行動できない人の理由と解決策|行動力をつける方法とは?

行動できない

この記事では、人がなかなか行動することができない原因や行動できない自分を改善させる方法について徹底解説していきます。

「すぐに行動できないけどどうすればいいんだろう?」
「そもそもすぐに行動できない原因って何?」

このような疑問、悩みを抱えている方に向けた記事です。

当記事を読むことで、すぐに行動ができるように、色んな目標を達成することができるでしょう。

行動ができないことに関するQ&Aも紹介していますので、是非最後までご覧ください。

この記事を読んで分かること

  • すぐに行動ができない人の特徴
  • 人がなかなか行動することができない原因
  • 「行動できない」を改善させる方法
  • 「行動できない」に関するQ&A

先に結論から言うと、行動できない自分を改善させる方法として最も効果的なのは「考えるより行動してみる」ことです。

考えることは行動しながらでもできるので、まずは行動に移してみることが大切です。

仕事に関する作業へなかなか着手できないという人は、できるだけ簡単な仕事をとりあえずやってみると良いでしょう。

今は様々な種類の仕事が存在するので、選ぶ仕事によってはすぐにとりかかることができます。

では、どんな仕事がおすすめなのか?というと、スマホ1台で作業ができる「副業研究所おすすめの副業サービス」です。

「副業研究所おすすめの副業サービス」は簡単な作業をこなしていくだけなので、モチベーションに左右されずすぐに行動することができます。

この「副業研究所おすすめの副業サービス」については後ほど詳しく紹介しますが、既に興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

すぐに行動ができない人の特徴

すぐに行動ができない人の特徴

まずは、すぐに行動ができない人の特徴について解説していきます。

以下の特徴に当てはまる人は、自分の考えかたや行動を見直した方が良いでしょう。

すぐに行動ができない人の特徴

  • 危機感が無い
  • 完璧主義
  • 短期間で結果が出ると思っている

危機感が無い

行動できない人の1つ目の特徴は、危機感がないことです。

口では「ああなりたい」「これをしたい」などと言っていても、実際にはそんなに強い気持ちがないような人です。

本当にやりたいことややらなければいけないことがあった場合、自分が死にそうな状況であっても行動できるはずです。

しかし、行動できないということはそれなりに今の生活に満足してしまっているということです。

今の自分に対して危機感がない人は、たいていすぐに行動することができません。

完璧主義

行動できない人の2つ目の特徴は、完璧主義的な傾向があることです。

何をするにしてもいろんな準備を満足いくまでやらないと行動できないタイプですね。

何か新しいことを始めるときはいろんなところから情報を集め、考え込んでしまいます。

結局、「準備の段階」がいつまでも終わることがなく、行動に移していくことができません。

真面目に生きる必要はないのです。

詳しくは「人生は適当がちょうど良い」の記事をご参考ください。

短期間で結果が出ると思っている

行動できない人の3つ目の特徴は、短期間で結果が出ると思っていることです。

「行動すればすぐに結果が出る」と思っている人は、行動した直後に何かしらの結果が出ないとすぐに諦めてしまいます。

次第にモチベーションを維持することが難しくなり、別のことに気をとられてしまうわけです。

どんなことでも結果を出すためには、ある程度の期間全力で取り組む必要があります。

それを考えると腰が重くなり、なかなか行動に移せないわけです。

これらの特徴に当てはまる人は、後ほど解説する改善方法を取り入れてみてください。

人がなかなか行動することができない原因

人がなかなか行動することができない原因

次に、人がなかなか行動することができない原因について見ていきましょう。

どんなことでも最初に原因を知ることで、その後の対処がしやすくなります。

人がなかなか行動することができない原因としては以下の3つが挙げられます。

人がなかなか行動することができない原因

  • 逃げているから
  • 頭で考えすぎるから
  • 不安に襲われるから

逃げているから

目の前の作業から逃げたい気持ちがあると行動に移すことはできません。

ついつい楽な方へ流されてしまい、結局だらだらと過ごすのが関の山です。

終わらせるべき作業があるときは、他のことに気をとられることなく目の前作業に集中することが大切です。

頭で考えすぎるから

行動する前に考えすぎている人はなかなか手が進んでいきません。

先で述べたように、「今から行う作業を完璧にこなさなくてはいけない」と考えてしまうような人です。

こうした特徴がある人は頭で考えるのをほどほどにし、まずは行動に移すということを習慣化させていきましょう。

不安に襲われるから

「失敗したらどうしよう…」「うまくできなかったら嫌だ…」といった不安に襲われていると、なかなか行動に移すことは難しいです。

そもそもうまくいくかどうかなんて実際に行動してみなくては分かりません。

それなのに行動する前に色々と考えてしまうため、余計な不安が頭をよぎるようになってしまいます。

「行動できない」を改善させる方法

「行動できない」を改善させる方法

続いて、行動できない自分を改善させる方法について解説していきます。

普段からなかなか行動できないという方は、以下の5つのうちどれか1つでも実践してみてください。

「行動できない」を改善させる方法

  • 考えるより行動してみる
  • 行動しない理由を探さない
  • 行動しない後悔を知る
  • フットワークを軽くする
  • 小さいことから初めてみる

考えるより行動してみる

目の前の作業をこなさくてはいけないのに、長い時間考えを巡らせているという人は少なくないでしょう。

「今からやる作業を完ぺきにこなさないといけない」と思ってしまうと、どんどん行動する意欲が失われていきます。

では、そうすれば良いのか?というと「とりあえず行動してみる」ということが重要です。

例えば、とりあえずデスクの前に座る、とりあえずパソコンを開く、とりあえずタイプを始めるといった感じです。

このように考えるよりも前に行動を始めることで、そのあとは以外にもすんなりと作業を進めていくことができます。

とはいえ、人間であればどうしてもモチベーションが上がらない時はあるものです。

そういったときは、できるだけ頭を使わず簡単にできる仕事に取り組んでみると良いでしょう。

例えば、先ほども紹介した「副業研究所おすすめの副業サービス」は非常に簡単な作業なのでおすすめです。

難しい作業はいっさいないので、すぐさま作業にとりかかることができるはず。

「副業研究所おすすめの副業サービス」完全無料で登録できますので、気になる方は公式ページをチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

行動しない理由を探さない

すぐに行動できない人は、無意識のうちに「行動しない理由」を考えてしまっています。

例えば、「今日は体調悪いから」「今日は仕事で忙しかったから」「子供の面倒を見ないといけなかったから」といった具合です。

このように「行動しない理由」を考え始めるとキリがありませんし、結局行動できずに1日が終わってしまいます。

そうならないためにも「行動しない理由」を探すのを辞め、行動することによるメリットを考えるようにしましょう。

行動しない後悔を知る

すぐに行動できなかったり、やるべき作業が終わらないと後々後悔してしまうことは多いです。

例えば、目の前にやるべきタスクがあるのに、面倒な気持ちからYouTube動画などに現実逃避してしまうときです。

現実逃避から再び作業に戻るときは、ひどく自己嫌悪に陥っていることでしょう。

動画を見ている時間を作業に充てていれば、今頃自由な時間を過ごせていたはずだからです。

行動しなければあとで後悔してしまうということを念頭に置いておきましょう。

フットワークを軽くする

フットワークを軽くすることも大切です。

任せられた作業に対してすぐに取り掛かるようにしましょう。

人間は時間を置けば置くほど、作業に対する情熱が冷めてしまう生き物です。

やるべきことがあるときはすぐに取り掛かるということを常に意識してみてください。

小さいことから初めてみる

最初にやる仕事があまりにも大きすぎると、手を付けるのさえ億劫になってしまいます。

長時間作業しなければいけない仕事を目の前にした時も同じですね。

これではなかなか行動に移すことが難しいため、まずは小さなことから始めてみるようにしましょう。

自分が楽だと思える作業から取り掛かることで、その後はすんなりと作業を進めていくことができます。

「行動できない」に関するQ&A

「行動できない」に関するQ&A

最後に、行動できないことに関するQ&Aを紹介していきます。

行動できないことに関して疑問を感じている方は、以下のQ&Aを参考にしてみてください。

行動できないのは病気?

A:行動できないのは病気ではありません。

自分の気持ちや習慣次第で改善していくことはできます。

行動できないことに悩んでいるのであれば、まず先ほど紹介した改善方法を実践してみてください。

毎日しっかり意識するようにすれば、徐々に行動できるようになってくるはずです。

行動力を養う簡単な方法は?

A:日ごろから簡単な作業を大量にこなしていくことです。

誰でも簡単な作業であれば、悩むことなくすぐに取り掛かることができます。

行動することを習慣化することで、行動できない自分に悩むことはなくなるでしょう。

では、簡単な作業とはどんなものがあるのか?というと、先ほども紹介した「副業研究所おすすめの副業サービス」です。

「副業研究所おすすめの副業サービス」はスマホを使った簡単な作業を進めていくだけなので、面倒くさがりな人でもすぐに取り掛かることができます。

また、「副業研究所おすすめの副業サービス」での作業をこなしていけばお金も稼げるので一石二鳥です。

登録料や利用料はいっさいかかりませんので、興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】「行動できない」は改善できる

【まとめ】「行動できない」は改善できる

この記事では、人がなかなか行動することができない原因や行動できない自分を改善させる方法について詳しく解説してきました。

人がなかなか行動することができない原因は、「逃げているから」「頭で考えすぎるから」「不安に襲われるから」といったことが挙げられましたね。

どんな原因だったとしても、今の状況を好転させるためには何かしらの改善をしていく必要があります。

行動できない自分を改善させるベストな方法は「考えるより行動してみる」でした。

考えることは行動しながらでもできまずので、まずはとりあえず行動に移してみることが大切です。

仕事に関する行動もなかなかできないという人は、できるだけ簡単な仕事をやってみると良いでしょう。

簡単な仕事には様々な種類がありますが、特におすすめなのが先ほどから紹介している「副業研究所おすすめの副業サービス」です。

「副業研究所おすすめの副業サービス」はスマホを使った簡単な作業を行うだけなので、考えすぎることなく行動へ移すことができます。

すぐに行動できるようになりたいと思っている方は、この機会に「副業研究所おすすめの副業サービス」の公式ページをチェックしてみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*