副業でカウンセラーを始める方法を紹介!超大切な5つのポイント!

カウンセラー 副業
疑問

カウンセラーとして働きたいけど、本業が…

カウンセラーって副業でできないのかな?

こんなお悩みや疑問をお持ちではないですか?

副業はしたいけど、カウンセラーがちょっと興味あるという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、カウンセラー業務って意外と知られていないだけで、働き方はたくさんあるんです。

そこで、カウンセラーの副業を実際にやったことのある筆者が、カウンセラーを副業でできるのかを徹底解説します。



結論から言うと

  • 副業でカウンセラーをやるには実績が必要になるので難しい。
  • それでもカウンセラーで副業をするなら、求人を探すかクラウドワークスで仕事を探そう。
  • もし、お金を稼ぎたいだけでカウンセラーを始めようとしているなら、クラムスクール」の方がおすすめ。
  • クラムスクールは、スマホ副業なので、空いた時間にどこでもお金を稼げる。

クラムスクール

クラムスクールの公式HPはこちら

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

副業としてカウンセラーの仕事を行うことは可能?

結論からお話すると、副業としてカウンセラーのお仕事を行うことは可能です。

更に言うと、現在副業が解禁されるようになってきていることからも門戸が広く開けられていると考えられます。

また、後ほど詳しく解説しますが、年々カウンセラーの需要は高まってきており追い風が吹いている状態です。

こうなると、『副業としてカウンセラーはありじゃないか?』と考える人もたくさんいらっしゃるでしょう。

でも、実際にはカウンセラーやコンサルタントなどの人の相談を請け負う業務は、実績が求められることが多くあります。

なぜ、このような現象が起きているかというと、これらの業務は発注する起業側や個人側から定量化できず、効果を導入前から実感できにくいからです。

発注者側が効果を実感できるカウンセラーの需要は大きいですが、実績を持つカウンセラーの供給は追いついていないのが現状です。

副業カウンセラーとしてより高みを目指したいという方は、実績作りからという行動が必要となってきますよ。

実績作りとなると、あなたがどういった場所を軸に働いていくのかということがまず必要になってくるので、次の項目ではカウンセラーのメジャーな種類について詳しく解説していきます。

副業としてカウンセラーの仕事を行う方法

さて、副業でカウンセラーを行う方法についてこの項目ではお話していきます。

具体的な方法としては以下の通りです。

カウンセラーを行う方法

  • クラウドソーシングを利用する
  • 求人を探す

では、どのようにして仕事をしていくのかをこの二つを解説しながら伝えていきます。

クラウドソーシングを利用する

まず、カウンセラーとして副業で働く場合に考えられるのが、在宅でも対応できるクラウドソーシングで仕事を受注することです。

ただし、クラウドソーシングサイトの中でもクラウドワークスやランサーズといった企業が直に募集をかけているサイトでは、初受注となる可能性はほとんどありません。(※ただし、心理学方面のライティング案件はたくさんあります。)

では、どういったサイトがいいかと言うと、ココナラのような反響型のクラウドソーシングサイトを利用することです。

反響型のクラウドソーシングサイトを利用すると、あなたのスキルを売り出すことができ、受注につながる可能性が非常に高いでしょう。

ただ、初期の頃は高単価にしてもあまり人がつかず、サービスで対応することが多くなり低単価に苦しむことも多くある点には要注意です。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

求人を探す

カウンセラーとしての職務を副業で行うもう一つの方法は求人を探すことです。

こちらの場合には、スクールカウンセラーや、産業カウンセラーのように高度な専門知識を求められる場合が多いということに要注意です。

理想的なロードマップとしては、クラウドソーシングサイトで実績を貯めつつ高単価で売出し、安定収入を得たいなら求人に応募することです。

どうしても、最初から安定的に稼ぎたい場合にはカウンセラー業務に必須の資格を時間がかかりながらも取得することをおすすめします。

副業でできるカウンセラーの種類

副業でできるカウンセラーでメジャーな種類は4つです。

ここでご紹介するカウンセラーの種類は以下になります

カウンセラーの種類

  • 産業カウンセラー
  • スクールカウンセラー
  • 恋愛カウンセラー
  • 心理カウンセラー

どのカウンセラーに関しても資格は必要ありませんが、現状では産業カウンセラーやスクールカウンセラーといった、企業とカウンセリング業務を提携する場合には高度な専門性が求められる点に注意が必要です。

この点についても詳しく解説していきます。

産業カウンセラー

産業カウンセラーという名称は、企業内で活躍するカウンセラーとして一般的に普及していますが元々は資格名です。

2001年まで国家資格として扱われていたため広く認知されています。

従業員数が50人以上の会社の場合には、ストレスチェックが義務化されているということと、従業員支援プログラムを導入するところも増えてきているため確実に門戸が広がっています。

ただ、現状では企業と契約をして産業カウンセラーの業務のみに特化して請け負うということはほとんどありません

例えば、人事総務部長がスキルアップのために、産業カウンセラーの資格取得を行ったり、事務職の方が同様の理由で資格取得を行うということが一般的です。

企業とのカウンセリング業務のみに特化した契約を副業として請け負う場合には、臨床心理士や精神科医など取得が困難な資格を持っていることが募集要項に記載されることが多いのが現状です。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーも臨床心理士などの高度な専門知識が募集要項として掲げられている職種です。

スクールカウンセラーという資格名はなく、臨床心理士などの資格取得を経て地方公共団体に雇用され、学校に配属された人を指します。

地方公共団体などへの雇用と聞くと、長期契約となりそうですが基本的に有期任用です。

ほとんどの場合、1年更新となることが多く、長期で安定した副業先としては期待できませんね。

恋愛カウンセラー

恋愛カウンセラーは公的な資格が必要なく、あなたが『恋愛カウンセラー』と名乗った時点から、カウンセリング業務を開始することができます。

恋愛カウンセリングというと、誰もが簡単に副業として開始できそうですが、現実はそう甘くはありません。

後ほど解説しますが、恋愛カウンセラーや心理カウンセラーといった公的な資格が要らないカウンセリング業務を行う場合、雇用されるということはほとんどなく、自ら営業を行いクライアントを獲得する必要が出てきます。

特にCtoCで副業を行う場合にはクライアントの目は厳しめになります。

実績やファーストインプレッションといった様々な観点から採点され、お金を出し渋りがちになるんですね。

また、参入障壁もかなり低く誰もが恋愛カウンセラーになることができることから、価格競争にもさらされがちです。

でも、まだ他人が攻めていない恋愛領域で上手くポジショニングに成功すると、その分野の第一人者になることができ、破格の報酬を手に入れることができるポテンシャルを持った副業とも言えますよ。

心理カウンセラー

心理カウンセラーも恋愛カウンセラーと同様に特別な資格が必要ない職種となります。

恋愛カウンセラーと同様に、ニッチな市場で上手くポジショニングを出来れば第一人者になることも可能ですよ。

特に心理カウンセラーを目指すメリットとしては、他のカウンセリング分野にも容易に参入できることです。

メンタリストDaiGo氏の事例を見てみると、かなりイメージがわきやすいです。

彼の最初の経歴はメンタリストという心理カウンセラーの一種で名を馳せました。

その後、恋愛カウンセラーとして企業とコラボしたり、本の執筆なども行っています。

このように一つの分野を突き詰めることで他の分野に進出しやすくなります。

こちらも、恋愛カウンセラーと同様に収入が青天井となるポテンシャルを持つ副業と言うことができますよ。

副業としてカウンセラーをするのが向いている人

カウンセラーという業務は人の話をまずは聞くということから始まります。

人対人の副業は単価は高めになりますが、カウンセラー自身の人となりを試されるのも確かです。

そこで、この項目ではどのような人がカウンセラーとして向いているのかを詳細に解説していきます。

他人の話を聞いてあげることのできる人

まず前提条件として、他人の話を聞いてあげることができるということです。

この他人の話を聞くというのは、通常、私達が経験している会話と違い傾聴能力が試されます。

クライアントはあなたの意見を求めているのではなく、まずは聞いて欲しいという心で来ることが多いです。

そこで、カウンセラーが自己主張をしてしまうと次からのリピートがなくなってしまうんです。

ある意味、あなたの人生経験などを一度リセットして人の話を聞ける人には適正がありますよ。

EQの高い人

まずEQとは心の知能指数を指します。

EQが高いというのは、上にもあげたように傾聴能力が高いことやその他にも様々なことがあげられています。

一例を紹介すると以下のようになります。

EQが高い人の特徴

  • 隠し事をせず正直に謝れる人
  • 相手の感情を読み取れる人
  • 批判に対して自己責任として対処できる人

上記の例はほんの一例ですが、かなり難しく感じる人も多いはずです。

秘密を守れる人

カウンセラーとして、人に関わる場合には守秘義務契約を守ることも求められます。

秘密というのは非常に厄介で、大きな事実を伝えられてそれを人に話さないということは、かなりのプレッシャーを感じるのが普通です。

そのため、秘密を守ることができる人、メンタル面がしっかりしている人がカウンセラーに向いていると言えます。

副業としてカウンセラーを行う際のポイント

カウンセラーは先程お伝えしたように、守秘義務契約などの様々な注意点があります。

ここでは、その注意点について解説していきます。

資格はなくても大丈夫

繰り返しになりますが、カウンセラーには弁護士のような、この資格を取らなければならないという資格はありません

もっと言うと、恋愛カウンセラーや心理カウンセラーは名乗った時点で、その業務を行えるフレキシブルさがあります。

そのため、注意点として各分野ともに参入障壁が低く、駆け出しの頃が低単価に苦しみやすいというのが注意点です。

クライアントを不安にさせるような発言は慎む

カウンセラーの主な役目はクライアントの問題を解決することではなく、心の不安を消してあげることです。

心の不安を解消するためには、安を煽るような発言は慎むというよりも禁句となります。

もし、これが問題解決型のコンサルティングの場合には、相手の不安を突くというテクニックもありますが、カウンセラーはこのテクニックをあえて避けるようにした方が無難です。

副業で役立つ資格を紹介している記事もあるので、気になるあなたはこちらの記事もみてみましょう。

迅速な対応を心がける

クライアントの要請、つまりすぐに話を聞いて欲しいという場合には、迅速な対応が求められます。

あまり時間に縛られない副業だからといって、油断をしているとメッセージを見逃してしまい、見込みクライアントを失ってしまったということに繋がりかねません。

こういった事態を避けるためにも、まずは迅速な対応を心がけるようにしましょう。

公務員は控える

いくら副業が解禁になったからといって、公務員の方は明確に国から副業禁止が法律上明記されているため、行うこと事態が違法行為となります。

こちらに関しては、一定の副業に関しては許可制で行なえますが、肉体労働が伴う業務は別です。

カウンセラーは実質自分自身で行わなければならないため、法律に抵触してしまう可能性が非常に高いですよ。

公務員の副業について詳しく解説している記事もあるので合わせてご一読ください。

カウンセラーよりもおすすめの副業

クラムスクール

カウンセラーはあなたのポジションを確率するためにかなりの労力を必要とする副業です。

おすすめ副業の記事でも紹介していますが、副業を始めるならクラムスクールを始めてみましょう

また、運良く仕事にありつけても低単価で苦しむことになりかねません。

でも、副業は何個でもあって大丈夫なものなので、気軽にできる副業がないかお探しの方には、クラムスクールをおすすめしています。

クラムスクールは、ライン一つで完結できキャッシュポイントも近い副業なので、是非一度検討してみて下さい。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

【まとめ】副業としてカウンセラーの仕事を行うことは可能なの?

副業としてカウンセラーを行うことは実質的に可能です。

でも、カウンセラーとして月に安定して稼ぎ出すということは非常に難しいということが分かりました。

資格なくできるのが魅力的なポイントですが、しっかりと稼ぎ出すためには自身のブランディングなどが非常に大事です。

カウンセラーは人が資本であると考え、歩きだして下さいね。

もし、今すぐにお金を稼ぎたいのであれば、「クラムスクール」のようなスマホ副業がおすすめです。

簡単に稼ぐことができ、隙間時間に稼げるので手軽にたくさん稼ぐことができます。

気になるあなたは、公式HPを確認してみましょう。

最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

\片手間に稼げる!/

クラムスクールを
今すぐ確認する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*