらかじめ勉強をして起業したい分野に必要なことを学びましょう。

時間的に厳しいことがあるので注意

医師が副業で起業する際に、1番気を付けなければいけないのは時間です。

常勤医は時間や体力的な余裕が少ないので、起業する際には十分なスケジュール管理が必要になります。

逆に、非常勤医であれば時間に余裕がつくれるので、副業として起業をしやすいです。

また、副業で起業できるかどうかは、勤務先によって変わってくるので注意してください。

副業が可能でも、時間的に忙しくなるものが禁止されている場合があります。

起業前に勤務先に十分確認をしてから起業の計画を立てるようにしましょう。

この記事ではおすすめの副業を紹介しましたが、なかなか自分に合った副業が見つからないかもしれません。

そんな時に活用したいのが「スマホdeマネー」です。

スマホdeマネーとは、あなたにマッチした副業をスマホで紹介してくれるサービスです。

できるだけ簡単な副業を紹介してくれるので、空いた時間にサクッと取り組みたい方にはピッタリでしょう。

会員登録は無料で可能です。

研修医は副業禁止?

ここでは、研修医が副業をしても大丈夫なのかを解説します。

研修医で副業をしたい人はぜひ参考にしてみてください。

診療行為を含む副業は禁止

研修医は診療行為を含む副業が禁止されています。

そのため、他の病院や施設などで医療関係の副業を行うのは難しいです。

黙って行ってバレた場合、首になる可能性があるので注意が必要です。

他の副業に関しては勤務先次第

診療行為を含まない副業に関しては、明言されていません

そのため、副業を行いたい場合は勤務先に確認するようにしてください。

そもそも研修医はそこまで時間に余裕がないので、副業をしたいという相談は否定されやすいです。

研修医で副業をする際には時間がかからずに行えるものを探しましょう。

特に、研修医におすすめなのはスマホdeマネーです。

スマホdeマネーであればスマホだけで場所を選ばずに作業ができるので、時間がそこまでなくても稼げます。

ぜひ以下からスマホdeマネーをチェックしてみてください。

スマホdeマネーの
概要を見てみる!

医者が副業を始める上で注意すべきこと

医者が副業を始める上で注意すべきこと

次に、医者が副業を始めるうえで注意するべきことを解説します。

実際に副業を探す際は、以下の以下の点に注意して探してみてください。

医師としての時給より低くなるものはしない

検討している副業の時給が、医者としての時給より低くならないか確認することです。

副業は手軽に行える反面、単価が安い案件が多いです。

それなりの作業をこなしていたとしても、あまり稼げないこともあるでしょう。

「時給換算して●●円以上の副業しかやらない」といったマイルールを作って探すと良いですね。

本業が疎かになるものはしない

本業に悪影響を及ぼすような副業は控えておきましょう。

例えば、当日納品しなければいけない案件などは、医者をやりながらでは難しいですよね?

医者は人の健康や命に係わる責任重大な職業なので、悪い影響が出るとタダでは済みません。

できるだけ短時間でサクッと行える副業が望ましいです。

そもそも副業可能かどうかの確認

それと忘れてはいけないのが、副業が可能かどうかの確認です。

勤務先で副業を禁止されているのなら、どんな副業も取り組むことはできません。

副業を探し始める前に、まずは勤務先のルールを確認することから始めてみてください。

【まとめ】医者におすすめの副業

【まとめ】医者におすすめの副業

この記事では、副業を始める医者が多い理由や、医者におすすめの副業について解説してきました。

今の給料に満足していないこと、医者としての将来の不安などが副業を始める理由でしたね。

どんな理由でも副業を始めれば、自分の資産を増やせるというメリットがあります。

両立できる副業としてはスマホdeマネーがおすすめです。

スマホdeマネーはスマホで作業が完結するため、忙しい医者でも無理なく稼げます。

ぜひ以下からススマホdeマネーを始めて、医師との両立をしつつ稼いでみてください。

スマホdeマネーの
概要を見てみる!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*