弁護士におすすめの副業5選!認められている仕事を厳選!

そもそも弁護士は副業出来るの? 始め方・注意点などを紹介

副業を解禁する企業が増えており、本職だけではなく副業で稼ぐ人が増えています。

サラリーマンであれば、会社が許可をしていれば、すぐに副業を始めることが可能です。

一方で、弁護士を始めとする専門職でも、サラリーマンが行っている副業を始められるのでしょうか。

今回は、弁護士を本職している人が副業を行う場合の注意点や副業を勧める理由をご紹介します。

弁護士でなかなか稼げていないという人には必見の内容です。

自分に合う副業を見つけて、生活の足しにしましょう。

この記事を読んでわかること

・弁護士は副業をすることができないのか

・弁護士が副業をする際の注意点

・弁護士が副業をするべき理由

・弁護士におすすめの副業5選

結論から言うと忙しい弁護士は副業のために長い時間を割くことが難しいでしょう。

そこで忙しいおすすめな副業がセレクトです。

セレクトは一日最短30分から作業をすることが出来ます。

また時間と場所を選ばずにスマホ一つで作業をすることが出来ます。

興味を持った方は毎日の通勤時間から稼ぎ始めましょう。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

弁護士は副業をすることができないのか

弁護士は副業をすることができないのか

それでは、弁護士が副業を行うのは可能なのでしょうか。

結論としては、弁護士でも副業をすることは可能です。

ただし、弁護士が副業を行う場合、制限があります。

その制限とは、弁護士という仕事のイメージが壊れすぎないような仕事です。

弁護士法1条1項に「弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」という項目があり、あまりにも弁護士のイメージから離れている副業の場合、注意を受ける可能性があります。

弁護士が副業を始める場合は、周りの弁護士とも相談し、注意を受けない副業を選択しましょう。

弁護士が副業をする際の注意点

弁護士が副業をする際の注意点

弁護士が副業を行う場合、弁護士のイメージが壊れない副業を行う必要があります。

しかし、そのほかにも弁護士が副業を行う上で、ルールがあることに気を付けなければなりません

まず、注意点として挙がるのが、弁護士が副業をする場合、届け出をする必要があります。

また、弁護士が副業を行う場合、公表されるため、予め確認しておきましょう。

副業をする際には届出が必要

弁護士が副業を始める場合、弁護士会に副業を行う旨の届け出を出す必要があります。

以前は、弁護士会に副業の届け出を行ったあと、さらに「許可」が必要でした

現在では、許可も不要となり、弁護士会に副業を行う届け出を出せば、副業を行えます

弁護士が副業を行うハードルも下がり、特に心配なく始めることができるようになりました。

副業をしていることは公表される

また、弁護士が副業を行うことは公表されます。

弁護士法30条2項によると、「営利業務従事弁護士名簿を作成し、弁護士会の事務所に備え置き、公衆の縦覧に供しなければならない」と記載されています。

つまり、副業の届け出を提出した弁護士は、弁護士会が保管している名簿に掲載され、内容は誰でも閲覧が可能です。

弁護士が副業を行うことに対しては、刑罰などは一切ありませんが、副業をしている事実は公表されるため注意が必要です。

弁護士が副業をするべき理由

弁護士が副業をするべき理由

一方で、職業としても人気の高い弁護士ですが、なぜ弁護士が副業を始めなければならないのでしょうか

弁護士が副業を始めなければならない理由として、次の2点があがります。

1つ目は、弁護士の増加です。

弁護士の増加に伴い、弁護士の仕事だけで生活できる人が少なくなっています。

そのため、弁護士の中でも副業を始めて稼ぐ人が年々増えているのが現状です。

2つ目の理由は、時代の変化です。

これは、弁護士の仕事自体が減っていることが挙げられます。

それでは、弁護士が副業しなければならない理由を2つ説明します。

①弁護士人口の増加

弁護士の数は増加をしており、1999年から行われている司法制度改革により、弁護士の数は2倍以上に増えました。

そのため、弁護士としての給料も年々減っており、弁護士の仕事だけでは生活できない人もいます。

また、弁護士は分野ごとに実力も必要であるため、なりたての頃はあまり稼げません。

弁護士になりために何年も試験を受け続ける人もいるため、給料が割に合わないと感じる人も少なくありません

②時代の変化

弁護士が副業をするべき理由として、時代の変化も挙げられます

1999年の司法制度改革により、弁護士の人数は当時の2倍以上に増えました。

しかし、弁護士が行う仕事がないことが現状です。

つまり、事件が減っているということです。

弁護士が仕事をしてお金を稼ぐには、事件が起こらなければなりません。

2009年に25万件の裁判があったものの、2014年には14万件ほどに減少しています。

そのため、弁護士の数が増えている一方で、弁護士が活躍できる機会が減っています。

この事実こそが、弁護士も副業を始めなければならない理由です。

弁護士におすすめの副業5選

弁護士の数が急増してしまったことや、事件が減少したことにより、弁護士の仕事が激減しました。

この2つ以外にも理由はありますが、弁護士はお金を稼げない職業となってしまいました。

特に弁護士になりたての時期は、仕事もあまりなく稼げないのが現状です。

そこで、おすすめしたいのが、弁護士でも簡単に始められる副業です。

おすすめ副業の記事と合わせて参考にしてみてください。

セレクト

セレクト

まず、初めにご紹介するのが、セレクトです。

セレクトとは、スマートフォンで作業を行える副業で、移動や場所が制限される弁護士でも始められます。

さらに、作業時間は10分から始めることができ、多忙な弁護士でも隙間時間を見つけて取り組むことができる副業です。

作業時間自体は10分から始めることができますが、時間を増やしていけば稼げる額も増えるため、効率的にお金を稼げます

弁護士の仕事は多忙ですが、セレクトを始めて、弁護士の給料の足しにしてみはいかがでしょうか。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

プチ起業

プチ起業

次にご紹介するのが、プチ起業です。

プチ起業とはLINEを使って、案件を紹介してもらいながら稼ぐサイトです。

LINEに登録することで、お金を稼げる案件の紹介がくるため、自分に合った仕事を選べます。

スキルや経験を必要としない難易度の低い仕事が多く、初めての人でも安心して働けます。

また、プチ起業は時間が限られている人にもおすすめです。

自由に働けるため、ちょっとした隙間時間を活用できることができます。

弁護士の仕事は1日の時間を多く必要とされる仕事ですが、少しの時間を見つけて取り組められるのがプチ起業のメリットです。

楽しく副業をしたいという方は今すぐプチ副業を始めてみましょう。

\話題沸騰中!/

プチ起業に
無料で登録する!

どこでもビジネス

どこでもビジネス

どこでもビジネスとは、オファー紹介型の副業です。

LINEに登録すると複数の副業ビジネスが紹介され、自分の好きな仕事を選択することができます。

複数の仕事が送られてくるため、もちろん中には難易度の高い仕事もあります。

しかし、ほとんどの仕事は誰でもできるような仕事が多く、応募についても制限はありません。

スマートフォン1台で始められる副業でもあるため、忙しい弁護士でも気軽に始めることができます。

\次世代在宅ワーク!/

どこでもビジネスに
無料で登録する!

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー

「ファイナンシャルプランナー」という仕事を聞いたことがある人も多いかもしれません。

しかし、どのような仕事であるか知らない人も多いのではないでしょうか。

ファイナンシャルプランナーは、お金の専門家であり、節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、相談できる仕事です。

例えば、結婚したらどれくらい貯金をすれば良いのか、自分の年齢だとどの保険に入れば良いのかなど、お金に関わる全ての相談をします。

お金の専門家と言うことで、お金も稼げそうなファイナンシャルプランナーですが、資格が必要です。

試験の内容としては、年金や保険、資産運用といった出題が多く、勉強をすれば取得できます。

また、ファイナンシャルプランナーの資格は、在宅でも勉強できる講座が開かれており、塾などに行く必要もありません

弁護士をしていれば、ある程度お金についての知識もあるため、資格のハードル自体も低いです。

日ごろから様々な相談を行っていることもあり、弁護士という仕事をそのまま活かせる副業と言えます。

詳しくはファイナンシャルプランナーの副業記事で解説しています。

不動産投資

不動産

最後におすすめするのが、不動産投資です。

不動産投資は、副業のなかでも人気があり、労働をせずに収入を得ることができます

基本的には、不動産を購入し、そして人に貸すことで家賃収入を得るスタイルになります。

不動産投資はサラリーマンでも行っている人が多く、時間の少ない人でも気軽にできる副業です。

ただし、不動産には価格があり、年数やその時の状況により価格が変わります

不動産購入後は、ローンの返済なども発生するため、お金の運用に気を付けましょう。

詳しくは不動産投資の副業記事で解説しています。

\不動産で不労収入を!/

無料セミナーに
今すぐ登録する!

弁護士が副業選びに迷ったら

副業ガイド

5つのおすすめ副業をご紹介しましたが、なかなか自分に合う副業を見つけられないかもしれません。

副業は単純な作業が多く飽きてしまい、長続きさせるのが難しいとされています

そこで、なかなか自分に合う副業が見つからない場合、副業ガイドを始めてみましょう。

副業ガイドとは、副業に関する専門家が在中しており、自分の性格やスキルに合った仕事を紹介してくれます

まずは、相談からも始められるため、副業を始めた人は相談から行うことがおすすめです。

副業ガイドを通して、自分にとって最適な副業を始めてみましょう。

\副業選びに迷ったら!/

副業ガイドに
無料で登録する!

【まとめ】弁護士は副業をすることができる?

弁護士は華やかなイメージもあり、人気の職業とされています。

しかし、実体は弁護士の人数が急増し、弁護士が扱える事件も減少していることかた、稼げない仕事となってしまいました。

弁護士はもはや本業だけでは稼げない仕事となってしまい、副業を行いながら生活をしている弁護士も少なくありません

そこで忙しい弁護士におすすめの副業がセレクトです。

セレクトは一日最短30分から作業をすることが出来ます。

また時間と場所を選ばずにスマホだけで作業をすることが出来ます。

日々の隙間時間で作業をすることが出来る、効率の良いアプリなので興味を持った方は詳しい情報を確認してみましょう。

\知識がなくても稼げる!/

セレクトに
今すぐ登録する!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*