【必読】アクセサリー内職とは?仕事内容と始め方をやさしく解説!

【必読】アクセサリー内職とは?仕事内容と始め方をやさしく解説!

自宅でできる仕事を探すとき、最初に候補にあがる仕事の一つが内職でしょう。

内職で制作するものはさまざまですが、その中の一つに「アクセサリー」があります。

アクセサリー作りやハンドメイドが好きな人の場合、特にアクセサリーの内職に興味を持つでしょう。

「どのような仕事内容なのか」「報酬はいくら程度なのか」などの点が特に気になるかと思います。

この記事では上記のような疑問に答えつつ、アクセサリーの内職について詳しく解説します。

「アクセサリー内職の仕事をしてみたい」と考えている方には、きっと参考にしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • アクセサリー内職の概要
  • アクセサリー内職の仕事内容
  • アクセサリー内職のメリット・デメリット
  • アクセサリー内職の始め方

先に結論から書くと、アクセサリー内職の時給は上級者でも600円~700円程度で、初心者は500円を下回ることすらあります。

お金を稼ぐという点では非常に割の悪い仕事です。

そのため、収入を増やすために内職をしたいのであれば、別の仕事を探す方がいいでしょう。

たとえば当サイトがおすすめするスマホdeマネーなら、スマホ1台の簡単な作業で月収100万円も目指すことが可能です。

詳しい作業内容はリンク先で解説されているため、興味がある人はぜひご覧いただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

アクセサリーの内職とは?

アクセサリーの内職とは?

アクセサリーの内職とは、自宅でアクセサリーを手作業で作る仕事です。

材料は会社に行って車などで受け取り、それを自宅で制作します。

完成品は郵送もできますが、初心者のうちは直接持参することがほとんどのようです。

理由は、完成品に修正指示を出されることが多いためです。

郵送では修正指示を出す方も受ける方も難しいため、直接持参して実物を見ながらやり取りします。

最初の完成までは行けても、この修正の段階で挫折する人も多いようです。

慣れて修正がなくなると、完成品は郵送できるようになります。

また、会社によっては最初の材料の受け渡しも郵送です。

最初の応募の段階では、人材を募集している会社の説明会に足を運びます。

そこで説明を受け、技術の講習を受けたあとで自宅作業が可能となります。

おおむね上記のような仕事ですが、時給に換算すると500円程度しか稼げないといわれます。

達人ならもっと稼げる可能性もあるでしょうが、ほとんどの人は良くて時給700円程度になるはずです。

稼ぐことを考えるなら、スマホでできる副業などを選ぶ方がいいでしょう。

当サイトが推奨するスマホdeマネーなら、スキルや特殊な技術など一切不要で、スマホのみで稼ぐことができます。

稼ぐ人なら初日から日給10万円を超えることもあり、それが最短で翌日に口座に入金されます。

即金性や作業のしやすさなど、すべての面で取り組みやすい副業なので、ぜひ下記のリンク先から詳細をチェックしてみて下さい。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

アクセサリーの内職の仕事内容

アクセサリーの内職の仕事内容

「アクセサリーを自宅で作る」といっても、具体的にどのような仕事をするのかという点は、分からない人が多いでしょう。

この段落では、アクセサリーなどの具体的な作業内容を解説していきます。

アクセサリーを組み立てる

まず多いパターンが「部品を組み立てる」ものです。

会社から渡されたアクセサリのパーツを、指示書どおりに組み立てるものです。

わかりやすくビーズのネックレスでいうと、細いワイヤーにビーズを通していくなどの作業です。

これが基本的なもので、後はアクセサリーの種類やデザインに応じて、細かい高難度の作業が追加されます。

特に接着剤で何かをくっつけるなどの作業は難しいものです。

また、ワイヤーでビーズの穴などを通す作業も、それなりに視力や指の器用さが必要となります。

また、個人の能力だけでなく、作業するスペースを確保することも必要です。

特に大量の仕事を請け負う場合は、材料を保管しておくスペースも必要となります。

小さい子供や赤ちゃんがいる場合は、間違えて遊んだり飲み込んだりしないように注意することも必要です。

内職は自宅の中に材料があるという点でもあらゆるトラブルが起きやすいため、その点もよく配慮しておきましょう。

アクセサリーを1から制作する

これは上級者の仕事ですが、アクセサリーを自分で1から制作するというパターンもあります。

この場合も、会社から渡された材料の範囲内で行うということが多いものです。

材料はそのままコストになるため、会社としては「どんな材料でも使っていい」という許可を出すわけにはいかないためです。

基本的には、初心者がこのように最初から考える作業を担当させてもらえることは、まずありません。

自分でアクセサリーを制作して自分で販売するという形なら、最初からデザインを自分で考案することになります。

基本的に「内職」という場合は人に雇われることを指しますが、自分で売る場合でも内職と呼ぶ人もいるでしょう。

そのように自分で売る場合は最初から自力でデザインすることになりますが、そうでなければ「パーツを指示通り組み立てる」作業がほとんどと考えてください。

アクセサリー内職のメリット

アクセサリー内職のメリット

これからアクセサリーの内職に取り組もうとしている人は、この仕事のメリットを知りたいでしょう。

そのような疑問に答えるため、アクセサリーの内職の2つのメリットを解説していきます。

趣味が仕事になる

アクセサリー作りが趣味の人にとって、それが仕事になるというのは嬉しいことでしょう。

時給600円程度であっても、アクセサリー作りを長時間できて、材料費などもかからないというだけで嬉しいという人もいるかと思います。

また、同じ作業をひたすらくり返すのは、基本動作の習得にプラスになるものです。

たとえば、ストーンの穴をワイヤーで通すという作業自体は、アクセサリーのクリエイターであれば誰でもできます。

しかし、それを「1分にいくつできるか」という勝負になると、毎日大量にこなしている人が有利になるわけです。

そして、穴を通す作業が朝飯前にできるようになると、アクセサリー制作でも他の作業に集中できます。

そのため、全体の作業もスピーディーかつ高クオリティになり、クリエイターとしてのレベルも上がります。

趣味を仕事にすると、単純作業の連続であっても、上記のような仕組みでスキルが向上するのです。

アクセサリー制作のスキルを向上させ、かつ報酬ももらえると考えれば、アクセサリー制作が好きな人には嬉しいビジネスといえます。

副業として在宅で隙間時間に作業できる

アクセサリー制作に限らず、内職はすべて在宅でできるお仕事です。

いつでも好きな隙間時間に作業できるため、時間を有効利用しやすくなります。

家事で忙しい専業主婦の方や、小さいお子さんがいて育児が忙しいママさんにも有利といえます。

隙間時間を見つけてすぐ作業できるような環境は用意しておくことが必要です。

その条件さえクリアできれば、稼げるかどうかは置いておき「在宅で仕事をする」こと自体はできるでしょう。

他にもおすすめの在宅ワークを紹介している記事もあるんで合わせてご一読ください。

アクセサリー内職のデメリット

アクセサリー内職のデメリット

アクセサリーの内職には当然ながらデメリットもあります。

ここでは、アクセサリー内職を始めるときの注意点や仕事の短所を解説していきます。

手が器用でないとできない

アクセサリー作りは、もともと手が器用な人でないとできないものです。

もちろん、アクセサリーの内職を始めようとした時点で、ある程度手先は器用でしょう。

ただ、自己評価と実際の仕事で要求されるレベルはまた違います。

自分では器用だと思っていても、仕事で求められるレベルには達していなかったということはよくあるものです。

基本的に、アクセサリー制作を始めたばかりという初心者の人では付いていけないことがほとんどといえます。

何年も続けている上級者の方のみ、仕事としてまともにこなせるレベルといえるでしょう。

単価が安い

アクセサリーの内職は単価が非常に安いことで知られています。

1個の値段がいくらかは、そのアクセサリーや難易度、会社のルールによっても異なります。

その前提で書くと、あるブロガーさんの体験談では、ネックレス1つが30円ということでした。

その方の解説によれば、おそらく上級者でも1時間に20本作るのがやっとではないかということです。

その場合、時給で600円になります。

確かに、ネックレスを1つ完成させようとしたら、どれだけ早くても3分はかかるでしょう。

素材や構造の難易度によりますが、簡単なものでもやはりその程度の時間はかかると思われます。

さらに、会社に材料を受け取りに行く時間・納品に行く時間などもあるわけです。

こうして考えると、以下にアクセサリー制作の内職が割りに合わない仕事かわかるでしょう。

もしお金を稼ぐために内職をしたいのであれば、もっと簡単で稼げる仕事が多くあります。

その筆頭はスマホ1台でできるスマホ副業です。

たとえば当サイト・副業研究所がおすすめするスマホdeマネーなら、1日5分程度の短時間から取り組めます。

そして、本格的に取り組む人では月収100万円を超えているケースもあります。

非常に稼ぎやすく誰でも取り組める内容なので、ぜひ詳細を公式サイトでチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

アクセサリーの内職を始める方法

アクセサリーの内職を始める方法

アクセサリーの内職に興味を持った場合、その始め方も詳しく知りたいでしょう。

ここでは、アクセサリーの内職をどのように始めるかを解説します。

エージェントを利用する

エージェントとは代理店・仲介業者という意味です。

アクセサリーも含めて、ほとんどの内職は管理する代理店や仲介業者が存在します。

そうした業者が求人を出しているので、それに応募して仕事をもらうわけです。

流れは業者によって変わりますが、最初にオフィスに一度足を運ぶことがほとんどです。

そこで面接と同時に技術指導も行うことが多くなっています。

厳しいエージェントの場合は、その場で実技テストを行うこともあります。

レベルの高いアクセサリーを作る場合、変なものを作られたり、納期に遅れられたりするとエージェントも困るわけです。

そのため、自社の要求するレベルに応募者が耐えられるかどうかのテストをします。

このように厳しいエージェントも存在しますが、普通のアクセサリー内職はそこまで厳しくありません。

技術指導を受けてやり方を理解したら、材料を自宅に持ち帰って作業開始という流れです。

あとは完成したらエージェントに納品し、次の材料や指示をもらって、また同じように作業を続けるということに繰り返しになります。

クラウドソーシングを利用する

件数は少なめですが、クラウドソーシングにもアクセサリーの内職の仕事は出ています。

ランサーズやクラウドワークスでは少なく、ココナラ等に多いという印象です。

スキル出品系のクラウドソーシングや、女性が多いサイトで多数の案件があると考えてください。

特にクラウドソーシングで別の仕事によって実績が蓄積されているという人もいるでしょう。

その場合、その実績によって受注をしやすくなるため、クラウドソーシングを使うのがおすすめです。

クラウドワークスで仕事を探す!

クラウドワークス
今すぐ登録する!

フリマアプリを利用する

ラクマやメルカリなどのフリマアプリを使って出品します。

このやり方はエージェントなどから仕事をもらうのではなく、自分で制作して自分で売るという方式です。

人によっては「それは内職ではないのでは?」と思うかもしれません。

実際、内職という言葉の定義は曖昧なので、これを内職というかは判断が分かれるところです。

しかし、歴史の時間に習った「家内制手工業」に似た形というのは間違いありません。

家内制手工業も一種の内職なので、そう考えるとフリマアプリで売る方法も「アクセサリー内職」の一種といえるでしょう。

何にしても、自分で売る場合は制作以外で販売の努力もする必要があります。

商品写真の撮影、説明文の入力、落札者とのやり取りなど多くの仕事をこなすことが必要です。

アクセサリーを作る作業だけに専念したいという場合は、マルチな仕事を要求されることが障害となるでしょう。

逆に「いろいろこなす方が気分転換になっていい」「自分の好きなアクセサリーを作りたい」という人もいるはずです。

そうした人には、フリマアプリで自ら売る選択肢は有効といえるでしょう。

【まとめ】アクセサリーの内職はおすすめ

【まとめ】アクセサリーの内職はおすすめ

まとめると、アクセサリーの内職は趣味の技術を大幅に伸ばすことができ、おすすめです。

ただし、あくまで趣味の領域であり、稼ぐためのお仕事としてはおすすめできません。

稼ぐために内職をしたいのであれば、スマホだけでできるスマホ副業を選ぶのがいいでしょう。

当サイトがおすすめするスマホdeマネーなら、誰でもできるシンプル名作業で、日給10万円や月収300万円も目指せます。

始め方はLINEから無料で友達登録をするだけなので簡単です。

TwitterやFacebookなどのSNSでも話題になっており、今後同じノウハウで稼ぐ人が増えると、稼げなくなってしまうリスクもあります。

そのため、興味を持った時点で内容だけでも簡単にチェックしてみるといいでしょう。

スマホdeマネーの利用では料金や費用などは一切かからないため、始めることにリスクやデメリットはありません。

詳しい作業内容や始める方法などは、下記のリンク先でチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*