サラリーマンがコロナで受ける影響は?コロナ時代に稼ぐための5つの行動!

サラリーマンコロナ

新型コロナはサラリーマンの仕事・生活にも多くの打撃を与えています。

「この影響はいつまで、どこまで広がるのか」という不安を抱えている方は多いでしょう。

あるいは「今、サラリーマンに求められていることは何か」「リストラされたらどうすればいいか」などの点も気になるかと思います。

この記事では、これらの疑問にお答えしてコロナでサラリーマンが受ける影響や取るべき行動などを解説していきます。

コロナの騒動下でもたくましく生きたいと考えるサラリーマンの方には、特に参考にしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること

  • コロナとは何か
  • コロナがサラリーマンに及ぼす影響
  • コロナでサラリーマンに求められていること
  • コロナでリストラになったサラリーマンがとるべき行動

今回の騒動で、会社だけに収入源が依存している状態は危険ということを、多くの人があらためて感じたかと思います。

少しでも多くの収入源を確保し「何が起きても慌てない」人生を送る必要があります。

そのために当サイトがおすすめするのが、副業研究所イチオシの副業というビジネスです。

スマホ1台で簡単にできる作業で、老若男女誰でも月収100万円以上を目指すことができます。

詳しい内容や始め方などは、下の公式サイトから確認してみてください。

\副業研究所おすすめ!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

コロナとは

コロナとは

コロナとは「コロナウイルス」の略称です。

英語では「corona-virus」と書くため「CoV」というアルファベットの略称があります。

中国語では冠状病毒と呼ばれます。

発見されたのは1960年代と意外に古いウィルスです。

実は、2003年に中国を中心に大流行したSARSもコロナウィルスです。

あのウイルスはSARSコロナウイルスといい、通称SARSウイルスと呼ばれています。

今回のコロナウイルス2019新型コロナウイルスと呼ばれますが、SARSコロナウイルス2とも呼ばれます。

2003年に流行ったSARSと根本的には同じウィルスが、今回の騒動を引き起こしているということです。

コロナがサラリーマンに及ぼす影響

コロナがサラリーマンに及ぼす影響

コロナがサラリーマンに及ぼす影響は多くあります。

ここでは、その中でも主だったものを3つ解説していきます。

経営不振による解雇

まずすでに見られている一番大きな影響として、経営不振による解雇があげられます。

テレビ朝日ニュースの4月1日の報道の報道によれば、すでに1000人超という人数です。

これは厚生労働省が発表したデータで、3月30日の時点で1021人ということです。

業界としては宿泊業や、バス運転手などの観光業の仕事で失業者が多く見られます。

そして、ハローワークでもすでにこうした方による求職活動が多くなっているということです。

合わせて深刻なのは、学生の就職内定の取り消しです。

こちらは23社かつ58人という人数で、本来ありえない内定取り消しは学生にもショックを与えています。

このような状況の中「新しい仕事を探さなければいけない」「別の収入源を持たなければいけない」と感じている人もいるでしょう。

そのようなサラリーマンに当サイトがおすすめしている副業が、副業研究所イチオシの副業というビジネスです。

スマホ1台の誰でもできる簡単な作業で、月収100万円以上も目指せるという内容です。

始めるのも無料で継続するのも無料と、最初から最後まで完全無料なので、リスクは一切ありません。

1日5分などのスキマ時間で効率的に稼げるビジネスなので、ぜひ気軽に下の公式サイトを確認してみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

働き方の変化

働き方については、日本全体でリモートワークが増加しています。

リモートワークとは、会社から離れた場所で業務を行う勤務形態です。

「離れた場所」とは、具体的には下のような場所があります。

  • 自宅
  • カフェ
  • レンタルオフィス
  • コワーキングスペース
  • ホテル

その他どこでもいいのですが、いわゆるノマドはリモートワークに近いといえるでしょう。

(ノマドとリモートワークの違いは、フリーランスかどうかが主になります)

そのリモートワークですが、以前から育児中の社員などに適しているとして話題になっていました。

しかし「未解決の課題が多い」ということで、採用に踏み切れなかった企業が大多数です。

それが、今回のコロナの騒動で「すべての企業が、課題を解決していない状態で、リモートワークを始める」ことになりました。

この点は、日経ビジネスの「新型コロナでリモートワーク急拡大、でも少し変じゃない?」という記事で指摘されています。

良くも悪くも多くの企業が実際に始めてみたことで、各社の働き方がこれから大きく変わるでしょう。

リモートワークをうまく管理できない企業もあれば、できる企業も出てくるかと思います。

そこで業績の差が出れば、上手く行かなかった企業も生き残るためにリモートワークで成功した企業を真似るようになるでしょう。

そうなれば、さらにリモートワークが広がっていき、働き方が変わると考えられます。

価値観の変化

震災では多くの人が「いつ死ぬかわからない」という価値観を持ちました。

今回のコロナでは、仕事がいつなくなるかわからないということを実感したでしょう。

特に観光業など、騒動の直前までは円安のおかげで「大賑わい」だったのです。

それが一転して、わずか2週間~1カ月程度で「キャンセルが相次ぐ」状態になってしまいました。

日本では亡くなった人はまだ海外ほど多くないため、震災ほど「命の儚さ」を感じている人は少ないといえます。

代わりに「仕事の儚さ」を感じた人が多いでしょう。

「一寸先は闇」ということわざもあります。

「昔から長く言われてきたことは、多くの人がそれを正しいと思う事件が定期的に起きていたから、語り継がれてきたのだ」と、あらためて実感できるでしょう。

仕事がいつなくなるかわからない以上「複業」を持っておくことは重要です。

2つ以上の仕事を持つことについては「パラレルワークとは?」の記事を参考にしていただけたらと思います。

コロナでサラリーマンに求められていること

コロナでサラリーマンに求められていること

コロナの騒動で、どのようなことがサラリーマンに求められているのかを知りたい人も多いでしょう。

この段落では、コロナでサラリーマンに求められていることを3つ解説します。

在宅勤務への適応

今回の騒動はまだまだ1年ほど長引くと考えられています。

その期間にリモートワークが定着した会社では、今後もリモートワーク・在宅勤務が多くなるでしょう。

実際、企業にとっても在宅勤務で上手くいくならその方がいいのです。

理由は、オフィスの地代や光熱費などを削減できるためです。

従業員のドリンクなどの福利厚生も大幅に減らせます。

実際、WEB系で利益を出している人の多くは自宅を仕事場にしており、体裁は悪くても利益率は非常に高いのです。

このことに、いわゆる「リアル企業」も気づき、実際にリモートワークでチームが機能するようになったら、リモートワークがどんどん増えていくでしょう。

そのとき、スカイプなどのテレビ電話での会議はもちろん、パソコンでのファイル送信などのあらゆる機能を使いこなさなくてはなりません。

また、在宅勤務でモチベーションを保ち続ける、自己管理を徹底するなどの点も意識する必要があります。

こうした在宅勤務への適応が、今後多くのサラリーマンに求められるようになるでしょう。

コロナでもビジネスが成り立つようなアイディアを出すこと

これはかなりハードルが高いことですが、一番求められているのは「アイディア」でしょう。

在宅勤務以前に、そもそも会社が立ち行かなくなったら意味がないのです。

逆に「コロナだからこそ求められている仕事」を考え、会社の中で新規事業として始めるなどの挑戦が必要になります。

たとえば、あるWeb会社はWeb結婚式の「ネットウェディグ」のサービスを提供しています。

結婚式の開催が自粛されている今でも、このサービスなら利用できます。

また、買い物への外出を人々が控えているため、生協の宅配の需要は2割増しになっているということです。

これは、宅配系のビジネスは今逆に需要があるということを示しています。

このように、それぞれの業界でコロナの影響の中でも経営が成り立つようなアイディアを出すことができたら、理想といえるでしょう。

いざという時に備える貯金型に切り替えること

今回の騒動で、リーマンショックや東日本大震災レベルの大変な事件が「割と頻繁に起きる」というのを、あらためて多くの人が実感したでしょう。

こうしたトラブルで慌てないために、日頃からしっかり貯金をしておく必要があります。

もちろん、貯金でなく早めに現金化できる安定的な資産でもいいでしょう。

何にしても「最悪の事態は起こる」という前提で、常に行動することが求められます。

そして、貯金をするには倹約だけでなく「稼ぐこと」も大事です。

稼ぎやすい楽な仕事については「楽な仕事」の記事をご参照ください。

コロナでリストラになったサラリーマンがとるべき行動

コロナでリストラになったサラリーマンがとるべき行動

コロナでリストラされてしまったサラリーマンが取るべき行動は3つあります。

ここでは、その3つの行動を解説します。

自分で稼ぐ術を身につける

コロナであろうと他の原因であろうと、リストラされたら自分で稼ぐしかありません。

もちろん、普段なら再就職先をすぐに探すという選択肢も有効でしょう。

しかし、今回は「どの業界でも景気が厳しい」ため、就職できる保証がありません。

特にリストラされたのと同じ業界だと厳しいでしょう。

観光業や飲食業などは、業界全体が弱っているためです。

そのため、この状況下ではリストラされたサラリーマンも「自分で稼ぐ能力を身につける」必要があります。

それができる仕事として、当サイト・副業研究所では副業研究所イチオシの副業というビジネスをおすすめしています。

スキルや経験が一切不問で誰でもすぐに始められるビジネスです。

スマホ1台でスキマ時間にできる簡単な作業内容ですが、最大で月収100万円以上も狙うことができます。

詳しい内容や稼いでいる人々の体験談・口コミなどは、下のリンク先の公式サイトからご覧いただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

早めに再就職・転職をする

上の段落では新しいビジネスを始めることをおすすめしました。

しかし、やはり就職していないと不安という方も多いでしょう。

その場合は早めに就職活動をし、次の仕事を見つけることをオススメします。

言うまでもなく、日本では再就職の期間が開けば開くほど不利になるためです。

「すぐに雇ってもらえなかったダメな人材」と思われてしまうわけですね。

あるいは「すぐに就職活動をしなかったやる気のない人材」と思われてしまいます。

そう思われないよう、再就職・転職の活動は早めにしましょう。

ハローワーク(公共職業安定所)に通う

再就職の活動の一部ですが、ハローワーク(公共職業安定所)に通うことも有意義です。

理由は、今回のコロナの件について理解があるためです。

もちろん、直接の就職活動でも企業の担当者からある程度の理解はしてもらえるでしょう。

しかし、一番親身になってくれるのはハローワークと想定できるため、同所の利用がおすすめです。

転職エージェントを使う

ハローワークは公的なサービスですが、その民間のバージョンが転職エージェントです。

マイナビエージェントなど、多くの会社のサービスが無料で利用できます。

無料の理由は「採用する企業側がコストを負担する」ためです。

スキルが高ければいい就職先が見つかることもあるので、登録だけしてみるのもいいでしょう。

専門学校や通信教育で資格を取得する

コロナの騒動が収まるまでは、どの会社でも採用を控えることが多くなります。

そのため、一定の貯金があるならむしろ資格を取得する勉強期間に充てるのもいいでしょう。

キャリアアップに大幅に役立つ資格が業界ごとにあるため、そうした資格を集中的に学ぶのがおすすめです。

専門学校は一部休講になっていますが、通信教育は問題なく利用できるため、通信教育やWeb講座を利用するといいでしょう。

コロナがサラリーマンに及ぼす影響に関するQ&A

コロナがサラリーマンに及ぼす影響に関するQ&A

コロナの騒動がサラリーマンに与える影響で、多くの人が知りたいことは共通しています。

ここでは、その中でも特によくある質問を2つ解説します。

コロナで逆に儲かっている会社とは?

これは、東洋経済オンラインの「新型コロナでもうかっている地味な企業とは?」という記事で特集されています。

その例として紹介されたのが、日本エアーテックという会社です。

同社は下のような業容の企業です。

顧客 医薬品メーカー・半導体部品関連企業など
売れている製品 感染症対策向けの間仕切り・ブースなど

普段こうした製品の需要は変動がありませんが、今は急激に増産されている段階でしょう。

もちろん、コロナが収束したら需要も止まるわけです。

このため、日頃から「さまざまな仕事」をしておく必要があります。

投資についても、インデックス投資のように「全てに賭けておく」のが一番安全といえます(リターンも小さくなりますが)。

自分で在宅ワークを見つけるにはどうすればいい?

これは、まずクラウドソーシングを使うのがおすすめです。

たとえば大手のランサーズやクラウドワークスなどのサービスを使うのがいいでしょう。

また、もっと簡単に稼げるビジネスとしては、上の画像の「副業研究所イチオシの副業」をおすすめします。

クラウドソーシングと違い、ライティングやデザイン、プログラミングなどのスキルが不要で稼げるのが魅力です。

スキル・知識・経験・学歴など一切不問で、スマホを使った単純作業だけで稼げます。

より詳しい仕事内容や稼いでいる人の体験談などは、下の公式サイトから確認していただけたらと思います。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

【まとめ】コロナがサラリーマンに及ぼす影響

【まとめ】コロナがサラリーマンに及ぼす影響

悪影響が多いとされる今回のコロナですが、生き残った会社・人にとっては逆に有利です。

この間に蓄えのなかったライバル企業などが落ちていくためです。

こうした状況を逆にプラスに持っていけるようなビジネスを、日頃から展開すべきといえるでしょう。

そのためにも、サラリーマンの方は個人で行うビジネスを増やし、収入源を多角化すべきです。

その方法の一つとして、文中でもおすすめしてきた副業研究所イチオシの副業の詳細を、ぜひ下の公式サイトでチェックしてみてください。

\今話題の副業!/

人気急上昇中の
オススメ副業はコチラ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*