仕事の人間関係に悩んだら?疲れたときの対処法を解説!

仕事 人間関係

仕事の悩みは誰にでもあるものですが、特に多いのが人間関係の悩みです。

現時点で悩んでいて、対処法や改善策を知りたいと考えている人も多いでしょう。

この記事では、上記のような悩みを解決するため、下で示す内容を説明していきます。

読んでいただくことで、仕事の人間関係の悩みや問題を解決しやすくなるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • 仕事の人間関係に悩む例
  • 仕事の人間関係に疲れた時の対処法
  • 仕事の人間関係を良くする改善策
  • 仕事の人間関係を築く際にやってはいけないこと

余談ですが、仕事の人間関係については「どうしても解決できないケース」もあります。

その場合は、仕事をやめて別の方法で収入を得ることが必要です。

それが可能になる手段として、当サイトではスマホdeマネーというスマホビジネスをおすすめしています。

スマホの画面をタップするだけの簡単な作業で稼げるので、詳しい内容をぜひ下の公式サイトで確認してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

仕事の人間関係に悩む例

仕事の人間関係に悩む例

仕事の人間関係で悩むパターンやケースはさまざまです。

ここでは、その中のよく見られる3つの事例を解説します。

恋愛関係でトラブルになる

女性でも男性でも、職場の同僚や関係者と、恋愛関係でトラブルになることはしばしばあります。

よくあるパターンは男性が一方的に思いを寄せて、女性が困っているというものです。

有名な事例では、とある大手ステーキチェーン店のものがあります。

男性店長が取引先の求人広告会社の女性社員を強引に口説いていた出来事です。

求人広告の会社は女性社員を守るために担当者を男性に変えました。

それに怒った店長がその男性社員を殴り、暴行事件として逮捕された事件です。

求人広告会社が担当を変えたのは、この事件の直前に同じチェーン店で女性客の拉致暴行事件があったためです。

どう考えても変えるしかない場面だったのですが、変えたら今度は男性社員が殴られたというわけです。

求人広告会社の側からすれば「一体どうすればよかったのか」と思うでしょう。

会社がこうして守ろうとしてくれても、警察沙汰になるような事件が起きます。

仕事の人間関係の中でも、特に恋愛が絡むものは、大きなトラブルが起きやすいのです。

出世スピード・給与の格差でギクシャクする

特に同期との間で、出世のスピードや給与の格差が出てぎくしゃくすることがあります。

これは誰が悪いというわけでもありません。

年功序列を廃止することは、会社内部にとってもお客さんにとっても良いことです。

そのため、同じ年に入社しても出世する速度やお給料は当然異なってきます。

これ自体はいいことなのですが、やはり人間心理としてどうしても、そのような格差が生じると関係がぎこちなくなるものです。

「関わらなければいい」と思っても、同じ会社であればどうしても関わる機会が多くなります。

たとえば豊臣秀吉は先輩である柴田勝家などをさしおいて出世する際、非常に気を使っていました。

羽柴秀吉という名前の「羽柴」は、丹羽長秀と柴田勝家の名字を合わせてつけた名前です。

秀吉としては「自分の方が二人より圧倒的に上」というのが本音だったでしょう。

しかし、こうして先輩の顔を立てて、人間関係がうまくいくようにしていたのです。

戦国時代からこういう気遣いは必要だったわけですね。

それをしなければ駄目ということではありませんが、やっていた秀吉は偉いといえます。

パワハラ・モラハラ上司がいる

パワハラ・モラハラを行う上司がいれば、当然仕事に人間関係に悩むことになります。

もちろん、上司以外でも部下や同僚からモラハラを受けるというケースもあるでしょう。

ただ、基本的には上司から受けることが多いものです。

このような上司については、会社の上層部に訴えることができます。

それでも会社が動かないようであれば、別の稼げる仕事を見つけて転職することも考えましょう。

仕事の人間関係に疲れた時の対処法

仕事の人間関係に疲れた時の対処法

仕事の人間関係で疲弊したら、具体的にどうすればいいのか対処法を知りたいという人も多いでしょう。

ここでは、主な対処法を3つ説明していきます。

哲学や心理学の本にヒントを探す

書物の中には人生のヒントが相当にあるものです。

これは、紀元前から世界中の人々が書物に生きるヒントを見出してきたことを考えれば、確かなことです。

聖書や仏教の経典、コーランや論語などもすべて書物です。

また、黒人奴隷解放のきっかけとなったのも『アンクル・トムの小屋』という小説です。

書物の力は偉大で、哲学や心理学の名著には、人間関係の悩みを解消するヒントがあります。

たとえばアランの『幸福論』なら「喜んでいる人の肉体の動作を真似していれば、いつの間にか喜んでいる」と、体の動作が先であることがわかるでしょう。

『幸福論』でも他の書籍でも、歴代の多くの人々が参考にしてきた内容は「大体間違いない」といえます。

自然に触れ合う

仕事の人間関係に疲れたときは、そのストレスに潰されないようにすることが大切です。

そのために有効な方法の1つが、定期的に自然と触れ合うことです。

たとえば、アメリカのカリフォルニア州のある街は、長寿の街として知られています。

その街の人の平均寿命は、アメリカ全土より10歳長いのです。

日本でいうなら平均寿命92歳程度ということですね。

その街はとあるキリスト教系の宗教が中心になっていますが、その宗教に独特のルールがあるのです。

それが、週一の安息日には必ず自然の中で散策するというもの。

どれだけ仕事を抱えていようと、やらなければならないことがあったとしても、必ず決まった曜日に自然の中を散策するのです。

これによって、仕事などの悩みもリセットされるということです。

「自然なんかに触れ合う気分ではない」というときでも必ず行くルールを作っていることが、彼らの心身の健康に役立っているといえるでしょう。

関連記事:仕事でストレスが溜まった時の対処法

今の仕事をやめる

そもそも、今の仕事の人間関係で問題が起きているわけですから、その仕事をやめれば悩みは解決するのです。

その場合、収入をどうするかというのが一番の悩みでしょう。

逆にいえば、収入の問題さえ解決できれば、仕事の人間関係で悩むことはないといえます。

そのためには稼ぎやすい仕事を探すことが必要です。

具体的な仕事として、当サイト・副業研究所がおすすめするものは、スマホdeマネーです。

特別な資格や知識、スキルなどは一切不要で誰でも取り組めるビジネスとなっています。

ノルマやペナルティーもないので、自分のペースで好きなように働くことが可能です。

LINEから公式アカウントを友だち追加するだけで無料でスタートできるので、ぜひ気軽に下の公式サイトをチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

仕事の人間関係を良くする改善策

仕事の人間関係を良くする改善策

仕事の人間関係を良くするにはいくつかのやり方があります。

ここではその中でも特に多くの職場で適用できるものを3つ解説します。

一番信頼できる同僚に相談する

当然ながら、中の人同士で話し合わなければ職場の人間関係はよくなりません。

そのため、まずは職場で一番信頼できる同僚や上司などに相談しましょう。

そして、その同僚から「この人なら相談しても大丈夫」という人を教えてもらい、徐々に輪を広げていきましょう。

この取り組みを積み重ねて職場の人間関係を改善したい人の輪が広がれば、具体的にさまざまな対策を打ち出しやすくなります。

楽しそうな発声・表情・動作を「訓練」する

近年「心は肉体の動作から生まれる」ということが、心理学の多くの実験でわかっています。

そのため、たとえば「笑うヨガ」などの新たな訓練法も生まれています。

これは、皆でひたすら意識的に大笑いする訓練です。

単純なことですが、これは精神的にかなりの効果があるとされます。

先に紹介したアランの『幸福論』は、下のメッセージを説いたことで有名です。

「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」

具体的にいうと、顔の筋肉を動かすとそれだけ良いホルモンが生まれるということです。

そして、顔の筋肉も筋肉である以上、動かさなければ衰えていきます。

逆に日頃から鍛えている人はわずかな力を入れるだけでも笑いやすくなるのです。

笑いやすくなれば良いホルモンも生まれやすくなる、ということです。

そうしてあなたの中に良いホルモンが満ちていれば、ホルモンが伝染することもわかっているため、職場の雰囲気は良くなっていくでしょう。

笑う表情だけでなく「楽しそうな声・振る舞い」なども「訓練」するのが有効です。

副業で収入を増やす

副業で所得を増やすことで、仕事の人間関係も良くなります。

理由は、あなた自身のストレスが大幅に軽減されるためです。

これにより、問題のある同僚や上司がいても、あなたが平気で受け流しやすくなります。

そのため、今までだったら雰囲気が悪くなった場面でも、悪くならずに済むのです。

また、極端な話「仕事を辞めてしまう」という選択肢もあります。

現時点の仕事以外の収入がない場合には、この辞めるというカードを切れません。

しかし、副業で本業を上回る収入を得れば、仕事を辞めることはいつでも可能なのです。

そのため、副業で収入を増やすことは非常に有効といえます。

その状態を実現するために、当サイト・副業研究所がおすすめしているビジネスがスマホdeマネーです。

スマホ1台で誰でも稼げる仕事でありながら、最大で月収100万円以上も狙えます。

詳しい始め方や仕事内容などは、下の公式サイトをチェックしていただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

仕事の人間関係を築く際にやってはいけないこと

仕事の人間関係を築く際にやってはいけないこと

仕事の人間関係を築く上で、やってはいけないことがいくつかあります。

ここでは、その中でも主だったものを3つ紹介します。

同僚・上司・部下の陰口を叩く

陰口を叩くのは多くの人がやっていることですが、これはNGです。

理由は、陰口を叩いている時点で、あなた自身が信頼されなくなるためです。

よく言われることですが、陰口をその時叩いているということは、あなたは「別の場所でも陰口を叩く可能性がある」わけです。

たとえば、陰口を聞いている相手がAさんだとしましょう。

すると、Aさんはあなたについてこう思うわけです。

「この人は、私がいない場所では私の陰口を叩いているかもしれない」

これはAさんの考え過ぎではなく、実際にその可能性があるのです。

このような理由で、陰口を叩くと「自分自身が信用を失ってしまう」わけです。

そのため、職場の人についての陰口は、何があっても叩いてはいけません。

同僚などが陰口の話題を持ち出してきたときには、上手くスルーするようにしましょう。

仕事を人に任せず全部自分でやりたがる

有能な人は、仕事を人に任せるより自分でやった方が良いという場面が多くあります。

責任感があって能力が高いのはとてもいいことです。

しかし、人に仕事を任せないと部下や同僚が成長しません。

そして、仕事にやりがいを感じずに辞めてしまう確率が高くなります。

あるいは、退職はしなくてもモチベーションの低い「ただ出勤するだけ」の人材になってしまう恐れもあるでしょう。

何より、すべて自分でこなしていると自分の生活がハードになります。

若いうちは多少無理が効いても、一定以上の年齢になると無理もできなくなるものです。

そのとき、早くから人に仕事を任せていた人は、マネージャー的な立場で無理なく仕事を継続できます。

しかし、すべての仕事を自分でこなしていたら、そのような転身ができません。

職場の人間関係のためにも自分のためにも「人に仕事を任せる」ことを覚える必要があります。

何らかの理論が常に通じると考える

人間関係はマニュアル通りに運ぶことができません。

こうすれば人は確実に動くという理論はないのです。

「約束は守る」などの「ほぼ確実にやった方がいい」ということは当然あります。

そういう意味ではマニュアルに近いものもあるのですが、それは幼稚園児でもわかるようなごく基本的な原則のみです。

細かいことについては「こうすれば人は喜ぶ」という理論はないのです。

同僚や取引先、一人ひとりの相手とのやり取りで「空気を読みながら」進めていかなければなりません。

孫子の兵法など、歴史的な書物に共通しているメッセージは「臨機応変」です。

「決まったルールなど何もなく、状況に適応して結果を出すのみ」というのが、あらゆる名著に共通しているメッセージです。

「それでは答えにならない」「答えがほしい」という人が、一つのマニュアルに走ります。

そこに付け込むのがカルト宗教や自己啓発の団体です。

「たった一つの答えなど、科学の世界にもない」「科学もほとんど何もわからないまま適当に進んでいる」ということを知るといいでしょう。

『99.9%は仮説』などのベストセラーを読むと「わからないまま、スッキリしない状態を受け入れて生きていく大切さ」がよくわかるかと思います。

【まとめ】仕事の人間関係に疲れた時の対処法

【まとめ】仕事の人間関係に疲れた時の対処法

仕事の人間関係に疲れたとき、ここまで書いてきた対処方法は役立つことが多いでしょう。

しかし、根本的なブラック企業など「辞めるしかない」ということもあります。

その場合は、仕事に変わる目下の収入源として、文中でも紹介してきたスマホdeマネーのようなビジネスに取り組むのがいいでしょう。

具体的な始め方や実際に成功している人の体験談などは、下のリンク先でご覧いただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*