【衝撃】愚痴聞き屋とは?なり方・報酬・向いている人を解説!

愚痴聞き屋ってどんな仕事?報酬相場やメリットデメリットを紹介!

新しいビジネスは年々増えていますが、その一つに愚痴聞き屋があります。

「どんなビジネスなのか?」「キャバクラのように稼げるのか?」という興味を持っている人もいるでしょう。

この記事では上記のような興味に答えるため、愚痴聞き屋のメリット・デメリットや、稼げる金額の相場などを解説します。

特に愚痴聞き屋の副業を始めてみたいと思っている人には、きっと参考にしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • 愚痴聞き屋の概要
  • 愚痴聞き屋のメリット・デメリット
  • 愚痴聞き屋の始め方
  • 愚痴聞き屋の報酬相場
  • 愚痴聞き屋が向いている人

なお、結論を書くと愚痴聞き屋の副業はほとんど稼げないのが実情です。

そのため、収入を増やすために副業をしたいのであれば、スマホ1台でできる副業をおすすめします。

当サイト・副業研究所がその代表としておすすめするのが、スマホdeマネーです。

スキルや経験不要で誰でもできる簡単な仕事内容ですが、最大で月収100万円以上も目指せます。

スマホdeマネーの詳しい仕事内容や始め方などは、下記の公式サイトを参考にしていただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

愚痴聞き屋とは

愚痴聞き屋とは

愚痴聞き屋とは、文字どおりお客さんの愚痴を聞くサービスです。

対面と電話・通話による2種類のパターンがあります。

対面のお仕事は、わかりやすく言うと「出張クラブ・出張キャバクラ」と考えるといいでしょう。

電話やLINE通話の場合、チャットレディの電話版というべき形になります。

もちろん、チャットレディは恋愛関連や大人の話題になりますが、その「愚痴聞きバージョン」といえるでしょう。

愚痴聞き屋の仕事内容はこのようなものですが、稼げるかというと「稼げない」というのが結論です。

稼ぐことを目的に副業をするのであれば、スマホでできる副業を探すのがいいでしょう。

当サイト・副業研究所が推奨しているスマホdeマネーなら、スマホ1台で最高月収100万円も狙えます。

詳しい内容ややり方などは、下の公式サイトを参考になさってみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

愚痴聞き屋を始める方法

愚痴聞き屋を始める方法

愚痴聞き屋の仕事内容に興味を持ったら「始める方法」を知りたいと思うでしょう。

ここでは、そのようなニーズに答えて愚痴聞き屋の始め方を説明します。

愚痴聞き屋で登録する

もっともメジャーな方法は愚痴聞き代行の会社さんに登録することです。

何割かが会社の取り分になりますが、仕事が安定して入ってきます。

特に最初は経験を積むことを最優先し、会社でのアルバイトから始める方がいいでしょう。

そこで実績と能力を蓄積したあと、フリーになるのがベストの選択肢です。

クラウドソーシングで始める

クラウドソーシングでは、ココナラなどのスキル出品系のサイトがいいでしょう。

クラウドワークスやランサーズのような大手では「よくあるお仕事」の受注がメインになります。

具体的には、Webライティングやネーミング、システム開発やWebデザインなどです。

逆に占いや愚痴聞き屋のような「少し変わった個人のサービス」は、ココナラのようなクラウドソーシングの方がいいのです。

このようなクラウドソーシングの違いも考慮しつつ、スキルを出品するといいでしょう。

クラウドソーシングについては「クラウドソーシングで副業をするには?」の記事でも詳しく解説しています。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

SNSで始める

以下のようなSNSを利用して始めるのも一つの手です。

  • Twitter
  • Facebook
  • インスタグラム
  • YouTube
  • LINEブログ

基本的にTwitterかFacebookがメインになるでしょう。

お客さんは主に中高年の男性なので、インスタグラムは不向きといえます。

Facebookはお客さんの方も実名でバックグラウンドがわかるという点で安心できます。

ただ、愚痴聞き屋という性質上、お客さんもあまり自分の素性を知られたくないということもあります。

そう考えると、Twitterのような匿名型のSNSの利用にも意味があります。

YouTubeは、宣伝になるだけでなく愚痴聞き屋のYouTuberとしてそちらをメインに活動することも可能です。

その場合は、動画の中でどこまでお客さんの話をするかという線引きをしっかりしましょう。

愚痴聞き屋のメリット

愚痴聞き屋のメリット

愚痴聞き屋の仕事に興味がある場合、どのようなメリットがあるかを知りたいでしょう。

ここでは、愚痴聞き屋のメリットを3つ解説します。

聞き上手になれる

愚痴聞き屋になる時点で、もともと聞き上手でなくてはなりません。

しかし、愚痴聞き屋になることで、さらにそのスキルが磨かれます。

これは、もともと可愛かった女性がアイドルになり、更に可愛くなるのと同じ構造です。

普通の友人関係で「○○さんは聞き上手だね」と言われるのは、ただのお世辞かもしれません。

しかし、愚痴聞き屋のアルバイトで指名をいただけるということは、お世辞ではありません。

お客さんがお金という貴重な代償を支払ってまで、あなたの「聞く力」を評価してくれたということです。

このようにお世辞のない世界で「本物の聞き上手になれる」というのは、愚痴聞き屋の最大のメリットでしょう。

深い人間観察をできる

わざわざ愚痴聞き屋に依頼するほどですから、そのお客さんには相当な不満が溜まっているはずです。

お客さんの同僚や上司、あるいは部下が悪いのか、家族や友人などが悪いのかはわかりません。

場合によっては、お客さん本人が原因となっている可能性もあるでしょう。

ただ、何にしても人間を深く観察できるのは確かです。

「こんな世界があるのか」とか「こういう悩みもあるのか」と勉強になることが多いでしょう。

特に小説家や漫画家、シナリオライターなどを目指す人にとっては、これは貴重な機会になります。

本来取材の謝礼を払って聞いてもいいほどの内容でしょう。

効率的に稼げるお仕事ではありませんが、社会勉強と考えて取り組むならメリットが大きいといえます。

人に話せる面白い経験が増える

最初に大前提として書くと、お客さんの個人的な話などは絶対にしてはいけません。

人に話せる経験というのは、あくまで「愚痴聞き屋をやった」ということです。

どこまで人に話していいかは、その会社さんとの契約によります。

会社さんによっては、報酬や勤務形態なども話すことを制限されるかもしれません。

基本的にこれらの内容を制限する必要はなく、制限できる法律も特にないため、そこまで厳しいことは少ないともいえます。

ただ、その会社さんで長く働きたいのであれば、ルールを守る方がいいでしょう。

何にしても、辞めた後は会社のルールにしばられる必要はないので、モラルの範囲内で経験談を話すことができます。

こうした人生の経験値を高められるというのも、愚痴聞き屋のメリットといえるでしょう。

愚痴聞き屋のデメリット

愚痴聞き屋のデメリット

愚痴聞き屋のアルバイトにはデメリットも多くあります。

ここでは、愚痴聞き屋のお仕事をする3つのデメリットを解説します。

ほとんど稼げない

想像はつくと思いますが、愚痴聞き屋になってもほとんど稼ぐことはできません。

時給がさほど高くないことと、そもそもお仕事自体があまりないためです。

これは、愚痴聞き屋というビジネス自体が小規模であることでもわかります。

どれだけ新しい仕事でも、儲かるのであれば事業者が多数参入するものです。

参入がほとんどないということは、あまり稼げないということです。

もちろん、今存在している会社さんは、事業が継続している以上、ある程度の利益は出せているでしょう。

しかし、業界全体が大きく拡大するほどのレベルには、現状ではまだ達していないといえます。

業界全体がそのように発展途上の状態であるため、愚痴聞き屋のスタッフさんもあまり稼げないのが実情なのです。

男性からストーカー被害を受ける恐れもある

愚痴聞き屋のスタッフさんは主に女性で、お客さんが男性です。

そして、対面のお仕事の場合、カフェなどで男性と二人きりで会います。

その後、男性は尾行しようと思えばあなたを尾行できてしまいます。

あなたがどれだけ警戒しても、たとえば男性が探偵などを雇っていたらその尾行を逃れるのは難しいでしょう

また、そこまでしなくても友人などが協力する恐れもあります。

何度か繰り返し会って、恋心が芽生えてしまった男性なら、そのような手口を使う恐れもゼロではありません。

特に対面中心でお仕事をする場合は注意しましょう。

精神的に疲れることが多い

もともと、人の愚痴を聞くのは疲れるものです。

それに加えて、わざわざお金を払ってまで聞いて欲しいというほどの愚痴なので、相当重い内容だといえます。

そのような感情労働の対価としては、愚痴聞き屋の報酬は割に合わないと感じる人も少なくないでしょう。

こうした精神的な負担を感じたくないという人には、やはりスマホ1台でできる副業をおすすめします。

スマホをひたすらタップしていくなどの単純作業の連続で精神的に疲れることはありません。

報酬も愚痴聞き屋より断然多いため、副業で収入を増やしたいという人にはスマホ副業をおすすめします。

中でも下記のスマホdeマネーは特に隙間時間を有効活用しやすいビジネスなので、ぜひ詳しい内容を公式サイトでご覧ください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

愚痴聞き屋はどれくらい稼げるの?

愚痴聞き屋はどれくらい稼げるの?

愚痴聞き屋の分野を代表するある会社さんは、各地で求人を出されています。

東京都の求人情報では、報酬は対面で1時間2000円以上です。

正確にはこれに指名手当・交通費がプラスされます。

交通費については報酬ではないので、「1時間2000円+指名手当」と言っていいでしょう。

指名手当がどれほど付くかはわかりませんが、少なくとも時給2000円はもらえるということです。

ただ、居酒屋などのバイトのように、連続でもらえるわけではありません。

あくまで実際に稼働した時間だけの報酬です。

移動時間も報酬が発生するかどうかは会社によるでしょう。

しかし、業界の規模を考えると移動分の拘束時間までお給料をもらえることは、おそらくないといえます。

電話(LINE通話含む)の場合、1時間1,000円以上+指名手当となっています。

こちらは移動時間の拘束がない分、むしろ美味しいかもしれません。

効率的に稼ぎたい場合、いかに通話の愚痴聞きで指名を多くいただくかがカギになるでしょう。

ただ、そのように工夫しても時給1,000円で、しかもひっきりなしに仕事が入るわけではありません。

基本的に愚痴聞き屋は稼げないと思っておいた方がいいでしょう。

稼ぐことが目的であれば、スマートフォン1台でできる副業をおすすめします。

当サイト・副業研究所が推薦しているスマホdeマネーなら、日給で10万円、月収で300万円稼ぐような人もいます。

(スマホdeマネーの詳細は「スマホdeマネーはどんな副業?」のページでも詳しくまとめています)

シンプルに最速でスマホ1台で稼ぎたいという人は、ぜひ詳しい内容を下の公式ページから確認してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

愚痴聞き屋をおすすめする人は?

愚痴聞き屋をおすすめする人は?

愚痴聞き屋をおすすめできる人、適性がある人は下のような人です。

  • 聞き上手である
  • 人と話すのが好きである
  • 人間や人生自体が好きである
  • ルックスに自信がある
  • 時間に融通がきく

まず「愚痴聞き屋」という名前どおり「聞く」のが仕事です。

そのため、話し上手というより、まずは聞き上手であることが求められます。

次に、ただ聞くのが好きというだけではなく「話すこと自体も好き」であるべきです。

理由は、適度に聞き手も話してくれる方が、お客さんも話しやすいためです。

自分ひとりでずっとしゃべっていると、いかにも聞いてもらっているという感じがしてしまいます。

しかし、適度に賛同のコメントを入れてもらえることで「会話している」雰囲気を楽しめるのです。

もちろん、このように適度にしゃべる技術も、聞き上手のテクニックのうちではあります。

要は、単純に聞き続けるのが好きなだけでなく、会話を盛り上げること自体が好き、という要素が必要です。

人間や人生自体が好きというのは、悩みを人に愚痴りたくなる人の人生を好きになれるということです。

年上の男性のそのような姿を「ダサい」と思わず「人間は面白い」「人間は可愛い」と思えることが大切です。

美空ひばりさんの代表曲「愛燦燦」で「人はかわいい、かわいいものですね」という有名なフレーズがあります。

弱い男性などのお客さんを見て、そのような気持ちになれることが、愚痴聞き屋の才能と言ってもいいでしょう。

その他、ルックスがいいと指名を取りやすくなりますが、これは副次的な要素です。

あとは、時間に融通がきき、専業に近い状態であらゆる時間帯の依頼に応じられるというのは有利です。

ただ、愚痴聞き屋を専業にできる人はいません。

この条件を満たせる人は、ニートの女性であったり、専業主婦の女性であったり、あるいは学生さんになるでしょう。

このように多くの要素が愚痴聞き屋では必要になります。

決して楽に稼げるお仕事ではありません。

もし「楽に稼ぎたい」と思っているなら、下記のスマホdeマネーのようにスマホ1台で月収100万円以上も目指せるというビジネスに取り組むのがいいでしょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

愚痴聞き屋のアルバイトの求人はある?

愚痴聞き屋のアルバイトの求人はある?

愚痴聞き屋のアルバイトに興味をもち「求人はどこで見つければいいのか」と考えている人も多いでしょう。

ここでは、愚痴聞き屋のアルバイトの求人の見つけ方と時給などの内容を紹介していきます。

ジモティーで定期的に見つかる

アルバイトやパートの求人も含め、地元の情報が多数掲載されているジモティー。

同サイトでも各都道府県での愚痴聞き屋の求人が定期的に掲載されているものです。

たとえば2021年10月15日時点でまだ求人が終了していないものは2件あります。

東京都 時給1,200円~
香川県 時給1,080円~

上記のような時給となっており、どちらも自宅でできるものです。

そして、愚痴聞き以外の仕事内容では、下のようなものが書かれています。

  • 話し相手
  • 傾聴
  • カウンセリング

傾聴は「ひたすら相手の話を聞く」というもので「こちらはほぼ話さない」というのが特徴です。

話し相手はそのままで、カウンセリングについてはある程度高度な技術が必要となります。

何にしても、ジモティーを見れば大抵どこかの都道府県で求人が出ているといえるでしょう。

そして、愚痴聞き屋はエリアを問わないので、遠方であっても面接の日だけ遠出をすれば大丈夫といえます。
(今の時代、面接もZOOMや電話のみでできるかもしれません)

愚痴聞き屋の会社ホームページでも見つかる

愚痴聞き屋出典:https://www.guchikikiya.com/

愚痴聞き屋を専門業務として提供している会社も存在します。

たとえば上の画像の『ヒメサロ』様などです。

こちらの会社さんは、2021年10月時点で東京・神奈川・埼玉・千葉・仙台を中心に、全国で愚痴聞きのアルバイトを募集しています。

詳細の要点をまとめると、下のとおりです。

  • 求人は女性が対象
  • 日払いOK
  • 10代~30代
  • パパ活やレンタル彼女のような仕事はない
  • 未経験者歓迎
  • 週1日1時間からOK
  • フォームから応募の上、オフィス面談

このように、非常に「おいしい条件」のお仕事です。

時給は書かれていませんが、料金を見ると「60分5,000円」となっています。

ということは、単純計算で半分が女性の取り分とすると、時給2,500円となります。

ただ、先ほどのジモティーの求人の2倍以上というのは高すぎるため、1,500円前後であると推測できます。

ちなみに、こちらの会社さんではカフェなどで対面で愚痴聞きをするというパターンもあります。

おそらくそちらの方が需要がありそうですが、在宅で電話の愚痴聞きだけも可能であり、働き方を自由に選べるのが特徴です。

このように好条件の求人もあるものの、実際には愚痴聞き屋にそれほどのお金を払える、あるいは払う男性は少ないのが現状といえます。

そもそも「このようなサービスがあること自体知らない」という男性・女性がほとんどでしょう。

そのため、この分野でトップレベルの会社様に登録したとしても、稼げる人はごく一握りと推測できます。

その点、スマホ1台でできるスマホ副業であれば、特別なスキルがなくても誰でも稼げるのが利点です。

月収100万円を超える人も多くおり、非常におすすめできる副業です。

スマホ副業の詳細については「スマホ副業とは」のページでまとめています。

そのスマホ副業の中でも最も稼ぎやすいおすすめのビジネスは、下記のサイトのものです。

1日5分などのスキマ時間で誰でも気軽に取り組めるため、ぜひ詳細をリンク先でチェックしてみてください。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

愚痴聞き屋を開業するには?

愚痴聞き屋を開業するには?

愚痴聞き屋として雇われるのではなく「自分で開業してみたい」と考えている人も多いでしょう。

ここでは、愚痴聞き屋を開業する方法や必要なものを解説します。

免許や許認可は一切不要

愚痴聞き屋は心理療法を行うわけではありません。

そのため、公認心理師などの公的な資格や免許、許認可などは一切不要です。

極端な話、名乗れば誰でも今日から「愚痴聞き屋」といえます。

すぐ始められる分、いかに差別化するかが重要です。

心理系・カウンセラー系の資格はあるほど有利

無資格で始められるといっても、やはり心理系・カウンセラー系の資格はあるほど有利といえます。

たとえば、カウンセラー・心理・メンタル系の資格では下のようなものがあります。

  • メンタル心理カウンセラー
  • 認定心理士
  • メンタルケアカウンセラー
  • 精神保健福祉士
  • NLPプラクティショナー
  • メンタルケア心理士
  • プロフェッショナル心理カウンセラー

ほぼ通信教育を受講すれば受かるものから、ある程度難しい試験をクリアする必要があるものまで、さまざまです。

上記の他にも国家資格の「公認心理師」などハイレベルな資格もあります。

ホームページは開設するべき

ほとんど準備するものがない愚痴聞き屋ですが、ホームページは開設しておきましょう。

ホームページで直接受注しなくても、HPがあること自体が信頼につながるためです。

先に書いたようなクラウドソーシングなどの方法で受注するとしても、やはりホームページがあるほど依頼者に信頼されます。

ホームページは業者に依頼すると最低10万円前後はかかります。

しかし、たとえばWordPressの有料テンプレートなど、

  • 素人でもすぐに操作できる
  • デザインも本格的

というものを使うと、数万円で本格的なホームページを作ることも可能です。

愚痴聞き屋を開業する方法は上記のとおりですが、やはりどんな分野でも開業にはリスクがあるもの。

稼ぐことが目的であれば、ノーリスクで誰でも月収100万円を目指せる、下のサイトのビジネスも、一度チェックしていただくといいでしょう。
副業研究所おすすめのスマホ副業はこちら

\LINE登録無料!/

100万円を目指せる
招待制LINEに無料参加!

【まとめ】愚痴聞き屋とは

【まとめ】愚痴聞き屋とは

愚痴聞き屋は人生経験として体験する分には面白いお仕事です。

他にもおすすめの副業をみてみたいあなたは、こちらの記事もみてみましょう。

しかし、副業で稼ぐことを目的にするなら、スマホでできるお仕事を探す方がいいでしょう。

記事中でも紹介してきたスマホdeマネーは、当サイト・副業研究所が特に自信を持ってオススメできるものです。

詳しい仕事内容や稼げる仕組みなどは、下の公式ページをご覧いただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*