20代でクビになる原因とは?3つの原因と5つの解決策を紹介!

20代クビ

不景気が長く続く今の日本では「20代でクビになる」というケースも増えています。

「自分が実際になってしまった…」「なりそうで怖い…」などの悩みや不安を抱えている方もいるでしょう。

この記事ではこれらの方々の参考になるよう、20代でクビにならない方法や、なった後の対処法を解説していきます。

どのような立場の方でも、クビにならないため、再就職をスムーズにするためにプラスとしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • 20代でクビになる原因
  • 20代でクビにならないようにする方法
  • 20代でクビになった例
  • 20代でクビになった後の対処法

なお、20代でクビになった場合「もう会社勤め自体が嫌だ」ということもあるでしょう。

その場合当サイト・副業研究所がおすすめしている副業研究所おすすめの副業のように、独立して自由に稼げるビジネスに取り組むのもおすすめです。

副業研究所おすすめの副業は、スマホ1台の簡単な作業で1日5分などのわずかな時間から働けるビジネスです。

詳しい作業内容や始め方は、下で示す公式サイトからご覧いただけたらと思います。

また、副業研究所おすすめの副業以外でも楽にできる仕事を知りたいという方は「おすすめの楽な仕事」のページをご参照ください。

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

20代で首になる原因

20代で首になる原因

フリーターでなく会社員であれば、クビにする(リストラ)には一定のルールがあります。

ここでは、そのルールを元に、20代でクビになる主な原因を解説していきます。

能力が極端に不足している

たとえば下のように誰がどう見ても能力が不足しているという場合は、会社は解雇していいルールになっています。

  • デザイナーなのにデザインができない
  • 英語必須の業務で英語ができない
  • コミュニケーション力が明らかに不足している

たとえばデザインについては、ウェブデザイン技能士という国家資格もあるので、デザイナーとしての能力があるかを客観的に測定できます。

英語については言うまでもなく、TOEIC・英検などで証明できます。

たとえば入社時に資格証を偽造するなどして就職した場合、実力がないことがわかったら解雇していいわけです。

最後のコミュニケーション力については、測定が難しいと悩むところでしょう。

これについては、裁判でも一般常識のことを「社会通念」という言葉で認めています。

つまり「社会通念上、この社員にはコミュニケーション力が極端に欠如していると言える」という判断が認められるのです。

「自分は適切なコミュニケーション力がある」と社員側が不服に思えば、裁判に訴えればいいわけです。

もちろん、裁判所の判断も絶対ではないので、その場合は二審・三審と進んでいきます。

しかし、一般的に本当にコミュニケーション力がない人には味方もいないため、そこまで進むことはまずないでしょう。

というように、能力が不足していれば20代でも解雇の原因となります。

悪質な事件・事故を起こした

犯罪やそれに近い不祥事など、悪質な事件や事故を起こした場合、懲戒免職の対象になります。

この場合は会社員側が法律で守られることはなく、即日クビもあり得ます。

もちろん、内容によっては社員側が「そこまで酷い事件ではない」と考えることもあるでしょう。

その場合、能力不足のときと同様に裁判で争って決着をつけることも可能です。

ただ、たとえば殺人や強盗などは誰がどう見ても「即日解雇に値する」ものです。

一般的に考えて「明らかに解雇」というものは、そもそも裁判すら受け付けてもらえず「請求棄却」になると考えてください。

会社の就業規則に違反した

どの会社でも就業規則があります。

これは法律ではありませんが、入社時に遵守することを「契約」しています。

そして、契約を守ることは民法で定められています。

つまり入社時に契約をして、その会社の規則に違反した場合民法に違反したことになるのです。

そのため、十分に解雇の対象となります。

具体的には副業禁止の会社で副業をしたなどがあげられます。

こう書くと、これから副業をしたいと思っている20代の方は、危機感を抱くでしょう。

しかし、普通の飲食店などのアルバイトだからバレるのです。

あるいは、自分でネットショップで物販をするなども、特定商取引法の記載などでバレるでしょう。

その点、当サイト・副業研究所がおすすめしている副業研究所おすすめの副業というビジネスなら、副業が会社にバレることはありません。

詳しい内容や始め方などは、下の公式サイトをチェックしていただけたらと思います。

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

20代でクビにならないようにする方法

20代でクビにならないようにする方法

20代でクビにならないためにできることは多くあります。

この段落では、20代でのクビを回避するための5つの方法を説明します。

スキルを磨く

当然ながら、スキルがある社員なら会社もクビにしません。

法律的に守られていても、スキルがないと職場にいづらいものです。

たとえば「一切仕事を回さない」「話しかけても冷たく対応する」などの方法で、徐々に追い出しにかかる会社もあるでしょう。

スキルがなく周囲の足を引っ張っていたら、そのようにされても仕方ない場合もあります。

そのため、公務員でない以上、スキルを磨く努力は必須なのです。

20代ならまだ頭脳も肉体も若く、新たな知識や技術の吸収力も高いものです。

そのため、出来るだけ高いレベルのスキルを獲得し、業務に活かすようにしてください。

資格を取得する

これはスキルを磨くことの延長ですが、さらに資格を取得するのが効果的です。

資格とスキルの違いは、たとえば営業力などのスキルは資格で証明できないという点にあります。

こういった資格のないスキルについては、実地で磨いていきます。

一方、資格で証明できるスキルについては、どんどん資格を取得して会社にも外部にもわかるようにするのがいいでしょう。

特に、資格によっては会社が一定人数の有資格者を確保しなければいけないというものもあります。

そうした資格を持っている社員は、20代でもどの年代でも歓迎なのです。

そのため、会社の業務に関連のある資格をできるだけ取っていくことが望ましいといえます。

コミュニケーションを取る

スキルも資格も十分にあっても、コミュニケーションが取れないようでは徐々に疎外されていきます。

能力的には問題なくても、そのスタッフがいると空気が悪くなるという場合は、会社にとってもマイナスなのです。

そのため、スキルの段落で書いたように「わざと全員で冷たくする」などの方法を取られるリスクがあります。

パワハラやモラハラに該当しない範囲で冷遇して、自分から辞めるように仕向けるのです。

コミュニケーションが取れていなければ、このような事態も起こりえます。

そのため、能力を高めるだけではなく、コミュニケーションもしっかり取るようにしましょう。

法律・法令を遵守した行動をとる

当然ながら、社会的なルールに違反することを一切してはなりません。

当たり前のことですが、これができずに20代でクビになってしまう人もいます。

具体的には下のような法律違反の実例があります。

  • 自宅で大麻を栽培していた
  • 違法な転売をしていた
  • 痴漢や下着泥棒などの性的犯罪を犯した
  • 職場のお金を横領した

現代のサラリーマンで特にありそうなのは痴漢です。

20代の男性だとあまりないかもしれませんが、何歳であろうとこのような犯罪を絶対に犯してはなりません。

女性は男性ほどには犯罪をおかさない印象があります。

しかし、副業禁止の会社で副業をするなど、会社のルールに違反してクビになることは警戒しておきましょう。

会社にバレにくい副業については、当サイトの「お金を稼ぐ方法」の記事で詳しく解説しています。

副業をする場合は、上記のページを参考にしていただくといいでしょう。

法律的な知識を身につける

20代でも他の年代でも、会社から言い渡されるクビの多くは「法律的には辞めなくてもいいケース」です。

そのため、労務に関する法律的な知識があれば、辞めずに済む可能性が高くなります。

もちろん、そうして争った職場に残っても居場所がない、と考える人も多いでしょう。

しかし、会社としてはずっと在籍されてお給料を払い続けるのは嫌なので、好条件で辞められるような条件を出してきます。

こうした条件を引き出した上で辞めるためにも、法律的な知識を身につけることは有効といえるでしょう。

20代でクビになった例

20代でクビになった例

20代でクビになりそう、あるいはなってしまったという場合、他の人の実例を知りたいでしょう。

この段落では、20代でクビを経験したお二人の方の体験談をご紹介します。

新卒で就職して試用期間でクビになった

ある男性は、大学を卒業後新卒で入社し、最初の3カ月の試用期間でクビになってしまいました。

自己都合退職という建前になっていましたが、実質は退職を勧告されたということで、クビといえます。

その男性の場合、クビになったお仕事に適性がなかった(向いていなかった)そうで、これが原因だと思われます。

男性は一人暮らしをされていたということで、親にも連絡が行ったそうです。

いずれ親にも話さなければいけないことですが、会社から直接連絡されるのは厳しいと感じる人が多いでしょう。

何にしても、適性のない仕事で就職しないよう、事前の業種選びや会社選びも徹底したいものです。

会社役員との確執でクビになった

法律的にはこの理由でクビにしてはいけません。

ただ、日本人としては裁判などに訴えるのは面倒だし、事を荒立てたくないという理由で、解雇を受け入れてしまう人もいます。

この場合、たとえば社長からクビを言い渡されても「自己都合退職」という形になります(会社がそうします)。

アメリカ人なら確実に裁判を起こすところですが、日本人ではこのパターンは多く見られるのです。

その女性の体験談の場合、女性とその役員のどちらに非があったかは、現場を見てみないとなんともいえません。

しかし「本来クビにできないケースで会社がクビにしてきたら争うことができる」というのは覚えておきましょう。

なお、どのような理由にしても、20代でクビになったらその後の生活で困ることが多いでしょう。

そうした場合の仕事として、あるいは事前の備えとしてスマホ1台でできるスマホビジネスは特におすすめできます。

数あるスマホビジネスの中でも、当サイトが最も推奨しているのは副業研究所おすすめの副業というビジネスです。

スマホをタップするだけの簡単な作業で誰でも稼げるビジネスなので、ぜひ詳細を下の公式サイトで確認してみてください。

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

20代でクビになった後の対処法

20代でクビになった後の対処法

20代でクビになってしまったらどうすべきか、という点は特に気になるでしょう。

この段落では、20代でクビを言い渡されたときの対処方法を説明します。

少しでも早く次の仕事を探す

当然ながら、次の仕事は少しでも早く探すべきです。

仕事のない空白期間が長ければ長いほど、次の就職で不利になるためです。

別の選択肢として「専門学校に通って資格をとる」という方法もあります。

たとえば、整体師の専門学校に通って整体師の資格をとるなどの道もあるでしょう。

しかし、ゼロから新しい職業に転職すれば、当然給与もダウンします。

それでも新しい仕事に挑戦したいという場合は、このような道を進むのもいいでしょう。

職業訓練校に通う

ハローワークで紹介してもらえる職業訓練校に通うのも一つの選択肢です。

職業訓練校では、下のような内容の訓練をお金をもらいながら受講できます。

  • 簿記
  • パソコン
  • 介護
  • 建築

他にもさまざまなものがありますが、ハローワークで求職をするというのが条件です。

お金をもらえる仕組みは、失業手当の受給期間が伸びるというものです。

通常は3カ月(120日)で終わるのですが、それが最大1年まで延ばせるのです。

どの地域でもこの職業訓練は受けられるので、ぜひ地元のハローワークで詳細を尋ねてみて下さい。

稼ぎやすいビジネスを始める

20代なら吸収力が高いため、個人で新しいビジネスを始めてもすぐに軌道に乗せられます。

特に当サイトが一番におすすめしている副業研究所おすすめの副業なら、最大で月収100万円以上も目指せます。

スキルや資格、仕事の経験などはまったく不問です。

年齢や学歴、性別などもまったく関係なく、老若男女誰でも稼げるようになっています。

実際に稼ぐことに成功している人の体験談や口コミなどは、下の公式ページからご覧いただけたらと思います。

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

【まとめ】20代でクビになることはあるの?

【まとめ】20代でクビになることはあるの?

まとめると、20代でクビになることはままあります。

中には法律的にクビにできないケースも多いため、不服があればルールを調べて会社と争うのもいいでしょう。

ただ、そのような争いは避けたいという人も多いかと思います。

その場合は、クビになったのをいい機会として、もっと稼ぎやすいビジネスに移るということをおすすめします。

当サイト・副業研究所が推薦している副業研究所おすすめの副業なら、文中でも紹介してきたとおり、月50万円や100万円といった大きな利益を、誰でも簡単に目指せるようになっています。

公式アカウントをLINEで友だち追加するだけで無料で始められるので、ぜひ気軽にチェックしてみてください。

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*