食費を節約する7つの裏技!継続して続けられるマル秘のテクニック!

食費を節約する7つの裏技!継続して続けられるマル秘のテクニック!

「食費はどれくらいが目安?」「どうやって節約するの?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

ここでは、食費が節約できる方法などを解説していきます。

食費の節約の仕方がわからない方、これから節約していこうと考えている方にはお勧めの内容となっています!

この記事を読んでわかること

  • 食費の目安
  • 食費の節約のコツ
  • 節約の注意点

結論としては、食費の節約と同時に副業サービスを用いて収入を増やすことが最適な解決策だと言えます。

中でもスマホdeマネーは非常に優秀な副業であり、一日15分程度の作業でも月収100万超えが目指せる稀有なサービスです。

ぜひ一度公式サイトをご覧ください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

食費を節約するなら1か月いくらが目安?

食費 節約

食費を節約しようと思っても、実際どれぐらい食費を削ったらいいかわからないものですよね。

まずは、一般家庭の食費にかかる平均をみてみましょう。

1人ですんでいる単身世帯、2人以上(2.98人)の世帯別にかかる食費はそれぞれ違います。

世帯別平均食費

  • 単身世帯…約2万8千円
  • 2人以上の世帯…約5万8千円

平均食費は、総務省統計局が発表した金額を参考にしています。

1人当たりにかかる食費の目安は、約2万8千円ぐらいですね。

節約を考えない食費はこれぐらいなので、これよりも多い場合は、平均金額よりも抑えることを目標に頑張ってみましょう。

ある程度平均以下に抑えることができた人は、次の目標で頑張ってみるといいです。

目標の食費金額

  • 単身世帯…約1万2千円~約1万7千円
  • 2人…約2万円以上~約3万円
  • 3人…約3万円以上~約4万円まで

米や調味料を含めて、これぐらいの金額が節約の目安となります。

2人の方が1人あたりの食費が安くなっているのがわかりますか?

料理はまとめて作ることで、食材を余すことなく使い切ることができるため、単身世帯よりも、1人当たりの食費は安くなります。

また、光熱費の節約にもつながるので、単身世帯より安く抑えることが可能です。

食費を節約するには、自分が無理なく頑張れる金額から始めれるようにしましょう。

平均よりも食費が多い人に一気に節約しろ、といっても無理です。

まずは平均以下の食費を目指しましょう。

もちろん、「スマホdeマネー」のような副業を始めて、節約するより稼ぐという手もあるので、食費を節約したくない人はやってみるべきですよ。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

食費を節約して貯金を増やす裏技

食費を節約して貯金する裏技

どうやったら食費は節約できるのでしょうか。

食費を浮かすためのテクニックをご紹介します。

こちらの記事で、貯金を増やす方法についても詳しく解説してあるので、合わせてご一読ください。

自炊する

食費を節約する基本です。

「自炊する」

これだけで、かなり節約できる人は多いのではないでしょうか。

節約したいと考えている人でも、自炊が好きでなく、外食中心になっている人が多いです。

外食中心の生活だと、どうしても自炊より高くつきます。

飲食店では、食材や人件費を価格に上乗せしているので、自炊より安いはずがありません。

食材を買ってきて自炊をする方が、食材の価格をコントロールできるうえ、人件費もかからないので、食費が圧倒的に安くなります。

また、普段から自炊をしている人は、節約意識が高くなってきます。

自分の作っている食材の価格をしっかり把握できるため、外食をしたときに、いかに価格が高いかが理解できるはずです。

自分で作るとこれぐらい安く作れるのに、高すぎる!という感覚になってきます。

高すぎるお店に行かなくなり、結果的に食費を節約できるようになってきます。

忙しくて自炊する時間がない時は仕方ありません。

お惣菜を買ってすませるなんてときもあるでしょう。

ここでの自炊の意味は、自分で作ることで節約意識を高めることを目的としているので、たまにお惣菜で済ますぐらいは問題ありません。

かさましする食材を選ぶ

かさましとは、量を多く見せるようにすることです。

食材を上手にかさましをすることで、食費を節約できます。

なぜ、節約できるかというと、量をかさまししている分、おなかが膨れやすくなりなるからです。

おなか一杯だと、それ以上食べたいと思いませんよね?

無駄な量を食べなくなるので、食材の消費を抑えることができます。

また、間食を防ぐことにも繋がり、ダイエットにもなります。

できれば、かさましする食材は安くて、栄養価の高い食材がいいです。

かさましできる食材

  • キャベツ
  • 豆腐
  • おから

などの食材がいいでしょう。

豆腐ハンバーグにし、量を多く作ってみるのはどうでしょうか。

肉のハンバーグより安く作れて、栄養価も高い。

量を多く食べれるので、満足もできる!

といったように、美味しく楽しい節約ができます。

かさまししても影響がない食材を日々のメニューに盛り込んでみましょう。

大量に作る

まとめて大量に作ると、食材を余すことなく使えるので、効率がよくなります。

結果的に食材を多く買わなくてもよくなるので、ちょこちょこ料理するより、まとめて作る方が料理はお得なのです。

冒頭で食費の目安を解説しましたよね?

単身世帯よりも、2人以上の世帯の食費平均が安くなっていると思います。

その理由は、まとめて料理を作れるからなんです。

しかも、朝にまとめて作ってしまえば、昼と夜に食べることもできます。

夜に多めに作ったら、朝にレンジで温めて食べればいいのです。

料理を作る時間も節約できるので、まとめて作るのは本当におすすめです。

カレーライスやシチューなんかは、まとめて作れて栄養価の高い(作り方によりますが)レシピの代表といえます。

料理は、まとめて作るようにしましょう。

無駄に食材を買い込まない

使わない食材は、はっきりいって無駄です。

必要な食材だけを計画的に購入するようにしましょう。

例えば、スーパーにいって卵のセールを行っていたとします。

家にまだ使い切っていない卵があるにもかかわらずに、購入してしまう人。

「安いのでお得!」と思ってついつい買ってしまうような人。

このような人は、食材を無駄に購入しています。

卵が使い切っていないのに購入してしまうと、食材の消費期限が切れた場合に捨てる羽目になって、無駄になってしまいます。

そうならないために、食材は無駄なく購入するようにしましょう。

間違っても、価格が安いという理由だけで食材を買い込むのは節約になりませんので、注意が必要です。

セールを逃さない

必要な食材は、なるべくセールで購入するようにしましょう。

単純に普段よりもお得に食材を購入できるからです。

例えば、普段ではネギ1束198円なのに、セールの日にいくと98円で販売していたりします。

倍くらいちがうので、バカにできないものです。

世帯人数が多い家庭であれば、なおのことセールを利用しない手はありません。

近くのスーパーの安い日を把握しておきましょう。

イオンであれば、火曜日が安かったりします。

できれば、自分のいける範囲のスーパーの価格はきちんとチェックしておきましょう。

新聞を取っている人であれば、スーパーの特売品を足を運ばなくても知ることができます。

食材はなるべく安く仕入れるようにしましょう。

ただし、先ほどの項目でも解説しましたが、セールで価格が安いから購入してしまうのはやめてください。

無駄な買い物は節約では厳禁です。

自分の冷蔵庫の中身をしっかり把握してから、セールに突撃しましょう!

支払い方法を工夫する

スーパーでの支払い方法を工夫するようにしましょう。

例えば、PayPayという決済サービスを活用すると、ポイント還元がお得になる。

といったスーパーではPayPayをつかって支払いをする、といった感じです。

ポイントカードがあるスーパーであれば、必ず作ってポイントをためましょう。

ポイントをためると、ポイントが現金代わりに利用できる店舗が多いので、最寄りのスーパーに適した支払い方法やポイント還元を利用して、お得に買い物をするといいです。

副業を始める

節約を考えるのもいいですが、月々の食費を副業の収入でおぎなうという手もあります。

副業といっても、たくさん稼がなくてもいいです。

月々に5000円ぐらい副収入があれば、食費を無理に節約しなくてもよくなります。

普段食費を節約して、副業で得た収入だけを外食に充てることだってできます。

ですが、難しい副業であれば、稼ぐ時間もかかり、体力的にもシンドイのでおすすめしません。

やるのであれば、スマートフォン1台でできる副業をおすすめします。

例えば、「スマホdeマネー」という副業は、稼げる案件をスマートフォンに送ってくれて、それをもとに作業をするだけで稼げるビジネスモデルです。

スマートフォンでタップ操作できるだけで稼げてしまうので、誰でも稼ぐことができます。

また、スマートフォンで作業できるということは、家事の合間といった隙間時間を有効活用できます。

隙間時間を活用し、ちょこちょこ操作しているだけ。

これだけで十分稼げる副業ので、生活に支障をきたすことなく稼ぎ続けられます。

このようにスマートフォン1台でできる副業なら簡単にできるため、その収入を食費に充てるという手段もとれるのです。

節約だけを考えると精神的にまいってきますよね。

ちょっとだけ副業で稼いで、気晴らしに美味しい物を食べにいってみてはいかがでしょうか。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

食費を節約する際の注意点

食費 注意点

食費を節約するコツを解説しました。

いずれも実践すると必ず節約できますが、注意点もあります。

継続できる裏技を使う

節約は1か月だけ頑張ればいいというものではありません。

ずーっと続けてかなければならないのです。

自分にとって無理なく継続できる節約方法を選択しましょう。

といっても、なかなか思うようにいかないと思います。

そこで、裏技として、「予備費」というものを設定しておくのをおすすめします。

「予備費」とは、食費がオーバーしたときだけ使用できる費用のことです。

1000円か5000円くらいでしょうか。

食費を切り詰めると、精神的にキツイです。

オーバーすると、食べられなくなるだけでなく、自分の目標を守れなかったことにより、自己嫌悪に陥ってしまいます。

そうならないために、あらかじめオーバーしてもいい金額をとっておくのです。

気持ちに余裕ができ、継続しやすくなります。

予備費の設定は人それぞれですが、節約を始めたばかりの時は、多めに用意しておくのをおすすめします。

無駄に食費を削りすぎない

食費を削りすぎると、精神的によくないです。

食費を削りすぎてしまうと、貧しい食卓になり、活力が湧きません。

そうならないために、食費を削りすぎるのは辞めましょう。

無理なく、節約するのがいいです。

食事は、生きるための大事な活力となるので、貧しい食卓にしない程度の節約をこころがけましょう。

もちろん、節約する以上に稼げばいいので、「スマホdeマネー」のような副業を始めるのも良い手でしょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

食費を節約する裏技に関するQ&A

食費 質問

食費の節約に関するよくある質問をまとめました。

買い物に行くとついつい予算以上使ってしまいます。

節約しようと思っても、ついつい使ってしまうときは、誰にだってあります。

そのような時は、無理に節約をすることを考えずに、稼ぐことを考えるのもありです。

前の項目で解説しましたが、空いた時間で始められる「スマホdeマネー」という副業で稼ぎ、予算以上に使った分を穴埋めするのもいいでしょう。

1か月だけ、予算オーバーしてしまうのは仕方ないですが、何度もオーバーしてしまうのであれば、節約よりも稼ぐことに比重を置いた方がよさそうです。

アルバイトを始めてもいいのですが、体力的にシンドイうえに、時間が拘束されてしまいます。

簡単に稼ぐのであれば、スマートフォンでできる副業をやってみましょう。

スマホdeマネーは、簡単にスマホ1台で稼げてしまいます。

無理に節約をしなくても、稼ぐ金額が増えるごとに貯金できる金額が増えていきます。

貯金だけでなく、欲しい物も自由に購入することだってできます。

予算以上につかってしまっても全然悲観することはありません。

稼ぐことに比重を切り替えて、スマホdeマネーのような副業を始めてみましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

食費節約を継続するコツを教えてください

どうしても継続しない人には、多少荒業を行ってみるのはどうでしょうか。

そもそも、お金を持っているから、無駄な買い物をしてしまうのです。

なら、いっそのことお金は持ち歩かないようにする、といった方法があげられます。

全く持たないのではなく、使う分だけ持ち歩く、という意味です。

「今日は1000円以上使わない!」と決めたら1000円だけ財布に入れて、買い物に出かけます。

財布に必要以上のお金があるから、使いたくなるので、使わない分は置いていけばいいのです。

財布に現金以外も入れてはいけませんよ?

クレジットカードを持ち歩いては意味がないので、置いていきましょう。

ちょっと不安に感じると思いますが、どうしても継続しない人におすすめの方法です。

【まとめ】食費を節約する方法

まとめ 食費

いかがでしたでしょうか。

食費の目安は単身で約2万5千円くらいです。

平均よりも高い人はまずは平均以下になるように目指しましょう。

どうしても、節約が難しい方は副業でかせぎ、食費を無理におさえないのもありです。

やるのであれば、できるだけ楽にできる「スマホdeマネー」をおすすめします。

スマートフォンでできるため、時間に拘束されずに稼ぐことができるからです。

興味がある方は、公式サイトから登録してみましょう。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*